ひな祭りの小ネタを知って皆にドヤ顔しよう♪

イベント
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

子供って本当に無邪気ですよね…。

 

なんの悪気もなく

200%の期待を込めて、

私達が知らない事を

「ママなら知ってるよね?
ママが知らない事なんて
この世界にないよね?」

みたいな顔で

聞いてきますから…(-_-;)

 

今日のお話は、ズバリ…

「ひなまつい(り)って、なに?」

3歳になる娘の

この一言について。

 

そもそも私にとってのひな祭り

と言えば…

 

毎年ひな人形を飾り
「キレイだねぇ」
なんて言いながら、
家族みんなで美味しいものを
食べたりして、
「今年こそは早く片付けないと
一生結婚出来なくなるよ~」
なんて言われつつも
ついつい飾りっぱなしなまま、
3月中旬辺りにしぶしぶ片付ける…

 

なんていう

緩みっぱなしな恒例行事…。

 

今になって

「なに?」

なんて聞かれても、

納得出来る説明なんて

出来る訳がありません(>_<)!!

 

当然の事ながら、

基礎知識の欠片さえ

持ち合わせていないので

ユーモアで固めた面白おかしい

ごまかしも出来ない…。

 

いやぁ、あの時は

ほんとに困りました…^^;

 

という訳で今日は、

悲しくも恥ずかしい

私の経験を教訓に、

 

知っていると

ちょっと鼻が高くなりそうな

ひな祭りの色々な小ネタ

まとめておこうと思います!

 

スポンサーリンク

▼まずは真面目に…その起源を知っておこう

 

ひな祭りは、

『桃の節句』とも呼ばれる

伝統行事です。

 

節句とは…

季節の変わり目に
行われる行事の事。
昔は季節の変わり目には
邪気や汚れが生まれやすく、
入り込まれやすい
と言われていた為、
節目ごとに厄払いの儀式や行事を
執り行っていました。
3月の最初の巳の日が
それに当たる事から、
桃の節句は
『上巳(じょうし)の節句』
とも言われています。

 

日本におけるひな祭りの起源は、

平安時代中期頃

言われています。

 

もとは無病息災を願うお祓いを

行う事を目的とした行事だった

んですよ。

 

◆お祓いでは、有名な○○が大活躍してた!!

 

上巳の節句で行われていた

お祓いは、

現代の私達が

イメージするようなそれとは

少し違ったようで、

神様に祈りを捧げ
お供え物をし、

人形(ひとがた)に厄を移し
海や川に流す

という神秘的な方法だった

そうです。

 

このお祓いを行っていたのは…

なんと!

安倍晴明でも有名な

陰陽師!!

 

彼らは、こんなところでも

活躍していたんですね。

 

◆『ひな祭り』の語源はコレ!!

 

陰陽師が名をあげ、

お祓いや祈祷が

盛んに行われていた頃…

 

裕福な少女の間では

『ひいな遊び』と呼ばれる、

今で言う

おままごとや

お人形遊びに似たものが

流行っていました。

 

この2つの、

一見交わる事の

なさそうな物が__。

 

長い時と移り変わる時代や

思想の中でうまく混ざり合い、

『ひな祭り』という

華やかできらびやかな祭りを

作り上げてきたんです。

 

小ネタ

上巳の節句という名のお祓いが
本格的に“お祭り”という形を
成し始めたのは、
京都や大奥でひな祭りが盛大に
執り行われるようになった
江戸時代だと言われています。

この頃のひな人形は
競う様に豪華になっていったそうで、
それと同時に“水に流す物”から
“美しく飾り立てる物”へと
扱いも変化していったそうです。

美しさを競い合うひな祭りが
あの大奥で開かれていたなんて…
さぞ盛り上がったんでしょうねぇ…。
色んな意味で^^;

 

スポンサーリンク

▼ちょっとくだけた感じに♪ひな祭りの小ネタをご紹介!!

 

さて、ここからは

私が個人的に話のネタとして

面白いなと思ったものを

まとめていきます。

 

小さな子供でも

「へぇ~、そうなんだぁ」

となるような、

フランクなニュアンスの話題なので

家族で過ごす時間にでも、

ワイワイ語り合ってみて下さい(^^)

 

◆人形の役割を現代的に分かりやすくしてみたよ!!

 

ひな人形って

誰がどんな存在なのか、

意外と分かりませんよね。

 

毎年飾っていても

(この人、何のためにいるんだっけ?)

と思う人もチラホラ…。

 

そんな訳で、

ここで私の主観を若干織り交ぜつつ、

みんな納得!?してくれそうな

ひな人形の役割分担一覧を、

現代的なニュアンスで

欧米風に作ってみました!!

 

☆お内裏様・お雛様
(みんなのあこがれの的)
王様とお妃様

解説:
意外な事実ですが、
飾る事を目的として作られている
現代のひな人形は、
“天皇皇后の結婚式”
を模したものなんです。

その装束やお顔立ちから
どことなく優雅なおもむきを
感じられるのは、
こんな背景があったから
なんですね(^^)

以上の事を踏まえると、
2人は一国の王とそのお妃様…
という位置付けに持ってくる事が
できます。

 

☆三人官女
(才能豊かなハイスペック女子)
2人のお世話係

解説:
もとは結婚前から
お妃さまの身の周りの世話をしていた
花嫁修業担当のメイドさんです。
既婚者のおつぼね…じゃない!!

リーダーを筆頭にした
才能に溢れた
選ばれし3人のレディ達です。

両手が物で塞がっている事からも、
きびきびと忙しく立ち働ける
“デキる女”の雰囲気が
ひしひしと感じられますよね♪

 

☆五人囃子
(能が得意な若きエンターテイナー)
盛り上げ役

解説:
元服(成人)前の少年たちで結成された、
能を披露する
エンターテイメントグループです。
声に合わせて笛や鼓(つづみ)
太鼓などを奏でて、
場を盛り上げてくれます。

彼らには、
“この日の為に
必死に稽古をしてきた”
という涙ぐましい裏話も
あるんですよ(/_;)

 

☆右大臣・左大臣
(若きセンスと熟練の技が光る名コンビ)
若手とベテランのボディーガード

解説:
ひな人形における
左大臣・右大臣は、
実のところ
『随身(ずいじん)』
と呼ばれる別の位の人であり、
大臣という立場の人間では
ありません。

彼らの正体は、
2人組のボディガード。

エネルギッシュな青年(右大臣)と
経験豊富なベテラン(左大臣)が、
いつどんな時でも命を懸けて
王様とお妃様を
守っているんです!

 

☆その他の皆さん
…有志のお手伝いさん

(割愛します、ごめんなさい(笑))

 

◆早く片付けないとお嫁に行けないなんてウソ!!

 

よく耳にするこの話…

完全に迷信です。

 

この噂話には、

いくつかの根拠

…と言えなくもない

エピソードがあります。

 

早く片付けるべきと言われていた根拠
① 本来はその人形に
厄を移していた事から、
長い期間飾っておく
べきではないとされていた。
② ひな人形が男女の対であり、
結婚・良縁などをイメージさせる事から
〈早く片付ける=早く嫁入り出来る〉
という構図が出来上がってしまった。
③ 片付ける習慣を教える為
または節句に対する姿勢を正す
などの理由から、
ある種のしつけとして
早々の片付けを行っていた。

 

でも…よくよく考えてみたら

これって全部…

はっきり言って

気持ちの問題だと

思いません?

 

もう今の時代、

こんなエピソードに

うろたえる必要は

ないんです。

 

現代のひな人形には

厄を移したりはしませんし、

 

もとからひな人形には、

世の中の女性の縁を

どうこう出来るチカラなんて

備わってはいません。

 

3月3日を過ぎて

ひな人形を飾ったままだとしても、

罪悪感も不安も、何一つ!

感じる必要はないんです!!
(若干自分を正当化しようと
しています^^;)

 

そもそも、

現代のひな人形は見て楽しむ物。

 

慌ただしく飾って

カレンダーを気にして

サッサと押入れに…

なんていうのは、

逆に可哀想というものです。

 

美しく飾ったら満足するまで

しっかり愛でで、

ゆったりとした気持ちで

また来年…と、

短い別れを告げて

あげましょう。

 

ちなみに、

ひな祭りとされる旧暦の3月3日は、

今の暦で言うと4月上旬頃の事

になります。

 

…という事は、

少なくともその位の時期までは

ゆっくり楽しんでいても

おかしくは無い

という事です♪

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

意外と面白い、

ひな祭りのアレコレ。

 

堅苦しいイメージの

日本の伝統行事も、

ほんの少し角度を変えてみれば

ちょっと笑ってしまうような小ネタが

出てきたりします。

 

起源が厄を取り払う行事

であったひな祭りは、

時代背景や女性ならではの視点や工夫、

歴史の移り変わりによって

 

ひな人形の美しさを競ったり
絢爛豪華なおもむきを楽しむ祭り

 

へと大きく姿を変えてきた事が

分かりました。

 

さて、

100年後のひな祭りは

誰がどんな風に…

一体どんな事を

しているのでしょうか?

 

未来の節句に思いを馳せるのも

楽しいですね♪

コメント