実際どう?トイトレ用紙おむつ『トレパンマン』を徹底完全レビュー!!

トイトレ
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

もうすぐ3歳になる私の娘は、

ゆるやかにトイトレを続行中です。

 

数ヶ月前は少し早めのスピードで

トイトレを進めていたんですが、

少し前におむつかぶれを起こしてしまい

おしりがひどく荒れてしまったんです。

 

(急いで痛い思いさせるのも可哀想だな…)

そう思い、

私はのんびりとトイトレを

進める事にしました。

 

その経過はどんな感じかというと…

 

マイペースな娘の性格が影響してか、

特にトイレに嫌悪感を抱くでもなく

かと言って、

率先してトイレに行く訳でもない…

 

布製のトレーニングパンツは

あまり好きじゃないようで、

紙おむつを履きたがりますが、

 

突然なんの前触れもなく

「おしっこ(うんち)出るー!」

と言ってトイレへ行き、

見事に成功させたりもする__…

 

そんな、

なんとも言えないラインを

行ったり来たりしている状態です。

 

今回はそんな娘が使った

『トレパンマン』という、

トイトレ用の紙おむつについて

レビューを上げておこうと思います。

 

トレパンマンは、

“トイレトレーニング専用パンツ”

と銘打たれて、

〈ユニ・チャーム〉から

販売されている紙おむつ。

 

トレーニング専用というだけあって、

その仕様には

特徴がいくつかあります。

 

今日はその特徴を説明しつつ、

 

「使ってみた感じどう?」
「トイトレは進みそう?」
「デメリットはある?」

 

そんな、

使わないと分からない疑問も、

バッチリ解決していきます!

 

注意:
本記事は『トレパンマン・女の子用』
に関するレビューです。
製品の特徴、及び使用に際した注意点等に
男の子用との差異が生じる可能性があります。

 

スポンサーリンク

▼トレパンマンはとにかく可愛い!&かっこいい!!


トレパンマンには、

男の子・女の子それぞれ

魅力的なカラーリングが

されています。

 

男の子はクールなブルー

女の子はキュートなピンク

紙おむつです。

 

どちらにも子供達が大好きな

ディズニーキャラクターが

大々的にプリントされているので、

 

キャラクター好きのお子さんの

やる気アップに繋がる事は

まず間違いありません!

 

でも

ひとつ気になる事がある

んです…。

 

何度か色々なドラッグストアで

購入していくうちに

気付いたんですが、

 

どうやら現在、

メーカーが商品の仕様を

変更している段階ようで、

同じサイズのトレパンマンでも、

おむつのデザインが2パターンある

んです。

 

パターン1『ミッキー・チップ&デール込みの多彩なデザイン』

 

女の子にも人気の高い

ミッキーとチップ・デールも

デザインに加わっており、

 

パンダやゾウなどの

動物デザインも含まれた

選ぶのも楽しいおむつです。

 

見た目がとにかくにぎやか♪

おむつ全体に

沢山のキャラクターの顔が

プリントされているので

見ていて気分が上がります!!

パターン2『モチーフとミニー・デイジーのふんわり可愛いデザイン』

 

キャラクターは

ミニーとデイジーに限定され、

他は花やリボンなど

女の子が大好きなモチーフが

散りばめられています。

 

パターン1に比べて

かなり大人しい雰囲気のデザイン

です。

 

キャラクターのイラストが

派手すぎず、

全体的にふんわりとした可愛さで

まとめられていました。

 

我が家は女の子なので、

上記のように

女の子デザインの詳細しか

お伝えできないのが

申し訳ないんですが、

 

恐らく男の子用のおむつに関しても

同様か…もしくはそれに近い

ニュアンスの違いが生まれている

思いますので、

 

購入の際は

パッケージの裏に記載されている

おむつのデザインをよく確認する事を

おすすめします。

 

この2つのパターンは、

同じおむつとは思えない位

雰囲気に違いがあります。

 

それぞれ取り扱っている店舗が分かったら、

お子さんの好みによって

選ばせてあげてもいいと思います。

 

自分で選んだおむつの方が

お子さんのモチベーションも

上がるかも知れないので(^^)

 

スポンサーリンク

▼“10倍ぬれた感じ”でおしっこを知らせてくれる!!

 

10倍ぬれた感じ…とは、

 

子供の肌で“おしっこが出た”と実感できる…

というような意味になります。

 

大袈裟に例えるなら…

“絞ったタオルに触れる感じ”

と、

“絞っていないタオルに触れる感じ”

みたいな感じでしょうか。

 

娘が使っている物に触れた時の

私の印象は…

 

(うわ、ぬれてる…
これは気持ち悪いと感じるかも…。)

 

と、はっきり認識できる位。

確かな“ぬれ感”でした。

 

着けている本人も

さすがに不快なようで、

おしっこが出た事を

知らせてこない時でも、

 

太股をすり合わせていたり

おむつをいじったりして、

不快感を身体で表現してくれました。

 

そういう意味では、

親の方も

「パンツ変えようか」

と声をかけるきっかけを

掴みやすいので、

 

トレパンマンは、

トイトレスタート時に使いやすい

紙おむつだと思います。

 

◆間に合わなくても大丈夫♪2回分のおしっこを吸収!!

 

トイトレ用とはいえ、

トレパンマンも

れっきとした紙おむつ。

 

きちんとおしっこを

せき止めてもくれます。

 

パッケージには

『2回分のおしっこを吸収』

とありますので、

 

今は取り替えられない…

という場面でも、

出てしまったおしっこを

バッチリガードしてくれますよ!!

 

ただ、

おむつ自体は少し薄めなので

油断していると漏れてしまう事も…。

 

うちの娘は

よく溢れさせています(笑)

 

まだ外のトイレに慣れていない場合は

外出する前に普通のパンツに替えるか、

頻繁におむつを交換するよう

気をつけておく方がいいと思います。

 

スポンサーリンク

▼使ったからこそわかる…トレパンマンのデメリット

 

では、最後に

ヘビロテして初めて分かる

トレパンマンのデメリットを

いくつかご紹介しておきます。

 

◆コスパが…

 

継続していく事を考えると

コスパの問題はかなり切実。

 

トレパンマンは、

●おしっこの吸収量が少なめ
●おしっこが出ると
ぬれた不快感を感じる事になる

などの特徴がある事から

頻繁に取り換えが必要な

紙おむつである

と言えます。

 

2~3時間に一度
(おしっこの頻度に合わせて)

替える事を想定して考えると、

おむつの消費は

多くなるのが必然…。

 

トレパンマンはLサイズの場合、

36枚入って

価格はだいたい1500円程度

なので、

 

昼間だけ使ったとして

一日5~7枚の消費…

 

という事は、

1週間弱で1パック

使ってしまう__、

という事になります。

 

これじゃあ、

はっきり言って…

 

コストパフォーマンスは

よくないですよね。

 

対応策は?

その日の行動によって

普通の紙おむつと併用していくのが

おすすめです。

 

我が家では、

家にいる時間が長い
(トイレに行きやすい)

時にだけトレパンマンを履かせて

使い分けをしています。

 

吸収力のあるおむつを
履いている時でも
大人は安心せず、
トイトレ中である事を
忘れないようにしましょう。習慣づける為にも
トイレに誘う事は
止めないで下さいね♪

 

◆慣れと可愛さは強敵…

 

これは完全に我が家の個人的な

デメリットなんですが、

娘のマイペースさが影響したのか

 

トレパンマンの“ぬれた感じ”

に慣れてしまい、

最近ではぬれても

教えてくれなくなってしまった

んです。

 

こうなってしまうと、

“ぬれた感じでおしっこを知る、知らせる”

というトレパンマンだからこその意味が

一切無くなります。

 

(なんとかトイレに行かせたい…いや、
せめてパンツを取り換えたい…)

そう思い、

「おしっこ出たからパンツ変えようか」

とこちらから声を掛けた事も

あったんですが…。

 

今度はデザインの可愛さが災いし、

「ミニーちゃんまだ履いてるの!!」

とおむつ替えやトイレを断られる__、

というまさかの展開に!!

 

デザインの良さは

我が家にとってはある意味

一番厄介なデメリット

かも知れません^^;

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

トイトレ専用パンツとして

販売されているトレパンマンは、

他の紙おむつとは違い

ぬれた感覚がはっきりと認識出来る

という大きな特徴を

持っています。

 

この“ぬれた感じ”は、

トイトレを順調に進める為には

大いに役に立つ感覚。

 

子供達はおしっこをした時の

“ぬれた感じ”を

繰り返し味わう事で、

『トイレでおしっこすれば、
気持ち悪い思いをしなくてすむ』

と考えるようになり、

トイレに行く事の必要性を

実感するようになるからです。

 

ですが、

トレパンマンの利点は

それだけではありません。

 

もうひとつの利点は、

紙おむつ特有の“吸収力”

 

使った限りでは、

トレパンマンの吸収力は、

間違いなく

トイトレ用の布パンツ以上のもの

です。

 

急なおしっこでも、

安定して漏らさず

吸収してくれる安心感は

ママにとっても

大きなメリットですよね。

 

ただ、

頻繁に取り替える事
値段が高い事

などが影響して、

 

コストパフォーマンスは良くない

と言えます。

 

トレパンマンを継続して使う場合は、

消費を抑える為の工夫も必要です。

 

☆使うシーンを限定する
☆コスパのいい紙おむつと併用する

 

などを意識して

使っていくようにしましょう。

 

出来るだけ早く、

本人にも周囲の人にも負担なく

進めていきたいのが本音の

トイレトレーニングですが、

 

実際はお子さんの性格や発達、

環境などにより進み具合に

差が出てしまいます。

 

トイトレを開始した子供に

寄り添う大人は、

他の子の進み具合や

周囲の声を気にしすぎず、

 

今回ご紹介した

トレパンマンなどの

トイトレアイテムをうまく使って、

お子さんに見合ったテンポで

トイトレを進めてあげて下さい。

 

一生おむつを履いたまま…

という人はいないです、

大丈夫!!

 

怒らず焦らずゆっくりと…

楽しむようにトイトレ期間を

乗り切りましょう♪

コメント