妊娠中の今から備えて欲しい!早生まれベビーについての体験談

お金
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

今日は、

私も娘もそうである

“早生まれ”

についての実態を

暴いていきます。

 

巷では、

早生まれは損!!

だなんて言われていますが、

ほんとの所はどうなのか…

これから出産するママは

気になっちゃいますよね。

 

私は、

妊娠期から

離婚の可能性があったので、

娘が早生まれだと分かった時点から、

色々な事を調べていました。

 

今回は僭越ながら

そんな私の浅知恵を、

これから早生まれベビーを出産する…

というあなたに、

おすそ分けしたいと思います!(^^)!

 

もちろん、

今早生まれベビーを子育て中!!

というあなたにも役立つ記事に

なっていると思うので、

ぜひ立ち寄って行って下さい♪

 

スポンサーリンク

▼まずは早生まれの概念を知っておこう!!

 

世間が誕生日を

“早生まれだ”

と分類するのには、

特定の期間があります。

 

その期間が…

1月1日から4月1日

です。

 

この間に生まれた子供達が

“早生まれ”という事になります。

 

早生まれの子と

そうでない子との

決定的な違いと言えば…

同じ年齢でも学年が違う

という事。

 

学年を主体にして言うと、

その学年(クラス)の中では
誕生日が遅く来る方だ

という事です。

 

スポンサーリンク

▼発達・成長を比較しないようにして!!

 

早生まれの宿命ともいえる

成長の差。

 

これは、

ほとんどのママが感じてしまう

避けて通れない…

誰でも感じてしまう…

と言ってもいい悩みです。

 

特に小学校低学年辺りまでは、

成長の差が大きく

“皆が出来る事が
自分(この子)には出来ない”

が多いのが現実…。

 

成長期の子供の数カ月には、

心身ともに大きな進化が

ありますからね。

 

特に成長が著しい乳幼児期は

その差を痛感させられます。

 

心の準備をしないで

健診に行ったり

公園に行ったりすると、

 

(あの子はお座りが出来ているのに…)

 

(もうそんなにおしゃべりできるの?)

 

そんな風に他の子と比較してばかりに

なってしまいます。

 

そんな事がないように!!

 

妊娠中の今から

【子供の成長には
差があって当たり前】

という意識を深く心に刻んで

おきましょう。

 

とにかく、

根拠のない不安に振り回されて
悩んだりしないように

心を整理しておく事です。

 

◆根拠のある気がかりは専門家に相談するのが吉

 

乳児期は各自治体で

定期的に赤ちゃん健診を

行っていて、

 

そこには保健師さんという

赤ちゃんの健康相談に

のってくれる方も

いらっしゃいます。

 

栄養に関する悩みを聞いてくれたり、

発達の度合いなどを

知識と経験を踏まえた目で

きちんと見てくれます。

 

また、

小児科に限らず、

耳鼻科、眼科、

整形外科などへ行けば

専門医に相談する事も

出来ますし、

 

不調の原因や

発達の度合いに関して、

より正確な判断を

下してくれます。

 

まだ喋れない我が子に対して

ママが抱く悩みは底なし沼

のようなもの。

 

相手と会話が成り立たない分

気になる事も解消できず、

気付けばどんどん気持ちが

悪い方へ向いてしまっていた…

という事もよくある事。

 

発達に不安がある場合は

悩んだり周囲と比較する前に、

専門家に相談するように

しましょう。

 

スポンサーリンク

▼入所・入園のタイミングをきちんと把握しておく事!!

 

早生まれの子供に

ありがちな事の中には、

【人生の節目、勘違い事件】

というものもあります。

 

これは、

同じ年でも学年が違う友達が多い
という早生まれベビーの環境が
きっかけになり、

自分の子がするべきイベントの時期を
勘違いしてしまう

というものです。

 

特に注意すべきは、

 

幼稚園、保育園の入学

 

幼稚園、保育園は年度の区切りを

4月2日にしているので、

早生まれの子供達は、
同じ年の子よりも早く入学する

事になります。

 

他のママと一緒に

のんきに構えていると、

《え?もう入学なの!?》

とある日突然驚く羽目にも

なりかねません。

 

◆保育園に通わせる予定のママは出産前に必ず情報収集を!

 

最近は乳児期から

保育園に通わせる事も

珍しくありませんよね。

 

我が娘も1歳になってすぐに

保育園に通い始めました。

 

「なるべく早く職場復帰したいな…」

そんな働き者のママも

多いはずです。

 

そんなアナタ…

保育園の入所に関しては、

 

必ず…絶対に。

 

出産前に情報を集めて

おきましょう。

 

市のホームページを

熟読するのもいいのですが、

体調が許すなら

市役所に直接相談に行って

下さい。

 

職員やケースワーカーさんと

相対して、

○行けそうな保育園の…
“待機児童の数”
“月齢を含む入所条件”
“育児休暇後の段取り”

などをきちんと確認して

おきましょう。

 

なんで確認するの?

一般的に、市町村が
4月分の入所申込書の受け付けを
始めるのは、
11月・12月頃です。

その時点で、
色々と審査に必要な書類を提出したり、
赤ちゃんの様子を伝えたり
するんですが…

11月12月には早生まれべビー、
まだ生まれてません。

つまり__…
4月入所には間に合わない
んです。

 

この場合、

入所条件に見合うタイミングで

年度の途中に

入所の申し込みをするか、

 

子供が1歳になるまで待ってから

その年の4月に入所する

申し込みをする

…の2択になります。

 

とはいえ、

年度途中の入所は、

空きが出来て

待機児童がいない場合

限られる、

ある種の奇跡のようなもの

ですし、

 

1歳での入所はどの保育園も

申し込みが殺到していて

倍率がものすごいので、

入所できる可能性は

高くない…。

 

今の時点で、

産休→育休ルートを辿っている

ママにとって、

これは深刻問題。

 

早いうちから情報を集めて、

職場復帰のタイミングを

見極める必要が

あります。

 

◆自治体や国の手当てなどの期間にも注意!!

 

子供が生まれると、

住んでいる市町村に

出生届というものを出す事に

なります。

 

それと同時進行で、

児童手当や医療証の交付申請など、

日々の生活に安心をもたらす

各種の手当に関する手続きを

していく事にもなります。

 

残念ながら、この

《子育て世帯への各支給・手当》

などの分野では、

今の所、完全に早生まれが仇

となります。

 

なぜならば、

現在多くの市町村では、

各手当の支給期間を

誕生月や誕生日で締めている

から。

 

具体的に言うと、

児童手当が
『○○歳になった最初の4月1日まで』
という支給対象期間であった場合、

3月31日に生まれた子と
4月2日に生まれた子では、
支給期間に1年間もの差が出来てしまう。

という事になるという訳です。

 

これは本当に痛い話…。

 

でも……!

これを事前に知っておく事が出来た

そこのあなたっ!!

 

あなたはまだいい方です。

 

むしろラッキーだったと思って下さい。
(無理矢理すぎてごめんなさい…(-_-;))

 

でもでもだって、今からなら

ゆっくりと時間をかけて

対策を考えられるでしょ?

 

貯蓄や保険…ボーナスの使い方や

副業探し…色々な事が

プラン立てしやすくなる訳ですから。

 

苦しい言い訳にはなりましたが、

国や市町村の姿勢がそうである以上、

私達はそれを考慮した生活を

する他ないのが悲しい実情です。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

なんだか湿っぽくなって

しまいましたが、

早生まれベビーには

不幸な事ばかり…

という訳ではありません。

 

早生まれの子供は、
より早くより多くの事を
知る事が出来る__。

そう考えると

前向きな気持ちに

なりませんか?

 

また、

将来年を重ねるにつれ

『早生まれである事=若いという事』

がいい方に働く場面も

増えていきます。

 

決して悪い事ではありませんし、

ましてや、

あなたが申し訳なさを感じる事でも

ありません。

 

今後、

少なくともお子さんには

早生まれである事を
ネガティブな言葉で伝えないように

しましょう。

 

他の人と出来る事に

差が生まれてしまったとしても、

 

物心ついて以降は、

本人が努力したり

周囲がフォローする事で、

成長の差が縮まる事もあります。

 

また、

出来ない事が出来るようになる__

あるいは、

そうなる様に頑張る__事で、

努力する事の大切さを教えられる

いいきっかけになる場合もあります。

 

ぜひ前向きに成長させて

あげて下さい。

 

少子化の一途をたどる日本では、

今後は子育て支援に対する財源が増える

と言われています。

 

もしかしたら何か…

そう遠くない未来に…

 

子育て世帯の生活が

豊かになる施策が、

実現に漕ぎつけるかも

知れません。

 

まぁ、

その可能性に関しては

なんとも言えませんが…

 

早生まれベビーを

出産するとしても!!

卑屈には

ならないで!!!!

 

その未来は、

他の子と同じく

 

輝かしく無限の可能性を

秘めていて、

大きな喜びと感謝に

溢れている

んですから(^^)

コメント