年齢じゃない!?イヤイヤ期の目安に必要なのは○○の発達だった!!

イヤイヤ期
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

現在私の娘は2歳と10カ月。

 

絶賛猛烈、超ド級の

イヤイヤ期を爆進中です!

 

自分の気が乗らない事には、

猛烈に反発し暴れ狂います。

 

最近はそれを見る私も

苛立ち過ぎて発狂しそうになる

位です(-_-;)

 

子育てにおいて

絶対と言っていいほど

避けて通る事が出来ないこの

イヤイヤ期というものは、

 

子供の成長には欠かす事の出来ない

重要な期間です。

 

その始まりの目安は、

だいたい1歳半を過ぎた辺りだと

と言われています。

 

でも実は、これ…

あんまりアテになりません。

 

『イヤイヤ期が始まる』

本当の目安を知る為には、

年齢以外の…

もっと別のポイントにも

目を向ける必要があるからです。

 

今日はその

意外と知られていない

イヤイヤ期の始まりを見極める

隠れたポイントを、

マルッと教えちゃいます!!

 

スポンサーリンク

▼イヤイヤ期の本当の目安は“年齢”だけじゃない

 

ネットや雑誌の情報でも、

 

イヤイヤ期は1歳半から2歳頃に始まり、
3歳頃に終わるもの

 

などと言われていますが、

これは先ほども言った通り、

 

あまりアテになりません。

 

全ての赤ちゃんに

当てはまるとは限らないんです。

 

もちろん、

この目安自体が間違っている

と言いたい訳ではありません。

 

現に、

その位の時期に
自己主張が強くなるのは
確かな事だ

という事は、

私の実体験からも

言える事ですので。

 

でも…

 

現実的に考えると、

年齢だけが

目安になる訳ではない

のも事実なんです。

 

自己主張が強くなるには

言葉の種類や量が不可欠

ですし、

自分の主張を通そうとするには

力の発達も必要

です。

 

つまり、

(これイヤイヤ期かなぁ…?)

と感じる事が出来るポイントは、

年齢(数字)以外の
言語・身体的成長にもある

という事です。

 

イヤイヤ期に悩むあなたのお子さんは、

今…どんな感じなのでしょうか。

 

「今はまだ、言葉が少なめかな…」

 

というようなら…

覚悟しといて下さい。

 

今の“イヤイヤ”は、

まだほんの始まりに過ぎません__。

 

本当のイヤイヤは

これから始まりますよ…。

 

スポンサーリンク

▼ ①言葉の発達~言葉が増えてからが本番!!

 

私の娘は言葉が遅かったので、

本格的なイヤイヤが始まったのも

2歳半頃とかなり遅めでした。

 

何かを待っていたかのように

突然、溢れるように

言葉を話し始めた娘は…

 

時には氷のように冷たく、

「やだ。しない。」
と切り捨ててみたり、

 

時には炎のように勢いよく、

「だめぇ!!
やんないのーーーーっ!!」
と絶叫してみたり、

 

本当に手がつけられなく

なりました…。

 

それまでの可愛い

「いやぁぁ!」
「やらぁー!」
「んめっ!!」

がウソのように、

冷たく・熱く…とても強く

自分の主張をぶつけて来るように

なったんです。

 

私は、

イヤイヤ期が始まった

と意識できる正しいタイミングは、

 

適した場面で、
子供の口から
“イヤ”
という単語が発せられた時

 

なのではないか

と解釈しています。

 

自分に向けられる意思に対して、

“イヤ”

と言う言葉を発するようになる

という事は、

 

自分の主張と相手の要望が
食い違っている…という事を
認識出来るようになった

 

という事を意味しています。

 

この頃から、

子供の中でも“言葉”というものが、

『遊び道具のようなもの』

から、

『自分の主張を通す為の道具』

へと変化する訳です。

 

これこそが、

本格的なイヤイヤの始まり。

 

自分がやる・食べる・遊ぶ…

そう決めた事以外には、

“イヤ”

と返してくる事が

ほとんどになるでしょう。

 

このイヤが特に激しい時期が、

【言葉は増えてきたけど、
まだ的確に伝える事が出来ない】

という頃。

 

まだ完全な意思疎通が出来ない

この時期の子供は、

本当にメーターが振り切れる様な勢いで、

激しく泣いたり暴れたりします。

 

子供の中でも

うまく伝えられない__、

分かってもらえない__、

そんなイライラが最高潮になる

時期といえます。

 

スポンサーリンク

▼②体力・力の発達~イヤイヤがパワータイプへ進化!!

 

【言葉が増えてきたけど、
的確に伝える事が出来ない】

という時期には、

段々と体力と力も

備わってきます。

 

出掛けても

長い時間歩く事が出来る

ようになったり、

 

追いかけっこや遊具などに

夢中になる事が多く、

 

自然と身体の様々な部分の筋肉が

鍛えられていきます。

 

(あれ…なんか最近

スタミナ付いてきたな…。)

 

その変化、

絶対見落とさないように

して下さい!

 

その変化は、

イヤイヤ期をさらなる高みへ

引き上げる重要なサイン

だからです。

 

これに早く気付く事が出来るかどうかで、

心構えがかなり変わってきます。

 

…そう__。

子供に体力が付いてくれば…

 

当然、

《イヤイヤもパワータイプへと進化》

していくんです。

 

今までは抑えつける事が出来ていた

我が子の手足が、

いとも簡単に

ママの手をはじき返してくる

ようになったり、

 

投げつけて来るものから

負うダメージが、

今までの数倍になってきます。

 

この時期…

本当に辛いです。

 

余談ですが、

低体重児で生まれた私の娘も

例に漏れず…。

 

私の知らないうちに、

イヤイヤが爆発した時には

大の大人が4人いないと

固定できないほどのパワーを

解放するようになっていました。

 

(耳鼻科の処置は毎回大仕事です^^;)

 

言葉の発達と共に、

イヤイヤ期が始まったな…

と気付いたら、

 

子供の体力や力にも

目を向けてみましょう。

 

もうワンステップ上をいく

強固なイヤイヤが、

すぐに始まるかも知れません。

スポンサーリンク

▼まとめ

 

イヤイヤ期の始まりは

年齢を目安に考えがちですが、

実はもっと重要なポイントがある

事が分かりました。

 

言葉の発達がイヤイヤ期の始まり

 

遊びの延長線上で発する

「イヤ」ではなく、

自分に対する指示や要望に対して

「イヤ」

と発するようになったら、

周囲の大人もイヤイヤ期を意識して

心の準備を始めましょう。

 

本格的なイヤイヤ期は、

もうすぐそこまで迫っています。

 

段々と新しい言葉が増えて、

言われている事が

何となく分かってくると、

それに対して

反発したい気持ちも

強くなっていきます。

 

でも、まだ2歳、3歳…。

うまく言葉を選ぶ事は出来ません。

 

その為、子供の中で

(この気持ちを伝えたいんだけど、

言葉がうまく出てこないー!!)

といったトラブルも

起こるようになってきます。

 

このタイミングが、

一番のイヤイヤ噴火ポイント。

 

うまく伝えられないイライラ、

うまく出来ないイライラ…

自分の事を察してくれない

大人に対するイライラ__。

 

沢山の感情が子供から溢れて、

処理出来なくなってきます。

 

言葉に出来ないその感情が、

街中で見かける事の多い

『寝そべる』『泣き喚く』

といったアクションに

繋がっていく事になります。

 

体力や力の発達もイヤイヤ期の重要な目安

 

イヤイヤ期の子供が

泣いたり暴れたりする時に発するパワーは、

本当に爆発的です。

 

子供によっては、

その辺の大人と変わらない…

もしくは、

それ以上の力で大人を圧倒

してきます。

 

イヤイヤ期が始まる目安が

見えてきたら、

『パワータイプのイヤイヤ』

が始まる前に、

周囲の大人も体の準備を

しておきましょう。

 

イヤイヤ期は

子供の未来を左右する…

とても重要な成長過程です。

 

心も体も健やかに発達して

貰えるよう…

家族一丸となって

見守り、支えていきましょう!

コメント