鼻血が出た時の応急処置…○○はNGだった!!

子育て
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

子供って、まさに

血気盛ん

…って感じですよね。

 

ちょっと嬉しい事があると

全身で飛んだり跳ねたりして

挙げ句の果てに転んで血を出すし、

 

思わぬ時に勢いよく鼻血を

吹き出したりするし…。

 

もうすぐ三歳になる私の娘も、

常に興奮状態!!

と言わんばかりの健康体です^^;

 

この間なんて、

久しぶりに親戚に会って大興奮…

やっと寝付いたと思った矢先に…

突然咳き込み、鼻から

ブシュッ

と血を吹き出しました。

 

私はこれまで、

小さい頃から鼻血とは無縁…

と言ってもいいほどの

低血圧な生活を

送ってきていたので、

鼻血に対する応急処置に関しては

ほぼ未経験。

 

どうしていいか分からず

うろたえるばかりの私と

溢れて来る血に驚く娘…。

 

娘が泣き出したせいか、

鼻血の量も増えていき

布団には血の跡が広がるばかり…。

 

それは本当に

ひどい有り様でした…。

 

そこで、改めて娘の鼻血と

その応急処置について小児科の先生に

相談してみた所…

 

なんと!!

驚くべき新事実が発覚した

んです!!

 

今回は、

多くの人が勘違いしているであろう

鼻血の際の応急処置法について、

“正しい手順”

をご紹介していきます!

 

あなたもきっと

驚くはずですよ!!

 

スポンサーリンク

▼上を向かせるのは不適切!正しい応急処置法をマスターしよう!!

 

ね?

びっくりしたでしょ?

 

そうなんです。

 

鼻血と言えば、

かなり前から

 

「上を向いてじっとして

…が応急処置」

 

…だったはずなんですが、

 

最近では、

『上を向かずに…』

と指導しているようなんです。

 

~現代版 鼻血の応急処置法~

① イスか床に座り、
顔はやや下を見るような角度にさせる
※お菓子やお気に入りのおもちゃを
足元におくと気をひく事が出来ます!
② 鼻には何も詰めずに
親指と人差し指で小鼻をつまむ
※応急処置をしている側も
自分の鼻をつまんで歌を歌ったりして
適度にリラックスさせる!

③ 押さえたまま5~10分じっとしておく
※少し遠くにスマートフォンやタブレットを置いて
アニメや幼児番組を見せておくと◎!

 

◆どうして上を向かなくなったの?

 

鼻血が出ている時に

上を向かせなくなった要因としては、

様々なものがあると言われています。

 

一例を下にまとめてみます。

 

●鼻の奥で血液が固まってしまう事がある
●血液が喉・口内に広がり不快感がある
●口内に広がった血液が原因で
 吐き気などが起こる場合がある

 

確かに、

上を向いている間は決まって

口の中が気持ち悪くなります。

 

血液の独特な味は、

いつまでたっても慣れるものではない

ですもんね…。

 

それに鼻血の後って、だいたい

固まった血で鼻が詰まってしまう

んですよね。

 

小さな子供は、

その固まった血が気になって

鼻をほじって更に出血…

なんていう事もありますし、

 

よくよく考えてみると

下を向く事の利点は大きい

かも知れませんね。

 

下を向く事の主な利点

○血液が喉ではなく体の外へ流れ出る事で
 口内の不快感が軽減される
○鼻腔内で血液が溜まりにくくなり、
 血液による鼻づまりを予防できる

 

◆ちなみに下を向かせると…

 

鼻血を出している子が下を向くと…

出てくる血をティッシュやタオルで

受け止めなければならなくなります。

 

先に言っておきますが、

鼻をつまんでいたとしても、
時と場合によっては
結構な量の血が出ている
ように見える

場合もあります。

 

鼻血がタオルやティッシュに滲む為、

パッと見、大量出血のように見えがち

だからです。

 

私も最初、引くほど焦りました。

 

鼻先にあてていたハンドタオルが

どんどん赤く染まって行くのを見ていると、

不安と焦りが押し寄せてくるんですが、

 

出血量的に言うと…

実はそれほど多くない場合がほとんど

です。

 

この事を念頭に置いておくと、

いざという時に焦りが半減…位は

するはずです!!

 

スポンサーリンク

▼応急処置者が気を付けるべき事

 

一番大切な事は…

内心焦っていても
とにかく取り繕う事!!

 

出血時に興奮は厳禁です、

鼻血が出ている本人は

あなた以上に焦り取り乱している

はずなので、

まずはあなたが平静を装う事!!

 

その上で、

今はとにかく相手を

落ち着かせてあげる事に

集中しましょう。

 

人間って不思議なもので、

血を見ると

無意識に血圧が上昇してしまう

んです。

 

血圧の上昇“=出血量の増加”

でもあるので、

鼻血が出ている間は血を見せないに

越した事はありません。

 

とにかく可能な限り早く

血を止めたい!!

というこの状況下では、

 

☆子供に血を見せないようにして、
 興奮させないようにする
☆いつも通りを装って、
 焦らせないようにする

 

このふたつが

一番必要とされるテクニックです。

 

具体的には、

リラックス出来るような声掛けを

してあげたり、

背中をさする、抱きしめるなどの

スキンシップをとれると、

よりいいですね!

 

横になると出血が長引く事もあるので、

夜でも寝かせたままでの処置は

おすすめしないです。

 

後ろから抱くように支えてあげたり、

最低でも膝枕程度の高さは

確保できるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

▼子供が鼻血を出しやすいのには理由がある!

 

あなたもお気付きでしょうが、

子供が鼻血を出す事には

単純な理由がある

場合がほとんどです。

 

子供はもともと…

よく鼻をいじり、

のぼせやすい生き物

です。

 

限度も無く、

第二関節位までなら

平気で鼻の穴に突っ込むし、

容赦なく鼻もほじる。

 

調子に乗ってお風呂で遊んでいると

すぐにのぼせるし、

自分のテンションが上がると

笑いながら鼻血を出す事もある。

 

基本、そういう生き物みたいです^^;

 

このような場合に出る鼻血は

一過性である事が多く、

今回の応急処置法を行えば

比較的早く止血出来ます。

 

過度な心配は不要なようですね!

 

◆でもこんな時には要注意!!

 

ココまでは、

子供の鼻血の中でも

【一般的によくあるケース】

に関してまとめてきましたが、

 

子供の鼻血の中には、

ごく稀に深刻な病気が潜んでいる事も

あります。

 

以下の特徴があてはまる場合は、

検査や専門的な判断が

必要になるかも知れません。

 

!!量が多過ぎる!!
→止まる気配が無く
タオルなどが絞れるくらいの量が出る

 

!!止まらない!!
→10分以上出続けている

 

!!一日のうちに何度も出る!!
→鼻をいじったなどの要因が
考えられないにも関わらず、
何度も出血している

 

鼻血についての相談・受診を行う際は、

いきなり大きな病院へ行くのではなく
まずはカルテの存在している
かかりつけの小児科や耳鼻科に

行くのが一番です。

 

気ごころの知れた先生に相談出来て、

普段の診察状況から

検査の必要性の有無などを

判断してもらえるので、

色々とスムーズですよ(^^)

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

「えっ!!!?

なに…どうしたの!?」

 

そんなタイミングで

突然流れ出す子供の鼻血。

 

ママにとっては

心臓バクバクものですよね。

 

おばあちゃんや

おじいちゃんがいると、

「上を向かせておけば収まる!!」

なんて言われてしまうかも

知れませんが、

 

いい機会です!!

 

最新の応急処置法を

伝授してあげましょう!!

 

いいですか、

お義母さん、お義父さん。

 

鼻血は、

やや下を向かせるのがいいんですよ。

 

だって、

上向くと口の中に血が広がって

気持ち悪いでしょ?

 

血が止まった後だって、

よく塊が鼻の奥に残って

気になったりするでしょう?

 

それをいじってしまうと、

また鼻血が出たりする

じゃないですか。

 

そういう事を少なくするために、

出てしまう血は

外に出してしまった方が

いいんですよ。

 

大丈夫です、

心臓よりも高い位置に

鼻を持ってくれば、

血が止まらないなんて事は

そうそうないですから。

 

医学・医療の進歩がめざましいという事は、

 

私達が行う応急処置も
それに則したものに変わる

 

という事でもあります。

 

これから先も、

様々なものが新しく、

より効果的に変化していく事でしょう。

 

このサイトでも、

そういった変化をポジティブに

皆さんに発信していこうと思います♪

 

コメント