トイトレの基本をチャートにして分かりやすく解説します!

トイトレ
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

今日は、

 

「色んな情報が溢れすぎていて、

結局どうすればいいのか

イマイチはっきりしない…」

 

と悩むママが急増中のトイトレの

基本について、

分かりやすく簡潔に

お話ししていきます!

 

チャートを見ながら

トイトレの流れを知る事ができ、

そのステップ毎にまとめた解説から

より詳しい情報を得る事も

出来ちゃうイチオシ記事です!

 

スポンサーリンク

▼トイトレを始めるタイミングが分かるポイントとは

 

では、まず最初に

「もしかしたらこの子…

トイトレが始められるかも…!!」

という事が分かる目安を

いくつか挙げておきます。

 

◆おしっこの頻度とペースが定まりつつある

 

具体的に言うと、

おしっこの間隔が2時間以上空く

ようになっているかどうかが

ひとつの目安です。

※子供によっては、
短い間隔で尿意を感じる場合もあるので、
あくまでも目安と捉えて下さい。
他の目安をクリアしている場合は、
トイトレを始めてもいいでしょう。

 

◆言葉でのコミュニケーションがある程度出来る

 

欲しい物やしたい事などの欲求を、

簡単な単語を使って

伝える事が出来るか

という事です。

 

トイトレ中に無理強いを

しないですむようにする為には、

本人に

「イヤ」

などのネガティブな意思表示も

して貰う事が必要になる為です。

 

◆しっかりと歩ける

 

トイトレは、

標準的な筋力やバランス力を

備えている事が前提になります。

 

補助便座を使用する場合は特に、

落下を防ぐためにも

きちんと座っていられるだけの

身体能力の向上が必要不可欠です。

 

スポンサーリンク

▼本格的なトレーニングは最低でも1歳半を過ぎてから

 

足がしっかりとつき、

遊具に似た感覚で使用できる

おまるを除いた、

それ以外の便座を

使用する場合に関しては、

 

本格的なトイトレは、

1歳半位の時期からのスタートが理想的

 

です。

 

その頃になると、

子供の能力面・精神面共に

不安要素が減って来るので、

保護者の立場から考えても

精神衛生上おすすめです。

 

トイトレは始める時期で

優劣に差が出るものではない

ので、本人の興味に合わせて

焦らずゆっくりを心掛け、

接していきましょう!

 

スポンサーリンク

▼チャートで解説!!トイトレの基本の進め方

 

ここからは、いよいよ

『チャートで見る!

トイトレの進め方の基本』

をご説明していきます!

 

◆「位置について、よーい…」のトイトレ準備段階

☆トイトレ準備①
おしっこやうんち、
トイレについての認識を高める

解説:
自分がおしっこやうんちをする事や、
トイレの存在を意識出来るような時間を
作ってあげましょう。

絵本・幼児雑誌の読み聞かせが効果的ですが、
DVDや教材にもトイレに関するお話や歌が
含まれている場合があるので、
そういった物を探して活用しましょう。

※それらがなければ…
おむつ替えのタイミングに
「いっぱいおしっこ(うんち)
出たねー、えらいねー!!」
という風に声を掛けてあげるだけでも
効果はあります。

 

☆トイトレ準備②
おしっこの間隔を知っておく

解説:
上記の通り、
だいたい2時間位の間隔が開いてくれば
トイトレを始められると思っていいので、
それを頭に入れておきつつ
おむつの中をこまめにチェック
してみましょう。

 

◆「…どんっ!!」のスタート段階

☆ステップ①
トイレという場所に慣れさせる
(おまるを使用する場合はおまるを与える)

解説:
いきなり座らせるのではなく、
まずはトイレに慣れてもらう事から
始めましょう。

最初は、
ママやパパがトイレに行く時に
一緒に連れて行くようにすると
比較的スムーズです。

狭い空間や水の音を
怖がりそうな子に対しては、
ドアを開けておいて
歌を歌ってみたりして
楽しい雰囲気を作り出すのも効果的です。

 

☆ステップ②
便器に座らせてみる

解説:
実際におしっこが出なくても
問題はありません。

座れた事を褒めるなどして
“楽しい”“嬉しい”
という気持ちを
覚えさせる段階です。

出た時には、
「おしっこ(うんち)出たね!!」
と声かけをしながら
一緒に喜ぶ、褒める事も
忘れずに!!

 

☆ステップ③
おむつからパンツへ変えていく

解説:

トイレで座る事ができて
時々おしっこも出来る

という段階まで進めたら、
トレーニングパンツや
パンツに貼り付ける
トイトレ用のパッドなどを使って、
おむつからパンツへの移行
始めましょう。

このステップの前後で、
自分から
「おしっこ(うんち)出るー(出たー)」
などを言えるようになる子もいます。
褒めてあげて喜んであげて…
その成長を評価してあげて下さい!

布製のパンツは、
それまで履いていたおむつとは
全く異なる感覚なので、
嫌がる子も多いです。

本人があまり乗り気でないようなら、
無理強いはせずに
お子さんの思いを尊重して
もう少し様子を見てみましょう。

 

◆「ゴールッ!!」間近の最終段階

 

☆最終ステップ
お出掛けもパンツを履く

解説:
最初は近所のトイレがある場所に、
そこで何回かトイレに成功したら
車や電車で行く場所に…と、
徐々に出掛ける距離を
伸ばしていきましょう。

家族は
○多めの着替え・タオル
○もしもの時の紙おむつとおしりふき
などの準備も忘れずに!

 

スポンサーリンク

▼要注意!!昼間は大丈夫でも夜はおむつをしてあげて!

 

寝ている時のおしっこは

昼間とは違って制御が効かず、

“完全なる無意識下で”

排泄されてしまいます。

 

寝る前に

「朝まで我慢してね」

と言い聞かせていたとしても

出る時は出てしまうもので、

本人はどうする事もできません。

 

夜のおしっこが

我慢できるようになるには、

その子の膀胱の大きさや

ホルモンの分泌量など、

とてもデリケートな事情が

関係してきます。

 

夜のおむつがなかなか外せなくても、

絶対に責めてはいけません。

 

欠かさずおむつを履かせて寝て、

翌朝濡れていない

という日が続いて行くなら

パンツで寝ても大丈夫という風に

考えておきましょう。

 

…とはいえ、

まだまだ未熟な生理機能。

 

その後も、少なくとも

小学校低学年辺りまでは、

いつおねしょをしても大丈夫

という環境を維持しておいて

あげるようにするのが

優しいフォローと言えますね♪

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

トイトレは

『焦らず・怒らず・寄り添って』

の精神が大切です。

 

お子さんと一緒に

ゆっくりとステップを

越えて行きましょう。

 

まずはおしっこやうんち、

トイレへの興味が芽生えるような

環境作りが重要です。

 

それらを題材にした絵本や教材などを

一緒に読んでみましょう。

 

家族がトイレに行く時に

後を付いてきたりする場合は、

中に入れてあげるのも◎です!

 

トイレに好きなキャラクターのポスターや

シールを貼っておくのもGOOD♪

 

トイレを楽しい場所だと

思わせてから、

本格的なトイトレを

始めましょう。

 

家族は気負いしない事が

最も重要です。

 

年齢や周囲との差は、

極力、意識しないように

努めましょう。

 

大切なのは

いかに、あなたのお子さんが楽しく、

充実した気持ちで成長出来るか

…という事です。

 

どうか、温かく…優しい気持ちで

見守ってあげて下さい(^^)

 

コメント