おむつ離れ世界最速!?トイトレがどんどん進む秘訣、教えます!

トイトレ
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

…そこのあなた!!

見えます…あなたの心が…ズバリ…

お子さんのトイトレに

悩んでいますね?

 

トイレトレーニング(通称:トイトレ)

に関しては、

 

始めるタイミングが難しく

子供によって

ステップアップのペースが

全く異なる事もあり、

今も昔も多くのママを

悩ませ続けています。

 

今回は、

先輩ママさんの豆知識や

巷で囁かれている耳より情報を集め、

びっくりするほど早くなるかも!?

な、トイトレを進みやすくする秘訣を

まとめました!!

 

今まさに悩んでいるママも、

これから悩むであろうママも、

ひょっとしたら

役に立つかもしれないので、

みなさんとりあえず

読んでみて下さい!

 

スポンサーリンク

▼抱っこ好き・後追い・甘えん坊な相手ならこうしてみて!!

 

私の娘は、

新生児の頃からハイハイが始まるまで

常に抱っこしていないと泣き喚く

極度の甘えん坊でした。

 

その為、恥ずかしい話ですが…

トイレにも抱っこして

連れて行っていました。
(左手で抱っこ、
右手で用を足す…そんな感じです。)

 

その影響か、娘は

 

トイレ=すごく身近な空間

と理解した

 

ようで、

今に至るまで一度も

トイレ特有の閉鎖的な雰囲気や

流れる水の音を

怖がった事はないんです。

 

私がその話を

とあるママ友にしてみた所…

 

 

「ウチも後追いがひどくて
トイレのドアの前で
ぎゃん泣きされてた時、

 

(もう…どうにでもなれ!)

 

と思って扉を開けて
トイレに入れるようにしたよ。

 

そしたら、
いつの間にか
おしっこする真似し始めて、

気がついたら
補助便座に座るようになって…

 

あっという間に
出来るようになったっけ…」

 

そんな話をしてくれました。

 

どうやら、

自我が確立される前に

トイレの構造や設備を

教えておく事が出来れば、

不要な恐怖心を

芽生えさせずに済む

場合もある

ようなんです。

 

・抱っこが大好き
・後追いが激しい
・いつも一緒にいたがる

 

そんなお子さんを

相手にしているなら…

 

この際、

自分が用を足す時に

一緒にトイレに入れてみちゃうのも

いいかも知れませんよ!

 

スポンサーリンク

▼おしっこやうんちの話はオープンにしてみて!

 

当然ですが、

私達は大人になると

おしっこやうんちの話を

しなくなります。

 

恥ずかしいですからね…。

 

でも、

お子さんのトイトレを

順調に進めたいなら、

それらの話題は積極的に

どんどん出して

いきましょう!

 

おむつを変える時に

 

「おしっこ沢山出たねー」
「元気なうんちが出たよ!」

 

という様に教えてあげると、

『おしっこをする』
『うんちをする』

という自分の行動を早い段階で

認識できるようになります。

 

うんちが出た時には

一緒にトイレに流しに行くのも◎!

 

「うんちくんにバイバイしようねー、
じゃーするよ?はいっ!じゃぁぁー♪」

 

なんて、楽しげに水を流すと

意外と盛り上がる場合もあります。

 

「ママ、おトイレ行って
おしっこしてくるね!」
「おトイレでうんちして来たー」

この程度の報告でもいいので、

恥ずかしがらず軽い気持ちで

楽しく話してみましょう。

 

◆実践してみた!!~我が家の場合~

 

私は、

娘が話せるようになる

ずっと前から

トイレに連れて行っていた

だけでなく、

 

当たり前のように

おしっこ・うんち…

トイレについての話も

していました。

 

それらが自分にとって

身近な存在なんだ

という事を理解してくれた娘は、

2歳半を過ぎた今、

毎回、自分のおしっこに

「ばいば~い!!」

と手を振って、

自分で水を流しています♪

 

スポンサーリンク

▼おしっこが出る・出た時にリアクションを取ってみて!

 

月齢が低くても

紙おむつを履いていれば、

 

おしっこが出ると

じわっと温かくなったり

おむつが重くなったりするので、

本人もちゃんと

違和感に気付いています。

 

抱っこした時に

おむつが温かかったら

 

「今おしっこ出たねー」

 

と声をかけてあげたり、

 

「おしっこいっぱい出たから
おむつがパンパンだね!」

 

などと、今の状況を

説明してあげましょう。

 

赤ちゃんが

『おしっこが出る事・出た事』

を自分の感覚で気付けるかどうかは、

この後のトレーニングにとても役立つ

ので、今からその感覚を

養っておきましょう!

 

◆実践してみた!!~我が家の場合~

 

私の娘は、

何を分かっているのか

おしっこやうんちの話題を出すと

なんだか楽しそうに

ニヤニヤする子だったので、

 

「今おしっこ出たねー」

 

と言うと、

嬉しそうにいたずらっぽく

笑ったりしていました。

 

トイトレ前のステップとしては、

気負わずに楽しく進められたと

思います!

 

スポンサーリンク

▼おまるよりも補助便座の方がスムーズな場合もある!

 

トイトレを始める時には、

トレーニングパンツやパッドなど

買い揃えなければいけない物も

沢山ありますよね。

 

中でも迷うのが…

『おまる』か

『補助便座』かの2択

 

私のまとめた情報によると

その比率は…

 

『補助便座』派の方が若干多い

 

という結果になりました。

 

“持ち運びが可能”

な『おまる』は手軽な半面、

“衛生面に気を使う”
“トイレに慣れさせるのが大変”

というデメリットがあり、

 

対する補助便座の方は

“コンパクトでトイレ自体にも
慣れさせやすい”

点は魅力的ですが、

 

“最初から
トイレを怖がる子相手だと
かなり大変、
トイトレが進まない事もある”

“踏み台などを
別途用意する必要がある”

などのデメリットも

忘れてはいけません。

 

お子さんの性格や

普段の行動に合わせて、

合う方を判断していきましょう。

 

ちなみに現在我が家は、

踏み台を使わず、

私が持ち上げて補助便座に

座らせています!

 

スポンサーリンク

▼年齢よりも本人の気持ちを重視したプランを立てよう!

 

最後に

『トイトレを順調に進める為の

最大の秘訣

をご紹介しておきます。

 

それは…やっぱり

『本人の気持ち』

 

ママやパパが

「もう○歳になるから…」
「○○(友達)ちゃんが始めたから…」

と始めるタイミングを

作るのではなく、

 

お子さんが

【初めてみよう】

という意志を持つのを待つ事が

トイトレがうまくいく

最大の秘訣です。

 

お子さんの気持ちを

前向きな状態で

トイトレに向けさせる為には、

日々の地道なコミュニケーションが

必要になります。

 

お子さんのペースを乱さず、

自然に興味を引かせられるように…
しつこくならないように…

ゆとりを持って接しましょう。

 

大丈夫、

おむつを履いている期間が

永遠に続く訳じゃありません。

 

焦らずゆっくり

進めて行きましょう。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

トイトレの秘訣には

 

☆おしっこやうんち、
トイレについての話題は
楽しく共有しよう
☆おしっこやうんちが
『出た事・出る事』
を教えて、感じてもらおう
☆おまると補助便座は、
本人の性格や生活環境を考慮し
選ぶようにしよう
☆トイトレは、
子供が自分から興味を抱いたり
行動を起こすまで、
ゆとりを持って見守ろう

 

などがあります。

 

トイトレのスタート地点は、

『知る』所にあります。

 

一番最初に、

トイレでおしっこやうんちをする

というゴールまでに繋がる知識を

与えてあげましょう。

 

説明したり話すのが苦手な

ママ・パパには、

絵本や幼児雑誌などが

おすすめです!

 

読み聞かせをしていく中で

自然と知識を

吸収させてあげる事が

出来ますよ!

 

小さな子供とはいえ

見て、理解して、行動に移す…

という事はきちんと出来ます。

 

親の方が構えてしまいがちな

トイトレですが、

急がず焦らず、ゆっくりと…

 

お子さんを信じて

見守ってあげて下さい。

 

意外とあっさり

おむつを卒業出来ちゃうかも

しれませんよ!!

コメント