冬到来!気温に合わせた服の選び方を復習しておこう!!

ファッション
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

最近いきなり肌寒くなって

きましたよね。

 

数年前から冷えやすくなった私は、

朝晩は毛布を重ねてかけないと

寒くて眠れません…。

 

この時期に気になり始めるのが、

冬の防寒対策。

 

特に、

まだ話して伝える事の出来ない

赤ちゃんの服選びには、

本当に悩まされますよね(>_<)

 

今回は、みんなが気になる

冬場の赤ちゃんの衣服の選び方を、

外出が増え始める生後6カ月以降の時期に

スポットを当てて

お話ししていきます!

 

お洋服選びのひとつの目安として

読み進めてみて下さい♪

 

スポンサーリンク

▼「もしかして寒い…!?」その見分け方とは

 

まずはここで、

赤ちゃんの“寒い”を見分ける

簡単なポイントを紹介しておきます!

 

赤ちゃんが寒そうな時に確認するポイントは…
●顔や唇の色が青白くないか
●末端(手足)の血色は悪くなっていないか
●お腹や背中が冷たくなっていないか
●ぐずって泣いていないか

 

赤ちゃんは、

体温が高めだったり

汗をかきやすかったりと、

私達大人とは、

少し異なる部分があります。

 

その為、私達の思う

(これなら寒くないだろう)

が、実は寒かったり

逆に熱過ぎたりしてしまう事が

あるんです。

 

特に、

建物への出入りなどで

急激な気温の変動が起こりやすい

冬の外出時には注意が必要!

 

暖かい場所では

上着を脱がせるなどして、

赤ちゃんが快適に過ごせるように

気を配りましょう。

 

スポンサーリンク

▼肌着をうまく使いこなすのがカギ!

 

赤ちゃんの体温調節に

必要不可欠なのが

『肌着』

の存在です。

 

肌着には重要な役割があります。

 

肌着の役割…
☆汗を素早く吸い取ってくれる
《吸水》
☆体温調節機能を助ける
《通気・保温》

 

肌着を着ていないと、

 

汗をかいても肌に残りやすく

残った汗で身体が冷える、

汗による肌への刺激によって

“あせも”や“かぶれ”が

引き起こされる

 

など様々なリスクを抱える事に

なってしまいます。

 

以上の事から、

『肌着は出来る限り着用する』

ようにしましょう。

 

ちなみに、

肌着に関しては、

保温性に優れた化学繊維よりも

綿などの天然繊維を選ぶ方が

赤ちゃんに優しいですよ。

 

スポンサーリンク

◆化学繊維を避けるべき理由

 

赤ちゃんに対しては、

化学繊維が含まれた肌着を

勧めないその理由は…

 

化学繊維が持つ

肌への刺激

です。

 

敏感な赤ちゃんの肌は、

ほんの少し触れただけでも

痒みや赤みが現れる場合もあります。

 

特に乾燥の激しい冬場は、

肌に不要な刺激を与えないよう

化学繊維は避ける方が賢明です。

 

◆化学繊維の肌着をどうしても着せたい時は?

 

「化学繊維でもなんでもいいから、

少しでも暖かい物を

着せてあげたい!!」

 

そんな風に思ってしまうような

厳しい寒さに襲われた時は、

天然繊維の肌着の上に

化学繊維の衣料品を着用する

のがおすすめです。

 

化学繊維の保温効果を充分に得られ、

肌に触れても負担を少ない天然素材が

汗を素早く吸収してくれて

一石二鳥ですよ!!

 

この場合は、
トップスを薄手のものにしましょう。

 

スポンサーリンク

▼気温別!!用意するべきウェアをリストアップしてみた!

 

という訳で、

ここからは気温別に、

快適に過ごせる衣服の一覧を

ご紹介していきます!

 

◆15度を下回る様になったら冬仕様がおすすめ!

 

用意する衣服…
① 肌着(半袖でも可)
② 長袖のロンTやシャツ
③ ベスト
④ ズボン
外出時は…
○カーディガンや
ウインドブレーカーなどの上着
○靴下

 

15度以下の気温が予想される場合は、

ニットの上着は一番上には着せない

ようにしましょう。

 

ニット素材は

見た目は温かく見えますが、

編み目が風を通しやすいので

着ている本人は

意外と寒い事が多いんです。

 

▼10度以下の日は厚手の服と小物を準備!

 

用意する衣服…
① 肌着(長袖)
② 状況により保温性に優れた肌着やウェア
③ トレーナーやニット
④ 起毛素材などの厚手のズボン
外出時は…
○防寒に優れた
ボアやダウン素材などの上着
○靴下・帽子、耳あてなど

 

外出時には、

しっかりとした厚手の上着を

着せましょう。

 

空気を抱き込める

中綿のジャケットも

おすすめです。

 

ジーンズのような

しっかりとした生地は、

重く動きにくいので控えましょう。

 

小物は靴下だけでなく、

帽子や耳当てなども用意しておくと

便利です。

 

本人が嫌がらなければ、

被らせてあげましょう!

スポンサーリンク

▼まとめ

 

もう

すぐそこまで来ている冬。

 

自分だけでなく、

大切な赤ちゃんにも

元気に過ごして

もらいたいですよね。

 

健やかな肌と、

適切な体温調節機能を維持させる

その為には、

肌着は絶対必要です!

 

化学繊維は避け、

綿などの天然繊維で作られた物を

用意してあげましょう。

 

半袖・長袖それぞれの肌着を

用意しておくと、

気温の変化に対応しやすいですよ。

 

冬場は、屋内外を問わず

気温によって着る物を変えるのが

理想的です。

 

●身体が冷えていないか、
汗をかいていないか

 

は、最低限注意を払いましょう。

 

初めての冬も、

何度目かの冬も…

全ての赤ちゃんが

健やかに過ごす事が出来ると

いいですね!!

コメント