ママバッグはやっぱり必要!?3つのタイプ毎にメリット・デメリットを比較!

ファッション
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちわ!

そして、こんばんわ!!

シノです(^^)

 

子供を連れての外出って

すごく荷物が増えますよね…。

 

新生児期は、

着替えやおむつなどの

嵩張る物ばかりが必要になって、

離乳食が始まると、

ご飯やおやつ、食事エプロンに

スプーンやフォーク…。

 

1歳にもなれば、荷物も減るかと思いきや…

今度はお気に入りのおもちゃや絵本なんかを

持たされる事になったりもします。

 

そうです!ママバッグ、絶対必要!!

 

でも、実際どんなタイプのバッグがいいのか…

悩んでしまいますよね。

 

「便利な物を使いたい…そして、

絶対失敗もしたくない!」

 

今回は、そんなあなたの為に、

ママバッグとして重宝されている3つのタイプ別に

そのメリット・デメリットと

使う時のポイントをご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

▼不動の人気のリュックタイプは容量重視のママにぴったり!!

 

なんといっても、一番人気はリュックタイプ!

両手が空いて、抱っこも楽々なのは

ママにとってはとても大事ですよね!

 

では、リュックのメリット・デメリットを

詳しくチェックしてみましょう!!

 

☆メリット
・両肩で重さを分散できるため疲れにくい
・重い荷物でも運びやすい
・両手が空く

 

→このメリットを見る限り、

リュックはアクティブなシーンでは

かなり重宝する事が分かりますね!

 

特に、手を繋いで歩き出す1歳後半以降は、

リュックの使用が望ましいかも知れませんね

 

★デメリット
・物の出し入れがしづらい
・バッグの中で物が迷子になりやすい
・電車でのマナーが気になる

 

→リュックサックは、容量が多い割に

ポケットが少ない所が難点です。

 

側面に取り出す為の

ファスナーが付いているリュックも

ありますが、 やっぱり出し入れは不便。

 

くわえて、

電車内でのマナーとしては

背負うタイプのカバンは下ろすべき

という点を考えると、

少し扱い辛さを感じるかもしれません。

 

◆リュックのポイントまとめ

 

リュックは、

手の自由が利き動きやすい点はもちろん、

ユニセックスなデザインが

豊富なのも嬉しい所です。

 

家族共用のリュックをひとつ用意しておくと

いいですね!

 

リュックを使う時は、

○リュックの中の荷物を

ポーチやバッグインバッグなどで整理しておく

のがおすすめ!

 

素材が異なる複数のポーチで整理をしておくと、

側面のファスナーから取り出す時も

ポーチの感触だけで欲しい物を探せて、

物が取り出し辛いリュック特有のデメリットも

軽減できますよ!

 

公共の場ではなるべく

周囲に気を配りましょう。

 

特に、混雑している電車やバスでは

周囲への気配りが大切です。

 

抱っこひもをしている時は

両手が空く事が多いので、

○出来るだけリュックを肩から下ろす

ように努力してみましょう。

 

スポンサーリンク

▼王道ななめ掛けタイプは身軽なおでかけにピッタリ!


手が塞がらないバッグとしては王道の

ショルダーバッグは、

ママからも安定した人気を得ています。

 

気になるその

メリット・デメリットを

掘り下げていきましょう!

 

☆メリット
・物の出し入れがしやすい
・両手が空く
・防犯上安全性が高い

 

→物の出し入れに関しては、

リュックよりも断然

ショルダーバッグの方が有利。

 

上の画像のように

取っ手が付いているタイプは、

腕に掛けたり手で持ったりと

3WAYで使い回す事が出来るので、

動きの多いママにも使いやすい仕様です♪

 

もうひとつ

見逃しがちなメリットとしては、

スリに遭ったり、

貴重品を落としてしまう

という可能性が低い点が

挙げられます。

 

出掛けた先、特に旅行先などでは

ショルダーバッグは必需品

と言えるでしょう!

 

★デメリット
・容量が少ない
・一方の肩に負担が集中する
・屈む動作をする時にバッグが邪魔になる

 

→やはり、容量の少なさが

大きなマイナスポイントですね。

 

また、首や肩が痛くなる事も多いので、

荷物の多いおでかけには不向き

と言えるでしょう。

 

他には、ショルダーバッグのデザイン上、

屈んだ時に自分の身体の前に

バッグがズルっと落ちて来てしまう事が

邪魔だと感じる場合もあるようですね。

 

◆ショルダーバッグのポイントまとめ

 

基本的にショルダーバッグは、

容量が少なく重い荷物も不利な為、

子供が自分のバッグで

おむつや着替え程度の荷物を

持てる様になった頃のお出かけには

便利です!

 

肩に掛けるベルトには

長さを調節する為の金具が

取り付けてある場合も多く

金具が赤ちゃんの顔に当たる可能性もあるので、

抱っこひもとの相性は

よくないものが多いです。

 

金具や部品が当たらないショルダーバッグでも、

片方の肩に極端な負担がかかるのは

抱っこが多い時期のママには辛い仕様。

 

ショルダーバッグを使う場合は

○荷物を最小限にする

○片方の肩にだけ負担が集中しないように

 時々掛ける肩を変える

などして、

デメリットを回避してみましょう。

スポンサーリンク

▼トートバッグタイプはユニセックス仕様がおすすめ!


トートバッグは

リュックとほぼ同等の容量を持ち、

ショルダーバッグに引けを取らない扱いやすさ

を兼ね備えたハイブリッドタイプ

と言えます!

 

大注目のトートバッグの

メリット・デメリットとは…!!?

 

☆メリット
・性別を選ばないデザイン
・物が出し入れしやすく丈夫
・付属のベルトなどにより
 持ち方が変えられる場合がある

 

→トートバッグにも

シンプルでユニセックスなデザインが多いので、

パパとの共用も可能なのがうれしい所!

 

男性にとって大事な扱いやすさもGOOD。

簡単に出し入れ出来るトートバッグなら、

パパも進んで持ってくれるはず!

 

★デメリット
・手が塞がる事が多い
・重い荷物を入れるとかなり大変
(ショルダーバッグと同様)
・バッグの中で物が迷子になりやすい
(リュックと同様)

 

→さすがハイブリッドなトートバッグ!

そのデメリットには、

ショルダーバッグ、リュック

それぞれのデメリットも含まれました!

 

でも、一番厄介なのが

手が塞がってしまう点…。

 

持ち手を肩に掛けたとしても

ずり落ちてくる事が多いので、

どうしても片手は塞がってしまいます。

 

それを考えると、トートバッグは

動きが早くなる2歳以降のお子さんとのおでかけでは

少し不便に感じるかもしれませんね。

 

◆トートバッグのポイントまとめ

 

トートバッグには手が塞がるという

大きなデメリットがありますが、

それ以上に出し入れのしやすさ・丈夫さ

という外せない大きなメリットがあります。

 

キャンバス地、帆布を使った製品などは

特に扱いやすく耐久性に優れているので

おすすめです!

 

使う上では、

○荷物を最小限にする

○ポーチなどを使い中身の整理整頓しておく

などのポイントを

しっかり押さえておく事が大事です。

 

兼用も出来て丈夫、

おまけに持ち主の性別・年齢を問わないトートバッグは

赤ちゃん連れのお出かけの

新しいマストアイテムになるかも知れませんね!

スポンサーリンク

▼まとめ

 

リュックも、

ショルダーバッグもトートバッグも、

それぞれに利点と欠点があります。

 

使う人や使い方に合わせて、

最適なチョイスをしていきましょう!

 

ポケットが少ないリュックや

トートバッグは容量も増える分、

中で物が迷子になりがちです。

ポーチやバッグインバッグを

活用しましょうね。

 

バッグによっては、

ペットボトル用のポケットがあったり、

身に着け方が変えられる

ベルトやバックルが付属していたりと、

様々なポイントがあります。

 

あなたもぜひ、

自分や家族がいつも持ち歩く物と

照らし合わせてみて、

お気に入りのママバッグを

見つけて下さい!!

コメント