永久保存版!!これが非常持ち出し袋に入れるべきアイテムだ!!

ライフスタイル
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

今日は、

最近日本各地で猛威をふるう

自然災害に焦点を当てたお話しを

していきます。

 

あなたの家には

『非常持ち出し袋』

ってありますか?

 

思わぬ災害に見舞われた時に、

あなたとあなたの大切な人の

命と安全を支えてくれる…

いざという時になくてならない

『非常持ち出し袋』

 

(用意しておかなくちゃ…)

そう思ってはいても、

実際どんな物を入れればいいのか…

いまいち分からない…。

そんな人も沢山いると思います。

 

ですので、

今回はそんなあなたの為に!

 

今だからこそ知って欲しい、

『非常持ち出し袋に

絶対に入れて欲しい物リスト』

を作成しました!

 

各アイテムの用途などの詳細も

合わせてご説明していきます!

 

スポンサーリンク

▼非常持ち出し袋だけで3日間は暮らせるように!

 

災害時に救援物資の供給体制や

その他の設備が整えられるまでには

だいたい3日間はかかる

と言われています。

 

つまり、私達は

どんな環境におかれたとしても、

最低3日間は自力で

生き延びなくてはならない

訳です。

 

現代において、

ガスや電気と

切り離された生活をする事は

絶望に等しい

と言えるでしょう。

 

日々の私達の暮らしは、

それほどまでに文明に依存したものだ

という事です。

 

今この時に、

何の恐怖も不安も…

絶望もない方にとっては

いまいちイメージできないかも

知れませんが、

被災した時の心情は

計り知れないものがあります。

 

ここから先は、あなたも

【もし停電したら…】

【もしもガスが出なくなったら…】

【家が全・半壊してしまったら…】

そんな想像をしながら

読み進めてみて欲しいと思います。

 

あなたが3日間生き延びるためには、

これだけの準備が

必要になるんですよ…。

 

スポンサーリンク

▼最低限必要な物~持ち歩きグッズ~

 

まずは、

すぐに持ち出す事が

出来るように

リュックサックなどに

まとめておくべきアイテム

の紹介です。

 

ハサミ・カッターナイフ
…シンプルで使いやすい大きさの物を
選ぶのがベストです。

ガムテープ

…強粘着の物を選ぶ事、

劣化して粘着力が弱まる前に

買い替えるようにしましょう。

懐中電灯

…電池は抜いて保管しましょう。

明るさの異なる物を

複数用意しておくと便利です。

乾電池

…懐中電灯以外にも使用する事があるので、

まとまった数の確保が必要です。

最低でも単3・単1は

確保しておきましょう。

救急用品

…絆創膏、包帯、ガーゼ、三角巾、

消毒液、マスク、湿布薬の他、

風邪薬や痛み止め、

常用している薬なども忘れずに

入れておきましょう。

ライター

…火種に触れる可能性の低い

チャッカマンのようなライターが

使いやすいです。

タオル

…ハンドタオル・フェイスタオル、

バスタオルとサイズは一通り

揃えておきましょう。

ビニール袋・ジップロック

…ビニール袋の用途は幅広いので、

あればあるだけ助かります。

ジップロックは大きめの物がおすすめ。

収納以外にも氷のうにしたり、

臭いの出る物を捨てる時にも役立ちますよ。

ペーパー類

…トイレットペーパー・

ティッシュペーパーだけでなく、

ウェットティッシュやボディシートなども

あると重宝します。

サランラップ

…食事の際に食器に

汚れが付かないように、

食器にかぶせて使用すると

とても便利で洗い物も少なく済みます。

軍手

…避難時や片付けの際に

怪我を防いだり、

冬場は寒さをしのぐのにも効果的です。

小銭を含む現金

…金融機関が復旧するまで

耐えなければならないので、

家計に合わせて万単位の金額を

用意する必要があります。

忘れずに公衆電話用の

10円玉などの小銭も

準備しておきましょう。

着替え

…下着類は毎日取り替える事を

想定して余裕を持った枚数を

入れておきましょう。

女性や乳幼児は

ナプキンや紙おむつも忘れずに。

筆記用具

…書きやすく読みやすい

油性の太字マジックを選びましょう。

紙は大い物と小さい物を

用意しておくと便利です。

携帯トイレ

…1人に付き1日3~5回は使えるように

確保しておくようにしましょう。

雨合羽・アルミシート

…雨や寒さから体温を守るためには

必要不可欠です。

人数分準備しておきましょう。

 

スポンサーリンク

▼最低限必要なもの~備蓄品~

 

ここからは、

持ち出しはしなくとも、

家に必ず備蓄・保管

しておくべきアイテム

についてまとめていきます。

 

被災後に避難所での生活を

余儀なくされ、

かつ、家の出入りが

禁止されていない

という状況下においては、

 

下記の備蓄品は

一度に避難所に持って行く

ような事はせずに、

こまめに持ち出すように

しましょう。

 

非常食

…缶詰など手軽に食べられる食品を

中心に集めておくのがおすすめ。

ビスケットやチョコレートなど

栄養価の高い物や、

お湯や電子レンジを

使わなくても食べられる

アルファ化米などの非常食を

用意しておくと、

電気やガスが供給されていない時でも

安心です。

子供がいる家庭は、

お気に入りのお菓子などを

ストックしておくと

精神的に助かりますよ。

飲料水

…飲料水は1人1日

3リットルの使用を目安に

備蓄しておきます。

給水車での供給が始まった時の為に、

ウォーターバッグを

用意しておく事も重要。

粉末のスポーツドリンクを

一緒に備蓄しておくのも

おすすめです。

衣料品

…下着以外の衣服は

圧縮袋などでコンパクトにして、

備蓄品と一緒に置いておくように

しましょう。

どの季節・気温にも対応できるように

半袖、長袖、上着は

揃えておく事が大切です。

カセットコンロと
カセットボンベ

…備蓄スペースに余裕があれば

絶対用意しておくべきアイテムです。

これがあるかないかで、

生活水準がガラっと変わります。

バーべキュー用のキットがある家庭は

それを備蓄品と同じ場所に

収納しておけばOK。

 

スポンサーリンク

▼意外と忘れがち!現代では絶対必須の便利アイテム!!

 

ここまでで

最低限必要な物は確保できますが、

まだまだ準備が足りません。

 

これらとは別に

『今の時代だからこそ、

絶対に必要なアイテム』

があるからです。

 

絶対に用意しておいて欲しいアイテム
□乾電池仕様のモバイル充電器

…連絡手段としても

情報収集手段としても重宝する

携帯やスマートフォン。

 

災害時は特にバッテリーの減りが

早くなるので、

乾電池式の充電器を

手に入れておくように

しましょう。

 

停電が復旧した時に充電コードが

無事かは分からないので、

充電コードも予備をひとつ

入れておけば更に安心です。

 

スポンサーリンク

▼外出時に持っていって欲しい非常時に活躍するアイテム3つ

 

では、最後に

普段の何気ない外出時でも

持って行く事で

もしもの災害時に活躍する

意外なアイテムをご紹介しておきます。

 

これからご紹介する3つのアイテムは、

誰でも、どこででも、“簡単に”

手に入れる事が出来るアイテムなので、

これを機にカバンの中に忍ばせておく

ようにしましょう。

 

ホイッスル

…自分の位置を知らせる為には、

あるととても便利。

普段から持ち歩く事を習慣にしましょう。

ストラップやキーホルダータイプの物は

小さく邪魔にならないのでおすすめです。

…太陽光やサーチライトに向けて、

自分に位置を知らせる事が出来るという

意外な使い道があるアイテムです。

反射した光は数キロ先まで届くので、

女性に限らず持っていると心強いですよ。

ラジオ

…携帯やスマートフォンの電波が

届かない場所でも

ラジオは聴ける事が多いです。

災害時の情報収集においては

かなり役立つアイテムなので、

小型の物は常に携帯していても

いいかも知れません。

スポンサーリンク

▼まとめ

 

今回は、

“最低限、必要なアイテムだけ”

をご紹介しましたが、

実際はこれだけでは

不十分な場合も多いです。

 

乳幼児・高齢者がいるご家庭は、

粉ミルクやおしりふき、

おむつや介護用品…

 

持病の薬なども必要になりますし、

ペットがいるご家庭は

ペット用品も欠かせません。

 

災害時に必要になる物は、

実は各家庭によって

かなり変わって来るんです。

 

!!赤ちゃんがいる家庭に必要な!!
!!非常持ち出し袋の中身に関しては、!!
!!この記事をご覧ください!!

今こそ必要!赤ちゃんの命を守る非常持ち出し袋の中身教えます!!
今回は、非常持ち出し袋の中身について『赤ちゃんに必要な物』だけに絞った記事です!“非常持ち出し袋に入れるべき物”その全てを凝縮してリストアップしています!詳しい解説や豆知識も加えているので、いざという時の迷いもナシ!全てのママ・パパ必読の記事です!
乳幼児がいるご家庭は要チェック!非常持ち出し袋のちょっとした工夫!
地震や水害が頻発している昨今…。災害への準備は万端ですか?今回は、育児真っ最中のママやパパへ贈る、非常持ち出し袋に関するとっても役立つ工夫についてお話ししています!「まさか…万が一…」なんて生易しくない厳しい災害を乗り越える為の知恵がココにあります。

 

家族構成、年齢、普段の生活によっては

もっと必要な物や、不要な物が

出てくるはずです。

 

きちんと機会を設けて

家族全員でよく話し合い

防災意識を高めながら中身を吟味し、

《あなたの家に

本当に必要な非常持ち出し袋》

を完成させて下さい。

 

そして、私達は

そうして作り上げた

“非常持ち出し袋を使うその日は、

必ず来る”

と思っていなければ

なりません。

 

その位の覚悟を持って準備を

していかなくてはならない

という事です。

 

あなたが災害に直面した時、

この記事に書かれている事が

ほんの少しでも、

あなたの安心に繋がる事を

願っています。

コメント