現代人に多い逆流性食道炎…その原因から再発防止の対処法までをご紹介!

病気・ケガ
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

 

今日お話しするのは、

私も絶賛格闘中の

『逆流性食道炎』

についての話題です。

 

私が自分の異変に気付いたのは、

胃がもたれる事が増え

食べ物が飲み込みづらいと

感じ始めた頃でした。

 

でもその頃

色々とバタバタしていた私は、

それらを気にしつつも

放置してしまっていました。

 

そんな私はある日、

なんの前触れもなく

強い喉の痛みと激しい咳に

襲われました。

 

そのあまりの苦しさに

さすがの私も重い腰を上げ、

いくつかの医療機関を受診した所…

 

そこで分かった病名が

『逆流性食道炎』

だったという訳なのです。

 

という事で、今回は

【逆流性食道炎】

に関する基礎知識を中心に、

なるべく分かりやすく

お伝えしたいと思います!

 

何かと忙しい現代人であるあなたに、

絶対に知っておいて欲しい情報だけを

ギュギュっと集めましたよ!

 

↓関連記事はこちらです↓

激しい咳の原因は食道炎だった!!病名が明らかになるまでの記録
胃もたれが気になりだした最近、突然私を襲ってきた激しい咳と喉の痛み…一見無関係な2つの症状は、じつはどちらも逆流食道炎が原因だった!!今回は実際に私が体験した逆流性食道炎の症状と経過をお話ししています。ひょっとしたら、あなたにも当てはまる症状があるかも知れません…。

 

スポンサーリンク

▼そもそも『逆流性食道炎』ってどんな病気?

 

逆流性食道炎は、

胃液や食べた物の一部が

食道に逆流する事で発症します。

 

酸性である胃液が
食道の粘膜を炎症させ、
様々な症状が起きる

という仕組みです。

 

◆その原因は多種多様…!『私は大丈夫』は通用しない!!

 

では、どうして

普通は胃の中になくては

ならない胃液が逆流してしまう

のでしょうか…。

 

その原因に関しては、

本当に多くのものが挙げられます。

 

~逆流性食道炎になる主な原因~

 

その①

内蔵の筋力低下

…これは、高齢者に多い原因です。

胃と食道を隔てる

内蔵器官の筋力が弱まる事により

食道炎に至ってしまうケースです。

 

その②

体質や内臓の作り

…筋力の低下とは関係なく、

胃と食道を隔てる器官の作りによっては、

逆流性食道炎になりやすい人も

いるようです。

 

また、

体質的に便秘がちな人も

逆流性食道炎になりやすい

と言われています。

 

その③

食生活の乱れ

…若い人が発症した場合に

多い原因です。

 

特に脂肪分の多い食事が

好きな人は要注意!

 

脂肪分の摂り過ぎは、

胃酸の過剰分泌や

内臓の筋力低下を招きます。

 

その④

ストレス

…これに関しても、

年齢は関係ありません。

 

一見健康そうに見える人でも、

ストレスが溜まっているなら

逆流性食道炎予備軍である可能性は

充分にあります。

━━━━━━━━━━━━━

 

今回は、特に分かりやすい4つの原因を

挙げたのですが、

実はこれ以外にも

逆流性食道炎に関しては

沢山の原因が考えられています。

 

日常を何不自由なく、

なんの不調もなく

過ごしているあなたでも、

いつ異変に襲われるか分からないんです。

 

という訳で、次の項では

その具体的な症状について

説明していきます!

 

スポンサーリンク

▼どんな症状があるの?意外な症状が色々あった!!

 

様々な原因で発症する事が分かった

逆流性食道炎ですが、

その症状も負けず劣らず

多種多様です。

 

ここでは、その具体的な症状を

★の数で程度を表しながら

ご紹介していきます!

 

★~★★軽度
・げっぷがよく出る
・口の中に酸っぱい感覚がある
・物が飲み込みずらい
・お腹が張る

→症状が進行していないこの段階では、

日常生活に支障をきたすような症状は

ほとんどありません。

 

市販の胃薬などを使いながら

体調管理に努めれば、

症状が軽減する場合もあります。

……………………………………

 

★★★中度
・胃もたれ
・胸やけ
・胸がつかえている様な感じがする
・嘔吐が増える
・ずっと喉が痛い

 

→この段階で徐々に症状の程度が

強くなっていきます。

 

【食後に少し咳き込んだだけで

食べ物が戻ってくる】

という事が増えて来たり、

常に胃周辺の不快感を

感じるようになります。

 

また、逆流した胃酸の影響で

喉が炎症を起こし、

私のように痛みを感じる事もあります。

 

なるべく早めに医療機関へ

足を運びましょう。

…………………………………

 

★★★★重度
・今まで感じた症状が慢性化し、
 強くなる
・激しく咳き込む事が増える
・眠れなくなる
・咳き込んだ際、嘔吐した際などに
 出血が認められる事がある

 

→ここまで来ると、

日常生活にまで影響が出ます。

 

不眠や各所の痛み・激しい咳などは、

放置してはいけません!

 

放置しておくと

がんを発症する場合もある為、

早急に医療機関を受診しましょう。

 

医療機関を訪ねる場合は、
呼吸器科や循環器科などを受診しましょう。
内科をメインとした個人病院でも、
内視鏡検査を含めた
専門的な検査と診療が行える病院も
増えてきているので、
病院検索サイトなどで事前に調べてから
受診するのがおすすめです!

 

 

スポンサーリンク

▼再発を防止する為に!!気を付けるポイントは5つ!!

 

 

私がお世話になっている呼吸器科の先生曰く、

逆流性食道炎はその原因の多さから、

完治したと思っても

小さなきっかけで

再発する事が多い病気

なのだそうです。

 

ちょっとした食生活の乱れや

日常生活で溜まっていくストレスが、

簡単に再発のきっかけを

作ってしまうのだとか…。

 

ここで重要なのが、

逆流性食道炎の再発を防ぐ為の過ごし方

が出来ているかどうか

です。

 

以下は、

再発防止に不可欠な5つのポイントです!

 

○食事は7分目を意識!
○良くかんで食べる
○消化の悪い物、油物は少なめに
○食後すぐに横にならない
○ストレスはこまめに発散させる

 

この5つのポイントは、

一見すると大した効果を生まなさそうな

ちょっと地味なポイントばかりなのですが…。

 

しっかり押さえて過ごしていると

食道炎は再発しませんし、

健康的な食生活のおかげで…

有難い事に体重も減ります!(体験談です!)

 

でも…

ちょっとでも油断して

これらをサボってしまうと、

あっという間に再発し

体重も増えます…!!

(これも体験談です…!)

 

『小さな事からコツコツと…』

病気と向き合うには、

やっぱりこの言葉が大切なのかも

知れません。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

 

逆流性食道炎は、

様々な原因で発症する

とても身近な疾病です。

 

些細な食生活の乱れやストレスであっても、

症状を悪化させる引き金になる

とてもしつこい性質を持っています。

 

ちょっとした胃もたれや胸やけでも、

油断せずに様子を見ましょう。

 

胸や喉の痛み、激しい咳などの

一見、無関係そうな症状でも、

逆流性食道炎である可能性があります。

 

日常生活に支障をきたすような

不調を感じる場合は、

なるべく早く呼吸器科や循環器科、

内視鏡設備のある診療科を

受診しましょう。

 

回復後も普段は禁物です!

食生活を整え、

胃に負担の掛からない

生活を意識する事が、

再発防止に繋がります。

 

今、私と同じように

逆流性食道炎と闘っているあなたも、

そうでない健康なあなたも、

明日からの健康の為に、

胃に優しい生活を

心掛けていきましょうね!

コメント