捨てる〈アレ〉が幼児向けのおもちゃになる!?そのアイデアとは!

子育て
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

今日は子供達の毎日に必要不可欠な

おもちゃについて、

お話しをしたいと思います。

 

あなたのお子さんは、

いくつおもちゃを持っていますか?

そのうち、

お気に入りのおもちゃは

いくつ位ありますか?

 

おもちゃ自体は

あって困る物ではないんですが、

実際、本人がよく遊ぶお気に入りって

実はそんなに多くないんですよね。

 

おもちゃには本人の性格や

好みが出やすい事もあり、

失敗が多いのは有名な話。

 

ネットや口コミで話題になった

高いおもちゃも、

本人が興味をそそられなければ

容赦なく部屋の端へと

追いやられてしまう…(>_<)

 

私もそれを

何度も目の当たりにしてきました。

そしてその度に、

なんとも言えない寂しさと悲しみを

感じてきたのです…。

 

でもこれって大人のエゴなんですよね。

 

子供にとっては、

おもちゃの値段なんて

何一つ意味を持ちません。

 

大事なのは、

気になるかどうか

楽しいかどうか…これだけ

なんです。

 

という訳で今回は、

【お金をかけなくてもおもちゃは手に入る!!

いつもは捨てちゃうあんな物やこんな物を

子供が喜ぶおもちゃに変えちゃう、

目からウロコなアイデア】

を3つご紹介します!

 

スポンサーリンク

▼握ると楽しい!棒マラカス

 

使うもの:

□ペットボトルのキャップ

→あらかじめ様々な色のキャップを
取っておくようにしましょう。

□ビーズや石、鈴など家にある小さなもの

→ペットボトルのキャップの中に入れます。
キャップを持ちながら
合う大きさの物を探し周っていると、
宝探し気分も楽しめますよ♪

□ビニールテープ

→接着面がしっかりとしているなら
ビニールテープじゃなくてもOK

■作り方:
① キャップひとつひとつに、
石やビーズなどを入れる
② ビニールテープでしっかりと繋げる
③ それを何度か繰り返して完成!

 

お子さんの好きな色のビニールテープを使えば、
世界にひとつだけの楽器になりますよ!

 

棒状のマラカスは、

小さなお子さんでも持ちやすく、

力を入れやすいのがポイントです!

中に入れる物によって音の違いも楽しめるので、

色んな物を入れて音の違いを楽しみましょう!

 

注意:
●キャップがバラバラになってしまう事のないよう、
ビニールテープは頑丈に巻きましょう。

●誤飲防止の為、最低でも3個のキャップを使用し
棒状になるようにして下さい。

また、棒状になっていたとしても
喉の奥まで入れたりする事のないよう、
必ずそばで見守って下さい。

 

スポンサーリンク

▼ストレス発散と指先の運動に!チラシ破り♪

 

使うもの:

□いらないチラシ、新聞、包装紙

■遊び方:
ひたすらビリビリと自由に
千切らせるだけ!!

 

これ…単純過ぎると思うかも知れませんが、
意外と楽しいんです。

お子さんは指先の運動になり、
親はちょっとしたストレス発散になります。

 

細いひも状に千切れた場合は
「どっちが長いかな?」
「どっちが大きいかな?」
などと聞いてみると考える力も養えますよ!

 

千切った物は丸めてガムテープなどで固めると
ボール代わりにもなるので、
キャッチボールをしたり
転がして遊ぶ事も出来て一石二鳥です!!

 

スポンサーリンク

▼いらなくなった調理器具を使って斬新な手と頭の体操!

 

使うもの:

□不要になったお玉やヘラ、ボウルや鍋など

→もちろん、刃物や尖った物は危険ですので
省きましょう。

□それらに入る・乗るサイズの物ならなんでも

→あらゆる物が使えます。
トイレットペーパーの芯や
お菓子の空き箱なども
大事な遊び道具になります♪

■遊び方:
①お玉やヘラは
物をすくったり乗せたりする
②ボウル・鍋は、
周囲にある物を出し入れして遊ぶ
③ヘラや菜箸などは太鼓のバチのように使って
色々な物を叩いて音を出してみる

 

ボウルや小さな鍋は物の出し入れ以外にも、
『中に新聞紙などの紙を入れて
勢いよく撒き散らす』という遊び方もできます!
(ゴミ拾いは大変ですが結構楽しいですよ♪)

 

子供の感性に任せて、
色々な動作をさせてみましょう。
集中力が養えるだけでなく、
想像力や自主性も育ちます。

月齢の低い小さなお子さんの場合は、

① お気に入りのおもちゃにボウルを被せる
② ボウルに気付いたら勢いよく持ち上げて見せる

という動作を行ってあげると、
いないいないばぁと同じ効果により
興味を抱いたり笑ったりしてくれます!

お気に入りのおもちゃを使えば
更に好奇心がぐんぐん育ちますよ!!

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

結局使った物は、

家にある文房具や器具と

ゴミに出すはずの

あれやこれやだけでしたね!

 

でも、こんなに古典的な道具達でも

意外なほど喜んでくれるんです。

 

3歳以上のお子さんなら、

準備過程も一緒に出来るかも知れません。

様子を見ながら

色々と頼んでやってもらうのもいいですね!

 

どの場合においても、

誤飲、怪我のないよう

細心の注意を払って下さい。

特に、

ペットボトルのキャップやそれに入れる物、

破いたチラシ

は、口に入れやすいです。

なんでも口に入れる月齢を過ぎていたとしても、

油断しないようにしましょうね(^^)

コメント