これって熱中症!?熱中症の主な症状、応急処置法まとめ!!

ライフスタイル
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

最近本当に暑いですよね…。

今日は6月25日…夏至も過ぎた今は、

暦の上では本格的な夏

と言ってもいいのですが…

 

しかし暑い!!

 

6月からすでに、

最高気温は30度越えが当たり前

というこの状況…

今年の夏、

生き延びられるか心配です。

 

そんな私は、

数週間前に熱中症になりました。

 

暑い部屋で大した水分補給もせずに

黙々と仕事に打ち込んだ後で、

炎天下を自転車で駆け抜け

保育園に娘を迎えに行ったのが原因です。

 

今になってみると

後悔する部分が多々あります…。

 

今日は、

【気付かないうちに忍び寄る熱中症の恐怖と、

注意が必要な人の例、かかった時の応急処置法】

をまとめました!

 

あなたの夏に熱中症という悲しい思い出が

増える事のないよう、

この記事で予習していって下さいね!!

 

スポンサーリンク

▼前触れもなく忍び寄る恐怖…熱中症の主な症状を知っておこう!

 

熱中症という言葉は、

今となっては知らない人がいないほど

有名になりましたよね。

 

という訳で、

以下に、熱中症の主な症状を

まとめてみます。

 

◆主な症状 ~痛みと目視できる変化~

筋肉痛       腹痛
けいれん
異常に汗をかく/かかない

◆主な症状 ~感覚的な変化~
めまい       ほてり
意識の混濁     吐き気
倦怠感

 

こうしてみると、

熱中症の症状が多岐に及ぶ事が分かります。

 

また、それと同時に

熱中症という言葉自体が有名になっても、

その症状については知らない事も多い

という事実も

分かって頂けたんじゃないかと思います。

 

ちなみに、私が今回

熱中症だと気付いたきっかけは、

【身体の痛み(筋肉痛や関節痛)
激しいめまい、吐き気】

を感じた事です。

 

私は今回熱中症になってみて初めて、

意外にも、身体の痛みも熱中症の症状のひとつ

なんだという事を知りました。

 

スポンサーリンク

▼どんな人が危ない!?熱中症予備軍はあなたかも!!

 

子供や、高齢者は

新陳代謝や体温調節機能の関係により、

脱水症状を含む熱中症になりやすい事は

有名ですよね。

 

加えて、スポーツをする人達も

近年の気温・湿度の上昇を危険視し、

こまめな水分補給の大切さを

理解し始めています。

 

ですがその一方で、最近

『かくれ熱中症患者』

が増加し始めているんです。

 

予期せぬタイミングで

熱中症にかかってしまった経験を持つ、

隠れ熱中症患者達にその時の事を聞くと、

みんな口々に

「いつもと同じように過ごしてたのに…」

「まさか自分がなるとは思わなかった…」

と言います。

 

自分が熱中症の危険にさらされている事に

気付く事が出来なかった彼らには、

ある特徴がある事が分かりました。

それは…

 

【暑さ】が身近にある事が当たり前の人

 

だった事です。

 

◆特に注意が必要!!慣れた環境にこそ危険が潜んでる!!

 

特に熱中症の危険が高い人の例として、

 

★屋外で過ごす(仕事をしている)事が多い人

★キッチン、厨房にいる時間が長い人

 

という事が挙げられます。

 

『いつもこうだから大丈夫、自分は慣れている』

そういった油断が、

大きな落とし穴を作ってしまうという事です。

 

自分はいつもと同じ環境、仕事量だと

感じていたとしても、

その日の体調や環境の変化により

発汗量や代謝、疲れの度合いは変わってきます。

 

油断は禁物であるという事は、

忘れてはいけません。

 

スポンサーリンク

▼熱中症かも!!すぐに出来る応急処置3つ

 

「あれ?なんか、変だな…」

炎天下で、あるいは酷暑の環境で、

そんな違和感を感じたら、

それはすでに赤信号です。

 

すぐに、以下の手段を取りましょう!!

 

◎とにかく涼しい場所を探して避難
→屋外なら日陰で風通しのいい所を探しましょう。
建物が作る日陰よりも、木々が作る日陰の方が理想的です。

 

◎身体を楽にさせる
→着ている衣服は公俗良序に反しない程度に脱がせる、
女性の場合は下着のホックを外す事も効果的です。

 

◎身体を冷やす
→保冷剤などが手に入る場合は
脇や首筋、足の付け根などに当てて下さい。

注意:

直接肌に当ててしまうと凍傷の危険性があります!

タオルや着ていた上着などに包んで

当てるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

▼水分補給も忘れずに!熱中症の救世主、経口補水液を手に入れろ!

 

応急処置の中で重要な行動として、

『水分補給』

があります。

 

熱中症になったという事は、

すでに脱水状態であるという事でもある為、

少しでも早く体内の水分バランスを

整えなければなりません。

 

熱中症患者に意識があり、

水分を飲み下す事が出来るのであれば、

熱中症時の水分補給において

医学的にも推奨されている、

経口補水液

を与えましょう。

 

経口補水液は、

脱水時に失われた電解質や糖質、水分を

素早く補給できる病者用食品のひとつです。

 

経口補水液は、最近になって

コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど

至る所で販売されるようになりました。

 

買いに行ける人がいる場合は、

経口補水液を買ってきてもらう事が

一番効果的な応急処置に繋がると言えます。

 

経口補水液を手に入れられない場合は、

水ではなく

塩分やブドウ糖などが含まれる

イオン飲料やスポーツドリンク

を選んで下さい。

 

種類がなんであれ、

状況がどうであれ、

一度に大量に与えるのは厳禁です。

 

水分補給の基本は、

身体の負担を避けるため

コップ半分~1杯程度の量を

少しづつ

だという事を覚えておきましょう。

 

注意:

嘔吐の症状がある場合や
意識がはっきりしていない場合は、
飲ませた水分が気道に入り、
喉を詰まらせる可能性もあります!

むやみに水分を与える事はせずに、
医療機関にかかるか、救急車を呼び
医療従事者の指示に従うようにして下さい。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

知らないうちにかかる事も多い熱中症。

その症状は多岐に渡り、

判断しづらい場合もあります。

 

屋外・屋内に問わず

気温湿度が高い場合はこまめに水分補給をし、

熱中症の危険をあらかじめ排除していきましょう。

 

だるさやめまい、吐き気、汗のかき方などは

専門知識がなくても自覚しやすい症状です。

 

少しでも違和感を感じたら、迅速に

 

★涼しい場所に避難する
★衣服を楽にさせる
★身体を冷やす

 

などの処置を行いましょう。

 

夏場や季節の変わり目など急に暑くなった場合などは、

体調不良を感じた時点で

熱中症の可能性も疑って下さい。

 

子供や高齢者、身体を動かす人はもちろん、

普段から気温湿度が高い場所にいる事が多い人も、

油断は禁物です!

 

慣れや油断が、後悔に繋がります。

その事を肝に銘じて、

楽しい夏を過ごしましょうね!

コメント