キッチンの排水口のキレイを保てる便利商品をご紹介します♪

お掃除
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

この間、私…

久しぶりにキッチンの排水口の

お掃除をしました。

 

シンクはしょっちゅうキレイにするクセに、

排水口は色々と言い訳しながら

後回しにしてきてしまった私…。

 

そのおかげで(“そのせいで”とも言います^^;)

我が家の排水口は、

ちょっとここでは表現しづらい状態にまで

変わり果てていました。

 

「もっと早く…、

さっさと掃除しておくべきだったんだ!!」

 

私は、

深い後悔とちょっと刺激的な光景に

顔を歪ませながら掃除をした訳ですが…、

その後思ったのです。

 

【すべては排水口の掃除が

めんどくさいせいだ!!】

と。

※八つ当たりです、完全に逆ギレです。
すみません。

 

でも、確かに排水口の掃除って

ホントにめんどくさいんですよね…。

なるべく回数を減らしたいという思いは

皆が抱いているはず…。

 

そう思った私は、

【掃除の回数が少なくて済むような使い方は

ないだろうか?】

という疑問に辿りつきました。

 

今回は、

【排水口のキレイを長持ちさせる為に、

絶対におすすめしたいアイテム】

を、ご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

▼道具が無くても出来る!!排水口をキレイに保つコツ

 

まずは、道具が無くても…

今からでも出来る、

絶対に知っておくべき

『排水口のキレイが保てるコツ』

をお伝えしておきます。

 

① 『なるべく生ごみや油を排水溝に流さない』

→排水口の汚れの原因は、
食べ物のカスや油分です。
汚れの原因はなるべく排水口に
流さないようにしましょう。
食器や調理器具についた油は、
キッチンペーパーなどで
拭き取ってから洗うようにするのが
おすすめです!

 

② 『キレイなうちに先手を打ってお手入れ』

→放置した時間の分だけ汚れは多く付着します。
時間が経てば経つほど、
本当なら
【軽く洗い流すだけで済む】はずの事が、
【時間をかけて、ヌメりや汚れを自分の手で
 取り除かなくてはならない大仕事】になるのです。

素手で触る事に抵抗がない位の段階で、
お手入れをしておく事が習慣に出来れば完璧ですね!

 

③ 『掃除はルーティン化させる』

→いつやるかを決めておく事で、
放置する事が無くなります。

おすすめは可燃ごみを出す日の前日
お手入れに使った物や生ごみなどを

ゴミ箱に入れておく時間が短く済みますし、
自治体により異なりますが、
最低でも週2回はあるはずなので
どちらか自分の好きなタイミングで
ルーティンに組み込む事が出来ます。

 

この3つを全て実践するのは、

正直なところ大変だと思います…。

実際、まだ私も全てを実践出来ている訳では

ありません…。

 

でも、記憶の隅に留めておくだけでも

違いますよ!

ふとした時に思い出して、

少しずつ実践できるようになりますから(^^)

 

スポンサーリンク

▼排水溝に取り付ける・入れておく小物で掃除の手間は省ける!!

 

長期間、排水口のキレイに保つ事を考えると、

自分の時間と手だけでは限界があります。

 

ここからは、

忙しい私達の強い味方になってくれる

様々なキッチングッズをご紹介していきます!

 

◆ゴミ受けに取り付ける袋やネット

 

三角コーナーに使うものとは別の、

排水口内のゴミ受けに取り付けるタイプの

アイテムです。

 

ストッキングに似た生地で伸縮性があるものと、

細かいネット状で伸縮性が無いタイプがあります。

使い勝手がかなり違うので、

自分に合う方を選びましょう。

 

☆主な違い☆

ストッキングタイプ:
伸縮性がある為、外れにくい。
破れやすい。

ネットタイプ:
伸縮性が無い為、フィットしにくい。
比較的破れにくい。

これらを使うと

ゴミ受けに直接生ごみが挟まる事が無くなるので、

排水溝の掃除が、

断然楽になります!!

 

絶対おすすめのアイテムです!

 

◆吊るすタイプのヌメり予防薬剤

 

ゴミ受けの中に吊るしておくだけで

ヌメりの予防が出来る優れ物があります!

 

薬剤が流れる水に乗って広がる事で

ゴミ受けから排水口の奥まで、

しっかりと効果を発揮してくれます。

薬剤が溶けたら新しい物を使う事になります。

 

こまめな買い替えを考えると

コスパが気になる人もいるかも知れませんが、

個人的には

吊るす以外に何もしなくていいので

おすすめです。

 

◆アルミ箔

 

どの家庭にも必ずあると言ってもいいアルミ箔。

じつはこれ、丸めてゴミ受けに入れておくと

イオンの効果で汚れが付きにくくなるんです。

 

薬剤に抵抗がある人にはおすすめの裏技です!

 

スポンサーリンク

▼三角コーナーの概念を変えると排水口もキレイになる!

 

私は、昔は

シンクに三角コーナー置いて

そこに生ごみを溜めておき、

ある程度の量になったらゴミ箱に入れる

という方法をとっていました。

 

でも、今は

三角コーナー自体を置いていません。

それはなぜか…。

そうです、それこそが、

排水口をキレイに保つ近道だからです。

 

三角コーナーがあると、

【そこに使う袋はこまめに取り替える】

でも、だいたいの人が

そこで満足してしまうんです。

 

そうすると、

ゴミ受けが放置される事が増え

汚れが溜まりやすくなりますよね。

 

つまり、排水口のキレイに保ちたいなら…

 

三角コーナーの代わりになる袋を用意し、
それを1日毎に変える

 

という方法が一番おすすめなんです。

 

先ほど紹介したゴミ受け用の袋でもいいですし、

別のビニール袋でも構いません。

 

出た生ごみをすぐに取り除ける

環境にしておく事を意識すれば、

排水口のキレイは

意外と維持できるものですよ!

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

排水口のキレイは、

●生ゴミや油を流さない
●キレイなうちに手入れをする
●掃除をルーティンにする

などを意識する事で保つ事が出来ます。

 

ですが、

重ねて様々なアイテムを活用する事で

より長い期間、

よりキレイを維持出来るようにもなります。

 

どこの掃除も

出来るだけ簡単に済ませたいものですが、

どうしても水回りの掃除は

手間と時間がかかってしまうもの。

 

でも、だからこそ

少しずつこまめに

手入れをする事が大切です。

 

今は、ダイソーなどの100円ショップでも

水回り関連の便利アイテムは、

沢山販売されています。

 

あなたの生活スタイルや使い方に合う

便利なアイテムが必ず見つかるはずなので、

これを機に

ぜひ色々と試してみて下さい!

コメント