幼児の野菜嫌い…どうする?おすすめの対処法をご紹介!

子育て
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

今日は、昨日に続き

『幼児の好き嫌い』 について

お話ししていきたいと思います。

 

☆昨日のお話しはこちらです☆

幼児の肉嫌い…どうする!?対処法とおすすめ調味料をご紹介します♪
幼児期の好き嫌いはとっても厄介ですよね。親としてはバランスよく食べて欲しい…でも、子供達はそんなのお構いなし…。今日は、苦手な子供も多い『肉』の苦手を克服する為に使える対処法とおすすめの調味料をご紹介しています♪

 

私は、娘が離乳食を始めた頃から

アレルギーに関係するものを除いて、

なるべく多くの種類の食物を

食べさせるようにしていました。

 

消化器官が未発達な乳幼児に食べさせる物を選ぶのには

細心の注意が必要ですが、

それでも、先入観や固定観念が先立つ前に、

今まで知る事のなかった味や食感などを

沢山経験させてあげたかったからです。

 

その甲斐があってか、

今現在、私の娘は野菜に関しては

好き嫌いなくパクパク食べてくれます。

(たまに飽きて食べようとしない日も

ありますが…笑)

 

今回は、私が娘にも実践している

野菜の美味しい食べ方を

ご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

▼たねとまとめて団子状に!好きな物と混ぜてひとくちで食べさせよう!!

 

野菜が苦手になるポイントのひとつに、

“食感・歯切れ”

があります。

 

噛んだ時に水分が出るのがイヤ”

“噛み切れない、スジが残るからイヤ”

“口の中に粒が残るのがイヤ”

“もそもそ・パサパサするのがイヤ”

などなど…

 

食感が苦手だと言われた場合は、

何かとまとめてしまうのが一番効果的です。

 

◆一番のおすすめは… 小さめのミートボール!

 

→ひとくちで食べられるようにすると、

避けて食べられる心配もなく

苦手な食材を隠す事も出来て、

一石二鳥ですよ!

 

肉が苦手な子供の場合は、

はんぺんを潰して

卵やおからパウダーなどを繋ぎにすると

お魚団子も可能です!

 

スポンサーリンク

▼イモ類にありがちなパサつきがイヤなら…これを試してみて!

 

パサつきに関しては、

その食材だけではなかなか解消できません。

 

何かに混ぜるのも作戦のひとつではあるんですが、

分量を間違えるとパサつきが強くなってしまい

逆効果になる場合もあります。

 

かぼちゃやサツマイモは、

しっかりと潰せばクリーム状になるので

アレンジしやすいですよね。

スイートポテトの要領でおやつにしたり、

ポタージュにして出す

すんなり食べてくれる事もあります。

 

しっかりとマッシュしてもざらつきが残るジャガイモは、

煮込み料理のとろみ付けに使う

意外と気付かない事もあります。

 

溶けるまで煮込む事が出来る

カレーやハヤシソースがおすすめですよ!

 

◆根菜系を食べさせる時の一番のおすすめは…

 

☆超簡単なチップス!

①スライサーで薄切りにし、水に晒し水気を切る
②味を付ける場合は軽く塩を振っておく
③クッキングペーパーに乗せて
600Wで片面4~5分ずつレンジにかける
(焦げやすい為、 様子を見ながら熱を加えて下さい)

 

市販のチップスは

添加物や油、味の濃さが気になりますが、

これなら気兼ねなく与えられますし、

イモ類独特のパサつきや食感が無くなり

お子さんも大喜びかも!!

 

スポンサーリンク

▼野菜の味・クセを嫌っているなら手間を惜しまず時間をかけよう!

 

ここからは、

常備菜を中心に、

味をごまかす事を目的とした調理法

をご紹介していきます!

◆玉ねぎ・ニンジン

 

→みじん切りにして弱火で炒めると甘みが増します。

特に玉ねぎは特有の辛みも飛び、

食感もほとんど無くなるので

是非試してみて下さい!

 

ホットケーキミックスに混ぜて焼けば、

甘さ控えめのおやつケーキが出来上がります!

手づかみ食べの楽しさも手伝って

食べてくれる事もありますよ♪

 

◆トマト

 

→加熱した方が甘くなり、

食感も柔らかくなります。

少し糖分を加えてゼリーにしたり

柑橘系の果物と一緒に食べるのもおすすめです。

 

「トマトは嫌いだけど、ケチャップは大丈夫」

というケースも意外とあるので、

そういう場合は

トマトを砂糖やお酢、香味野菜などと煮詰めて

手作りのケチャップを作ってもいいかも知れません。

 

◆葉物野菜

 

→噛みちぎりにくいので口に残りがちですが、

それ以前に特徴的な青臭さが難関です。

良く煮込んで(これが重要です!)潰したり

ミキサーにかけると、

あくの強い青臭さは軽減されます。

 

出来上がったピューレは、

色の濃いソースや煮込み料理に混ぜる事で

抵抗が少なくなるはず!

 

ちなみに、 野菜は

コンソメや和風出汁で煮てから

冷やしても美味しいんですよ!

 

普段は温かいスープにする素材を冷やしてみると、

印象が変わり食べてくれる事もあります!

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

野菜を美味しく食べるには、

 

☆何かとまとめる時はひとくちサイズに

☆今までと違う味付けや見た目を目指す

☆時間をかけて煮込む

 

などが大切です。

 

また、

牛乳や豆乳などでまろやかさを出すと

青臭さが抜ける場合もあるので、

アレルギーがなければ活用していきましょう!

 

好き嫌いは

強引に矯正する事は出来ません。

それどころか、

強制すると余計に嫌いになってしまう場合もあるので、

詰め寄るのではなく

あくまでも嫌い・苦手な理由を尋ねる

というスタンスで声がけをしてみましょう。

 

貴重な時間を割いて作った物を食べてもらえないのは、

とても悲しいですし、悔しいですよね。

 

でも、ここはグッとこらえて

嫌そうな食材でも

根気よく食卓に並べ続けて下さい。

 

いつか、ふとした拍子に口に運び

美味しさを知ってくれるかもしれません。

 

私と娘は、

今は肉類への苦手を克服する為

毎日、四苦八苦しています。

 

お互いに諦めないで

向き合っていきましょうね!

 

コメント