糖質制限ダイエットを成功させたい!!その注意点とコツ♪

健康
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

糖質制限ダイエット、

あなたも知っていますか?

 

このダイエット法が

注目を浴び始めてからというもの、

テレビや雑誌の特集も増え

芸能人や著名人が

効果をアピールする事も多くなり、

 

関連書籍も書店に多く

並べられるようになりました。

 

その仕組みを簡単に説明すると、

 

糖質の摂取量を制限する事で

今身体に蓄えられている脂肪を

より多く燃焼させる

 

という方法です。

 

このダイエット法では

激しい運動を強いられる事はなく、

食べ物も糖質量が多いもの以外は

基本的に制限もありません。

 

これを聞くと、

ストレスも少なく

手軽なダイエット法として

有名なのも頷けますね!

 

でも、

ただやみくもに

糖質量ばかりを見ていけば

いい訳じゃないんです。

 

このダイエット法も他と同じく

注意点やコツがちゃんと

存在しています。

 

という訳で今回は、

糖質制限ダイエットを成功させる為の

豆知識をまとめました!

 

スポンサーリンク

▼まずは、糖質と痩せる原理を知っておこう!!

 

そもそも糖質とは、

糖分とでんぷんの事を

言います。

 

糖質は、私達のエネルギーの源である

重要な栄養素です。

 

その為、

糖質は私達が生きていく為には

必要不可欠な栄養素

と思われがちですが…

 

実はこの糖質、

色々とウラがあるんです。

 

◆裏事情①…ブドウ糖が絶対に必要な場所は“脳”だけ!!

 

…私達の脳は、
ブドウ糖以外をエネルギーとして
消費させる事が出来ません。

脳の活動は24時間365日、
私達が寝ている間も続いていて、
それはブドウ糖でしか
継続出来ないんです。

 

◆裏事情②…燃費がいいので少しの量でも大丈夫!

 

糖質(ブドウ糖)は少ない量でも
優良なエネルギーを生みだす事が出来る
とっても優秀な栄養素です。

嗜好品や美味しい食事が溢れる
豊かな現代を生きる私達は、
むしろ糖質を取り過ぎているとも
言われています。

 

◆裏事情③…溜めこむ事も出来る!

 

…毎日摂取している糖質。
取り過ぎた分はどうなってるの…?

実は、身体じゅうの脂肪となって
蓄積されているんです。

脂肪が多い人は、
糖質を備蓄している様なもの
なんですよ。

◆裏事情④…身体に使う糖は脂肪で代用出来る!

 

糖質が少量の摂取で充分だ
と言われている背景には、
燃費の良さだけでなく
代用品が存在している
という理由もあります。

糖質の代わりを果たす存在…

それこそが
【蓄えられた脂肪】
です!

 

糖質摂取量のコントロールが痩せる近道!!

 

ここまでのお話をまとめると、

 

『脳の為にはある程度の糖質は
摂取する事が基本。
でも、脂肪がついてる人は
少なめの摂取でも大丈夫だよ』

 

という事になります。

 

ではここで、

摂取した糖の量とその動きについて

簡単なチャートを見てみましょう。

 

○摂取したブドウ糖が多い場合

・必要な分が脳に運ばれる

・残った分が身体じゅうに運ばれる

・さらに余った分が脂肪として蓄積される

○摂取したブドウ糖が少ない場合

・脳に真っ先に運ばれる

・身体に必要な分の糖の代わりに脂肪が燃焼される

・体脂肪が減りやすくなる!

 

以上の事から、

糖質の摂取量を

コントロールしていく事が出来れば、

脂肪の燃焼効果が高まり

減量に繋がる。

という事が分かります。

 

これこそが、

正しい

糖質ダイエットの本質

なんです。

 

スポンサーリンク

▼絶対に実践しないで!!糖質制限で一番してはいけない事!!

 

これは最大にして唯一の注意点!!

 

【糖質制限ダイエットでも、

脳の働きを低下させないよう

適切な量の糖質を摂取する】

 

という事は常に意識して下さい。

 

間違っても、

高い効果を期待して

糖質を除去するような事は、

絶対に行わないで

下さい!

 

本来の正しい

糖質制限ダイエットでも、

糖質の摂取に注意を払うよう

喚起はしますが

決して完全に除去しなさい

とは言っていないんですよ。

 

◆糖質を完全に除去してしまうと…

 

もし仮に、

糖質を完全に取り除いた

食生活を行った場合…

待っているのは後悔と苦痛だけ

です。

 

無理な糖質制限の先には、

激しいリバウンドや

心筋梗塞・脳梗塞、骨粗鬆症など、

あなたの未来を脅かす

深刻な疾患に苦しめられる可能性が

潜んでいます。

 

糖質制限に限らず、

極端な制限を設けて

行うようなダイエットの

多くに言える事ですが、

その時は一時的に理想のスタイルを

得られるかも知れません。

 

ですが、それは

一時的なものに過ぎません。

 

身体に強い負担を強いる

ダイエットでは、

理想的なスタイルを維持する事は

限りなく不可能に近い

と思って下さい。

 

スポンサーリンク

▼体脂肪率から見る摂取するべき糖質量の目安

 

では、ここで

ひとつの基準として

一日を通して

激しい運動をしない大人が、

【一日に摂るべき糖質量】

を挙げてみます。

 

成人男性が一日に必要とする糖質量
→    330g
(体脂肪率15~20%程度の普通体型の場合)

 

成人女性が一日に必要とする糖質量
→    270g
(体脂肪率20~25%程度の普通体型の場合)

 

もしもあなたの体脂肪が、

上に記載した

普通体型の体脂肪数値よりも高いなら、

摂取する糖質は表記よりも

少なめが理想

です。

 

逆に、数値が低い場合は

糖質制限ダイエットの必要性がない

身体である事が

医学的に証明されている

という事になるので、

 

ダイエットを行う事自体を

考え直す必要があります。

 

◆糖質を摂取する時のコツ

 

この項では、

 

必要最低限の糖質…

それを摂取する時に実践して欲しい

コツをあれこれ伝授していきます!!

 

「適切な量の糖質をこまめに摂取する」
…1日3食と間食を含めて、
少量ずつ摂取する方が効果的

です。

 

◆主食の糖質量目安

 

○お茶碗1杯 …約50~60g
○食パン1枚 …約50g
○パスタ1人前 …約50~60g
○うどん1人前 …約50~60g

※上記数値はあくまでも目安です。
商品や原材料により
数値が大きく異なる場合があります。

 

→見て分かるように、

主食に含まれる糖質には

大きな差がない事が

ほとんどです。

 

これは、裏を返せば

どの場合でも、

まどろっこしい事は考えずに

いつもの7割程度の量を

意識して食べるだけで効果的

だという風に解釈する事も

出来ますね。

 

◆糖質が少ないおすすめの食材

 

◎ごま油 …0g
◎塩(大さじ1) …0g
◎マヨネーズ(大さじ1) …0.2g
◎生わかめ(10g) …0g
◎魚全般 …0~0.5g
◎肉全般 …0~0.5g
◎卵 …0.5g
◎アボカド(半分) …0.6g
◎ほうれん草(一束) …0.1g
◎しめじ、まいたけ(100g) …0.9g

 

→魚や肉は糖質が少ない事で有名!

 

加工品は避け、薄味を心掛け

魚・肉もバランスよく摂取

しましょう。

 

実は、豚バラ肉は脂身があっても

糖質は低めの0.2gです。

 

まいたけや卵と炒めたり、

ほうれん草と一緒に

冷しゃぶにするのがおすすめです!

 

◆摂取は控えめに、注意するべき食材

 

●根菜類全般
●バナナ
●りんご
●調味料全般

 

ニンジンや玉ねぎ、

ジャガイモなどの根菜類は

どれも糖質が高めです。

 

摂取する量は

控えめがいいでしょう。

 

どうしてもある程度の量が

食べたい時には、

主食の量を調節するのも

いいですね。

 

◆栄養素はバランスよく摂取するよう意識する

 

この記事で紹介した食材を

ひとつの目安として、

 

糖質が多く含まれる食材も

うまく取り入れながら

まんべんなく摂取するよう

心掛けていく事が大事です!

 

多くの食材を摂取する事が

前提であるこの方法では、

すぐには効果が出ないかも

知れません。

 

ですが、

継続する事で無理のない

あなたの身体に適した量の

減量が可能です。

 

効果が出始めるまでの間は

メンタルコントロールが難しい

と思いますが、

将来的なリスクを考えれば

この方法は

健康面、精神面どちらをとっても

理想的な方法であると言えます。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

正しい糖質制限ダイエットで重要なのは、

 

【糖質を“摂取しない”のではなく、

取り過ぎないように制限をする】

 

という事です。

 

糖質は私達にとって

必要不可欠な存在です。

 

完全に除去する事は、

脳梗塞や心筋梗塞などに至る事もある、

とても危険な行為なんだという事を

覚えておかなくてはなりません。

 

糖質量の多い物、少ない物を

うまく組み合わせて摂取していく事で、

将来的にも健やかな美を

保つ事が可能になります!

 

コメント