野菜の旬と選び方、保存方法まとめ♪~にん・たま・じゃが編

食べる・作る
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

あなたは、

“にん・たま・じゃが”

って聞いたことありますか?

 

私は、

数年前にある雑誌で目にした言葉なんですが、

 

“主婦の味方で、

どんな時でも助けてくれる

無敵のヒーロー”

 

との事でした。

 

そのあおり文句も、

彼らの正体を知れば納得。

そうです、その正体は

【ニンジン・玉ねぎ・ジャガイモ】

の三つです。

 

 

この三つの食材、

本当に使い勝手が良いいんですよね!

そんなヒーロー達、

最近は収穫量が不安定な為に

かなり高いお値段で売られています。

 

我が家でも

買い物に行くたびに買っていた彼ら…

今では2週間に一度1袋を買い、

それを時間をかけてチビチビと消費…

というなんとも切ない使い方をしています…。

 

でも、そうしていると時々

『意を決して買った物が食べる前に傷んでしまう』

という、誠に悲しい事件に遭遇してしまいます。

 

私は思います。

あの悲しい事件を無くしたい!!と。

あなたのお宅の台所でも起こりうる

あの大惨事、なんとか防ぐ事は出来ないのか!!と。

 

という訳で、ちょっと…いえ、

だいぶ大袈裟になりましたが^^;

今回は、

【にん・たま・じゃがの旬と、適した保存法】

をまとめてみました!

 

スポンサーリンク

▼まずは保存環境についておさらい!

 

最初は、私達が知っているようで、

実は曖昧な保存環境について、

Q&A方式でまとめてみました!

 

Q:よく聞く冷暗所ってどんなところ?

 

A:冷暗所って聞くと、

なんだか難しい言葉のような気がして

ちょっとピンときませんよね。

冷暗所を詳しく解説すると…

『常温よりも低い温度を維持している』

『直射日光の当たらない場所』

の事です。

 

Q:常温よりも低い温度ってどのくらいなの?

 

A:ボーダーラインは、

15度辺りです。

15度以下の環境を探しましょう。

冬場なら台所にラックや収納袋を用意して

入れておくだけでOKです。

 

Q:夏場でもエアコンを入れておけば冷蔵庫に入れなくてもいい?

 

A:夏場は強い日差しの影響もあり

台所も温度が不安定になります。

夏場は野菜室に入れるのが得策です。

その際は、新聞紙やビニール袋で包んで

野菜が冷え過ぎないようにする事も大切ですよ!

 

スポンサーリンク

▼ニンジンの旬と選び方、賢い保存方法はコレだ!

 

ニンジンは旬の期間が長く、

8月~10月頃を除いてはどの季節も旬と言えます。

 

選び方:

全体的にオレンジ色が濃い物

を選びましょう。

上部の軸が緑色で小さい物

の方が柔らかく美味しいです!

 

保存方法:

寒い時期は冷蔵庫に入れなくても

冷暗所で保存可能です。

 

~冷蔵庫で保存~

○新聞紙などで包んで野菜室へ

※湿気に弱いので水分の調整をする為に
新聞紙は必須です!

~冷凍で保存~

○生のまま冷凍保存も可能

※まるごと凍らせると調理がすごく大変です!!
食べやすく切った状態で密封し保存しましょう!

 

スポンサーリンク

▼玉ねぎの旬と選び方、賢い保存方法はコレだ!

 

玉ねぎも旬が長く、
真夏と真冬以外は旬と言ってもいい食材です。

 

選び方:

丸く重い物は水分を保っていて美味しいです。

皮にツヤがある物を選びましょう。

 

保存方法:

湿度が高いとすぐ傷むため、

出来れば冷蔵庫ではなく

冷暗所を探して保管

するようにしましょう。

 

~冷蔵で保存~

○ビニール袋に入れ、野菜室へ

※使いかけの物は、
ピッチリとラップをして野菜室へ

 

~冷凍で保存~

○生のままでも冷凍は可能

※生のまま冷凍するよりも、
炒める茹でるなどのひと手間を加えた方が
格段に美味しいです。
みじん切りを炒めておけば
煮込み料理やカレーなどに活用できて◎ですよ!

 

スポンサーリンク

▼ジャガイモの旬と選び方、賢い保存方法はコレだ!

 

ジャガイモの主な旬は、

秋から冬にかけてです。

実はジャガイモは、

品種によって

調理法の向き不向きがあります。

 

一般的に出回っている男爵いもは、

ポテトサラダやコロッケなどに向いている

ほくほくとした歯触りの品種です。

 

選び方:

しっかりとした硬さと重さがある物で、

皮が薄い物がおすすめです!

 

保存方法:

夏場のみ冷蔵庫で保存するようにし、

それ以外の季節は、

冷暗所を探して保存しましょう。

○風通しのいい冷暗所に保存しましょう。
※日に当たると芽で毒素が生成されるので
くれぐれも日陰で保存するように!

 

☆ちょこっと豆知識:
りんごと一緒に保存すると、
りんごが発するエチレンガスの作用により
美味しさを長持ちさせる事が出来ます!

 

~冷凍で保存~
○必ず加熱し、マッシュ状にして密封

※生のまま冷凍すると組織が壊れて水分が抜け、
中身がスカスカになってしまいます。
冷凍する前にマッシュしておく事で質も維持出来ます。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

最強食材、にん・たま・じゃが

これで余すところなく

時間をかけて消費出来ますね!!

 

この3つの食材は、

どれも基本は

冷蔵庫ではなく冷暗所で保存

するという事がポイントです。

 

その上で、

夏場は野菜室へ、

長期保存をする場合は

ひと手間加えて冷凍庫へ

という様に保存環境を変えていけば

傷むのを遅らせる事が出来ます。

 

ほぼ一年中美味しい

にん・たま・じゃが

これからもどんどん活用したいですね!!

 

 

 

コメント