【ゾゾゾ】今だからこそ知りたい!《ゾゾゾ》が指示される理由

【ゾゾゾ】
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

今回は、

先日私が【いもんた回】を

視聴した後に気付いた

“とある変化”

についてのお話から

始めていきます。

 

事の発端は私のツイート。

 

 

これはまさに私の独り言(呟き)

だった訳ですが、

 

最終的には

ブログ用アカウントの

ツイートとしては

最大数のいいねを

頂戴しました。

 

本当に有難いです!!

 

で、色々考えていたら

ふとこんな疑問が生まれました。

 

ゾゾゾの魅力って

どこから来てるんだ?

 

変わり続けながら

変わらない魅力で

私達を惹きつけるゾゾゾ……。

 

その根源には

いったいなにが

あるのでしょうか?

 

今回は、

ツイートのテイストを

引っ張って、

ちょっと偉そうな語り口で(笑)

ゾゾゾさんの魅力について

語っていきます!!

 

スポンサーリンク

▼『動画』を【作品】に変えた品の良さ

 

実のところ、

初期のゾゾゾには

効果音やテロップ
(俗に言うエフェクト)

が比較的多く

挿入されている。

 

特に最初期の

《石神井公園回》

においては

効果音が特に多く、

 

現在の最新回と比べると

かなり賑やかである

言っていいだろう。

 

また、

テロップに使われている

文字色・サイズも、

白で小さめが基本

という現在に比べて

バリエーションが多く、

 

全体的に暗い映像である分、

視覚、聴覚共に

効果が目立ち過ぎている

印象を受ける。

 

都心の心霊スポット!石神井公園が不気味すぎてヤバい!

 

__だが、

回を追うごとに

それらのエフェクトは

徐々に減少していった。

 

省かれていく効果音に変わり、

動画内で存在感を強めたのが

【無音】と【スロー】

である。

 

言い知れぬ不安を感じる

と言われる事も多い

無音状態は、

 

作中において最も効果的

と思える場面に挿入

されており、

 

その合間に

スローモーションが

より穏やかな品を漂わせ、

映像に情緒的な雰囲気を

閉じ込めている。

 

不意に訪れる無音に

視聴者は毎回息を呑み、

スロー映像に目を奪われ

身体を硬くする。

 

それはまさに、

霊的な恐怖を演者と共に
肌で感じている

そんな没入感を引き起こす

絶妙な演出と言えるだろう。

 

特に、

サブチャンネル

【ゾゾゾの裏面】で

公開されている

【捨てられた心霊写真回】

で生み出された無音は

秀逸の一言である。

 

あれはまさに

恐怖と不安の象徴

と言えるものだった。

 

我々が決して体験できない

非日常を決して騒ぎ立てる事無く、

這い寄る様にゆっくりと

味わわせてくれた。

 

ゾゾゾは静かに確実に

作品に変化をもたらし続け、

今や何人にも

真似の出来ない

品位を保った独自のスタイルを

築きつつある。

 

【閲覧注意】拾ったら死ぬ…心霊スポットに捨てられた噂の写真を追え!謎の一軒家を巡る恐怖の全記録

 

スポンサーリンク

▼『作品』が【番組】になり得た真の理由

 

今やチャンネル登録者数が

50万人に迫るゾゾゾは、

配信スタート時から

“全24回”

であると明言していた。

 

実際、

継続的な番組構成を

匂わせる事も無く

最終回までを完走し、

 

多くのファンに

惜しまれながら、

その幕を閉じた。

 

その後、

終わりを惜しむファン達は

繰り返し動画を視聴し、

ゾゾゾの存続を願った。

 

他でもない筆者も、

毎日のように

何度も何度も視聴した。

 

【必ず続く】

そんな祈りにも似た

願いを込めて。

 

そして。

 

わずかな空白ののち、

ゾゾゾはセカンドシーズンの

幕開けをファンに告げた。

 

それは、

ゾゾゾの『映像作品』

より確かな流れをもった【番組】

へと姿を変えた瞬間だった。

 

こうして大々的に

セカンドシーズンの

スタートを約束したゾゾゾは、

以降一切手を抜く事はなかった。

 

イベントやグッズ販売、

他チャンネルとのコラボや

サブチャンネルでの特別番組など、

畳みかけるような

プロモーション活動を

行ったのだ。

 

そして、

動画を投稿しないまま

ファンを増やし続け、

再生回数を稼いでいった。

 

なぜこんなにも

ゾゾゾが魅力的なのか__。

 

その理由のひとつに、

【演者の魅力】

がある。

 

ゾゾゾに出演するメンバーは、

共通点が少ない

個性的なキャラクター

と思われがちだ。

 

だが、実のところ

彼らは非常に重要な

共通点を持っている。

 

◆声量・音域・速さの統一感

ゾゾゾのメンバーは皆、

番組中は基本的に

常に一定の

大き過ぎず、高過ぎない声量

を維持している。

 

イヤホンで視聴する事も多い

“心霊”というジャンルにおいて、

これはとても重要なポイント

である。

 

また、

話す速度も似通っている為

会話が聞き取りやすく、

スムーズに内容が入って来る。

 

緊張と隣り合わせの

静けさと聞き取りやすさ

臨場感や恐怖を増幅させる事は、

もはや周知の事実といえよう。

 

【前編】SIREN(サイレン)羽生蛇村の岳集落・廃村に潜入スペシャル!史上最大の危機が番組を襲った!

 

【前編】封印された心霊スポット!赤い部屋・解禁スペシャル
スポンサーリンク

落合陽平が築いた【ゾゾゾの品格】

 

ゾゾゾを語る上で

欠かせない事のひとつに

【笑い】がある。

 

ゾゾゾにおける笑いは、

とにかく品がいい。

 

誰かをおとしめる事はなく、

痛い思いもしないし、

させない。

 

視聴者を含めた全ての人が

自然に口角を上げる事が出来る、

平和で上品な笑いなのだ。

 

それに欠かせないのが、

メインパーソナリティーの

【落合陽平】である。

 

この男は

経営者としての顔を持ち、

自身も専門知識を武器に

講演などを行った事もある

非常に優れた人間だ。

 

にもかかわらず、

下ネタが大好きなのだ。

 

息を吐くように

下ネタを口にする。

 

だが、

その下ネタには

不思議と下品さがない。

 

筆者はこれまで、

あんなにも平和に下ネタを

ぶち込んでくる人間には

会った事がない。

 

そして、

あんなにもはっきりと

下ネタを言う男性を

愛おしいと感じた事など、

ただの一度もない。

 

だが、

落合陽平という男は

本当に愛おしい人間だ。

 

自然と人を惹きつけ

周囲を明るくする…

そんな不思議な力を

持っている。

 

恐らくゾゾゾの面々も

同じ様に思っているはずだ。

 

ゾゾゾという団体は、

落合陽平が中心

なのである。

 

ディレクターである皆口氏からは、

落合陽平という男が

好きで好きでたまらないという

気配が醸し出されているし、

 

演出補の内田氏は、

落合の個人チャンネルに度々出演し、

楽しそうな姿を見せている。

(もはやレギュラー出演中)

 

スペシャルゲストの長尾は

登場回数が少ないながらも

落合に頼られるシーンも多く、

信頼関係が伺える。

 

新メンバーとして

迎えられたばかりの

山本氏はこう語る。

 

 

ここで言う

『某団体のメインの人』とは、

他ならぬ落合陽平、

その人である。

 

このやり取りを垣間見るだけでも、

ゾゾゾの

メインパーソナリティーの魅力と

彼を取り巻く環境の良さが充分に

伝わって来るのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

ホラーエンターテイメントとして

確固たる地位を築いたゾゾゾが、

なぜこんなにもファンを

増やし続ける事が出来るのか。

 

その理由は

【品の良さ】にある。

 

撮影時から生まれる

出演者の輪と、

視聴者を飽きさせない

演出と効果の数々……。

 

それらの中心に居る

メインパーソナリティ・

落合陽平の魅力が、

視聴者のみならず

出演者までもを惹きつけ

番組の継続させている。

 

彼の屈託のない笑顔には

いつどんな時にも

品の良さが見え隠れし、

 

その品格が

チャンネル全体の雰囲気を

より魅力的なものへと

昇華させている。

 

ふざけていても、

どこか憎めない……

そんな独特のキャラクターは、

恐らく誰にも真似の出来ない

ものだろう。

 

これから先も、

その魅力を存分に引き出して

番組を盛り上げてくれる事を

願ってやまない。

 

 

 

 

 

コメント