それって中耳炎かも…!子供に多い『痛みのない』中耳炎に要注意!

子育て
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

私には2歳になったばかりの娘がいます。

娘は、1歳になる頃からずっと

中耳炎と深いお付き合いをしています。

 

娘がかかっているのは、

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎。

 

滲出性中耳炎は、急性中耳炎と比べて

『痛み・発熱』などの

目立った症状が現れない場合が

多いのが特徴です。

 

うまく話が出来ない乳児や、

幼児期までのお子さんのケースでは

深刻化するまで発症に気付かない場合も

少なくない、とても厄介な種類の中耳炎です。

 

滲出性中耳炎の代表的な症状はというと…

鼓膜の奥に膿(うみ)や
分泌された体液が溜まる事で
耳の聞こえが悪くなる

というもの。

 

今日は、

私の娘にもしつこく付きまとっている

滲出性中耳炎について、

【押さえておくべきポイント】

を、私の体験談も交えながら

お話ししていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

▼子供がかかってしまったら…どうやって気付いてあげればいい?

 

これに関しては、

いくつかのチェックポイントがあります。

 

★ 呼ぶ声に振り向かない事がある
★ テレビに近付こうとしたり、
音量を上げようとする
★ 普段から話す声が大きい
★ 耳を気にしている事が多い

 

このどれか、もしくは複数に当てはまる場合は

なるべく早く耳鼻科に連れて行きましょう。

 

ちなみに、

私が娘を耳鼻科に連れて行ったのは

“耳を触る事が増えたから”です。

 

何をしていても、

気が付くと耳に指を入れて

コショコショやっていました。

 

私はそれを見て、

違和感と不安を覚えた訳です…。

 

異常が痛みとして現れないからこそ、

周囲の人は普段の生活の中に現れる違和感を

注意深く探す必要があります。

 

スポンサーリンク

▼耳鼻科には、耳掃除、鼻掃除の為だけに行ってもいい!!

 

娘の違和感に気付いた私は、

近くにある評判のいい総合病院の

耳鼻科を受診しました。

 

そこで初めて、

滲出性中耳炎について知ったのですが…

正直なところとてもショックでした。

 

私は、娘の違和感を真剣に

捉えてあげられていなかったからです。

 

耳を触るのも、

だいぶ前から気付いてはいました。

ですが、恥ずかしい事に

病に発展するような事だとは

考えが及ばなかったんです。

 

呆然とする私に、

担当医はちょっと意外な話をしてくれました。

 

『耳鼻科って、

異常が無い時でも来ていい所なんです。』

耳の掃除や鼻水の吸引だけの為に来る方も

多いんですよ(^^)

…と。

 

子供の異常はいつも小児科に相談していた私は、

耳鼻科の受診という選択肢があった事に

ハッとしました。

 

重ねて、担当医は

「これからは、

耳鼻の手入れはお母さんが

やらなくていいですよ。」

とも言って下さいました。

 

その主な理由としては、

 

■素人が行う耳掃除は危険性が高い

…ふとした拍子に綿棒を入れ過ぎたり、

鼓膜を傷付けてしまう可能性がある。

綿棒が耳垢を奥へ押し込んでしまう場合もある

 

■家庭用の鼻吸い器具では不十分

…高価な物を除いて、

ほとんどの鼻吸い器具は

質・力共に不十分。

無理矢理行うと、危険が増し

子供に恐怖心を植え付ける事になり、

不適切な吸引で鼻の粘膜を傷める場合もある。

 

このような事が挙げられるそうです。

 

たかが耳掃除、たかが鼻吸い…

ですが、

耳鼻科でやってもらうと

やっぱり抜群の効果を発揮します。

 

最近では、

(自分で子供と格闘しながらやるより

何倍もいい!!)

と、思えるようになりました!

 

スポンサーリンク

▼中耳炎は治りにくく、再発しやすい…でも、放置は絶対にダメ!

 

そんな訳で、

娘は2歳になった今現在も

耳鼻科に通っている訳ですが…

 

よくなったと言われた矢先に風邪を引き、

翌週からまた耳鼻科通いが始まる…

 

その繰り返しをしています。

 

滲出性中耳炎は、

治りが遅く、再発しやすい

という本当に手のかかる病です。

 

ココだけの話、

面倒だと感じる事も多々あります、いえ

毎週感じています(*-*)

 

ですが!

ちゃんと通院していますよ!!

 

中耳炎は、

自然治癒を期待して

放置してはいけません。

 

発達時期に耳の聞こえが悪いという事は、

その後の成長にも大きな影響を及ぼします。

 

そればかりか、

放置して中耳炎が悪化した場合は、

子供が物心ついた頃に

手術をしなければならなくなる

可能性もあります。

 

それは可哀想ですよね…。

 

私達大人でも手術と聞くと戸惑ってしまうのに、

小さな子供にそれを

強いらなければならないなんて…。

 

私は、そう考えたら

ちょくちょく耳鼻科に通う事くらい大した事はない

と思えるのです!

 

スポンサーリンク

▼再発の可能性は大!!家庭で出来る予防策はある…?

 

滲出性中耳炎は、

鼓膜の奥に身体から分泌されたものが溜まる

事で起こる症状

なので、

具体的な予防法は確立されていません。

 

あえて言うならば、

 

健康管理

こまめな耳鼻科通院

 

です。

風邪を引きにくくする事で、

中耳炎の発症・再発も防ぐ事ができ、

定期的に専門医に診て貰う事で、

その都度、適切な処置が可能になります。

 

中耳炎は、

耳鼻周辺の器官が発達しきっていない

8歳くらいまでは再発しやすい

覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

滲出性中耳炎の、

治りにくく再発しやすいその厄介な性質…

少しは伝わったでしょうか?

 

一般的な中耳炎のイメージを聞くと、

きっと皆さんが

耳が痛い、耳だれが出る…

などを挙げると思います。

 

だからこそ、

痛みのない滲出性中耳炎には気付きにくい

のです。

 

お子さんの普段の言動にしっかりと注意を払って

家族皆の目で見て、お子さんの違和感に

気付いて欲しいと思います。

 

おかしいな…と思ったら、

なるべく早く!!

かかりつけの耳鼻科を受診しましょう!

 

何も異常がなければ

それでいいではありませんか(^^)

 

一番大切なのは、

手間でも時間でもなく、

子供の健康なんだ!!

 

以上、そう痛感した

私の体験談でした!

 

 

コメント