【ゾゾゾ】2ndシーズンに挑んで欲しい心霊スポット~福岡スペシャル~

【ゾゾゾ】
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

はいっっっ!!

 

Twitterで皆さんに

ちょっと聞いてみた結果……

調子に乗って本格的に……

ゾゾゾさんに言って欲しい

心霊スポットの特集記事を

シリーズ化する事に

しました!!

 

たとえ……

待ってくれてる人が

2、3人だけだった

としても……

期待には応えたいっ!!

 

 

そして、

もしかしたら……

ゾゾゾさんも本当に

参考にしてくれるかも

知れないし……!!

 

少しでも

盛り上がれるなら…

という事で、

今後は定期的……的な

不定期で!!

(どゆこと!?笑)

 

日本全国の心霊スポットの中から

ゾゾゾさんに挑んで欲しい

スポットを独断と偏見で

選んでいきます(^^)/

 

今回は、

心霊スポットしかないの!?

ってレベルに心スポが

密集している《福岡県》

に絞ったスペシャル版♪

 

それではどうぞ!!

 

本記事は
心霊スポットへ行く事を
推奨しているものでは
ありません。
記事内の情報が元で
起こるトラブルには、
一切の責任を負いかねます。
あらかじめご了承頂き
先へお進み下さい。

 

スポンサーリンク

▼太宰府天満宮

 

学問の神様と謳われる

菅原道真が祀られている

太宰府天満宮も、

実は心霊スポット……

というか呪いのスポットと

言われています。

 

受験生が毎年こぞって

参拝に訪れるこの場所に

呪いの影がちらついている

なんて意外……

と思ったら!!

 

そう言えばあの

“将門の首塚”も

パワースポットにして

呪いスポット……

よく似てましたね!

 

太宰府にも首塚同様、

怒りや恨みが燻ぶっている

とでもいうのでしょうか……?

 

ここでちょっと寄り道!

 

今回ご紹介する太宰府天満宮が

なぜ呪いや祟りと密接に関係する

と言われてしまっているのか……

 

その真実をちょこっと

お話ししていきたいと

思います__。

 

 

幼い頃から

“神童”と称され、

あり余る才能を

発揮していた菅原道真は、

 

時の天皇にも

一目置かれる存在として

確固たる地位を築いていたが、

 

それを快く思わなかった

藤原氏の策略により

無実の罪を着せられ、

 

家族とも引き離され……

太宰府に孤独と共に

身を置く事となった。

 

失意のどん底に

突き落とされた道真公は、

 

それでもその命が尽きるまで

身の潔白と安寧の世を天に祈り

その生涯を終えた__。

 

 

太宰府天満宮は
怨念渦巻く土地

そんな風に言われているワケは、

哀しい歴史背景を抱えていたから

なんですね。

 

一人で孤独に……

背負う必要のない罪を背負って

過ごす日々は、

どれ程までに遣る瀬無いもの

だったのか__。

 

そりゃ、

恨んでも恨んでも

恨みきれないでしょうね……。

 

ここで

大切な事をひとつ__!!

 

この場所でも!

決して絶対!!

ふざけてはいけません。

 

清く正しく勤勉である事を

重んじる太宰府天満宮のような

厳粛な場では、

 

『インスタ映え』

などもっての外

です。

 

呪いや祟りを軽んじて

軽率にはしゃいでいると……

 

『ふざけるのよくないって』

そう言われたあの日の二の舞に

なってしまうかも

知れません__。

 

内田さん……

そう、あなたの事です。

 

ゾゾゾメンバーに限らず、

参拝する時には厳粛な気持ちで

臨みたいですね。

 

あの日の思い出を
プレイバックしたい方は
こちらをどうぞ!↓↓

スポンサーリンク

▼旧仲哀(ちゅうあい)トンネル

 

1960年代に起こった

陰惨な連続殺人の現場

となったのが、

この旧仲哀トンネル付近です。

 

ここで起こった殺人は

その後全国的に知れ渡る

連続殺人事件へと発展し、

 

犯人は逃亡する先々で

見知らぬ…罪もない人々を

殺害していきました。

 

この場所では、

殺人以外にもバスの転落事故や

トンネル内での落盤事故なども

発生している様で、

 

併せると数十人の人々が

この近辺で命を落としている

事になるとか……。

 

おそらく今もまだ、

山を降りようと

彷徨っている人々が

大勢いるんでしょうね。

 

不慮の事故が

立て続けに起こった

このトンネル付近では、

女性の霊が出る
狐火や狐の嫁入りを
見る事が出来る

など、何となく

ミステリアスな現象も

目撃されています。

 

ただ、

古くからの言い伝えにもある

狐の嫁入りは

《縁起がいいもの》

とされているので、

 

霊的な恐怖との関連性は

ないとみていいと思います。

 

とはいえ

狐の嫁入り

 

《恐怖ゾーンをレポートする》

というゾゾゾさんですから、

新しい試みとして

真相を探ってみても

いいんじゃないか

と思います!!

 

ちなみに最近は……

旧仲哀トンネルの隣にある

新仲哀トンネルの方でも

事故が多発するように

なってしまった模様……。

 

果たしてそれに、

因果関係はあるのでしょうか__?

 

スポンサーリンク

▼九千部(くせんぶ)山

 

勧めておいてなんですが……

実はこの山自体には

しっかりとした曰くがある

という訳ではないんです。

 

パッと見、

自然あふれる普通の山……。

 

でも、

心霊スポットとして

検索をかけると

名の知れた場所である

という事が分かる九千部山。

 

「曰くも現象も何もないのに

心霊スポット…?」

 

そう思って

詳しく調べてみたら……

 

あまりにも不気味な……

この山に関するこんな民話を

手に入れる事が出来ました。

 

かつて、

病と天候不順に苦しむ

ふもとの村を救うため

ひとりの僧侶が

この山に籠った。

 

僧侶は、

この村と村人を救うべく

49日間で1万部の法華経を読む

事となったが、

 

経が九千部を越えたところで

白い蛇に遭遇した。

 

白い蛇は瞬く間に

美しい女の姿と化して、

僧侶を惑わせた。

 

僧侶は誘惑に負け

命を奪われる事となり、

山籠りは失敗に終わった__。

 

のちにこの山は

【九千部山】

と呼ばれるようになった。

 

この話、

さぁっと聞くと

「へ~、ふーん。」

な感じなんですが、

 

私は何となく……

色々と不穏な気がするんです。

 

だって……

経を読む日数が49日
(不吉!)
僧侶は最終的に惑わされ
命を奪われている(人柱?)

 

こう照らし合わせてみると、

山自体にちょっと不気味な

雰囲気がありません……?

 

深読みするときりがないので

これ以上は広げませんが、

何となく……

不謹慎なんですが……。

 

この山には

【白蛇(神?)へ捧ぐ人柱】

そんな言葉が似合うんじゃ

ないかな……なんて

思ってしまったんですよね……。

 

補足情報ですが、

九千部山の山中に

民話の中で登場する僧侶が

横たわっていた

と言われている場所が存在しており、

その場所には実際に

経塚と供養塔が

建てられています。

 

その辺りで

実証実験をすれば……

 

誰かの気配がしたり

経が聞こえてきたり……

 

あるいは、

白い蛇のような不可解な影を

捉える事が出来たりするかも

知れません__。

 

土地に根付いた恐怖を

暴いて行くなんて、

【新しいゾゾゾ】

って感じがして

ゾワゾワしませんか?

 


気になるポイント

2014年9月、
九千部山で一人の男性が
遭難しています。

一度は携帯が繋がったものの
その後連絡は取れず、

(あれ?……これ、
ゾゾゾさんが足を踏み入れた
どこかの廃村で見舞われた
戦慄によく似ている様な……。)

結局現在も、
遺体は見つかっておらず
行方不明のまま……

そこで報道も途絶えて
しまっているようです。


 

ゾゾゾの皆さんには、

是非無事に帰還して欲しい

ものです……。

 

ゾゾゾ最大の戦慄は
こちらから↓↓

 

スポンサーリンク

▼十三佛

 

この場所は

古くからの修行場

のような空間で、

 

無数の地蔵や石仏が

森の中の一角を

取り囲むようにして

立ち並んでいる場所です。

 

ここも全国的にかなり有名な

心霊スポットで、

足を踏み入れた者が口々に

「絶対に行かない方がいい」

と語るほど恐ろしい場所です。

 

奇しくも

この十三佛にも

色々と不思議な事が

起こっている様で……?

 

なんでも、

十三佛に“心霊目的”

訪れた人の多くが、

同じ目に遭っているとか……。

 

それは、

“近付いた途端に
雨が降り出す”

現象。

 

しかもいつも小雨__。

 

至る所で

“音も無く降り出した雨で
不気味さが増した”

という話を見つける事が

出来ました。

 

ですがそれに対して

観光や鑑賞を目的とした

ブログや情報誌には、

そのような記述は

あまりなく……。

 

仏様の意思が働いての事

なんでしょうか……。

 

招かれざる者の頭上には

雨が降り注ぐのかも

知れませんね。

 

そんな十三佛で一番

圧倒的な威圧感があると

言われているのが、

 

森の奥で口を開けている

小さな洞窟

 

洞窟内はとにかくびっしり、

石仏の類で埋め尽くされている

そうです。

 

ジメッとした

小さな洞窟内に

ひしめき合う石仏……

 

その迫力に誰もが言い知れぬ

不安を感じ言葉を失うそうです。

 

何とも言えない

張りつめた緊張感を味わえる

この周辺では、

お地蔵様を傷付けると呪われる
ひとりでに石仏の位置が変わる
自我を失う
事故に遭う

などなど、

 

どちらかというと

霊というよりも

石仏や地蔵が関係している

ような現象が

数多く目撃されている

と言われています。

 

破壊され首がなくなった

地蔵や石仏も多く、

見られているはずがないのに

誰かの視線を感じる

そんな話もチラホラ

目にしました。

 

この場所に

負の感情が満ちている

のは間違いなさそうなので、

 

洞窟肝試し……

その際には相当の覚悟が

必要そうです__。

 

補足になりますが、

この場所には

白い服を着た女性の霊がいる

とも言われており、

彼女もまた

かなり恐ろしいという噂……。

 

くれぐれもご注意

頂きたいですね!!

 

という訳で予期せぬ衝撃に
肝試しどころではなくなって
しまった回はこちら!↓↓

 

スポンサーリンク

▼犬鳴峠周辺

 

ハイっ!!

きました!!

 

心霊好きなら絶対外せない

犬鳴!!!!

 

この地域には、

都市伝説として騒がれている

あの“犬鳴村”があると

噂されています。

 

『この先、日本国憲法通じません』

という看板が

道しるべになるその村は、

 

今でも独自の発展を遂げ

自給自足の生活をしており、

村に近付く者には容赦なく

刃を振るう……という話。

 

詳しい村の全容や

現在の実情は

一切不明。

 

現代とは完全に切り離され、

地図からも消された

恐怖の村__。

 

だそうですが……。

 

信頼度の高い資料からは、

都市伝説にある犬鳴村は

やっぱり発見出来ません

でした。

 

歴史的資料によると、

この犬鳴峠一帯にはかつて

『犬鳴谷村(いぬなきだにむら)』

という名の村が

実在していたそうです。

 

実在していた犬鳴谷村では

木炭や和紙の製造を行い

村全体としても栄えていた

そうなんですが、

 

ダムの建設により村の大部分が

湖底に姿を消す事となり

村人たちも村を去っていったので、

現在は村の跡地すら

存在していません。

 

つまり、

全ては闇の中__。

 

今回犬鳴峠の探索に関して

色々と調べてみたからこそ

言うんですが……

 

はっきり言ってしまうと

行かない方がいいな

と思いました。

 

その理由は

怖いなんていう

生やさしいものじゃなく、

 

周辺が本当の意味で

身の危険、命の危険に

繋がる場所になってしまった

からです。

 

現在の犬鳴峠周辺は、

都市伝説で注目を集めた事から

とても治安が悪くなって

しまったそうなんです。

 

その治安の悪さは

都市伝説の恐怖の

上をいくものだそうで、

 

周辺の治安の悪さの方が

よほど恐ろしい

と言われているくらいです。

 

それこそ

法律を順守していない……

 

違う意味で日本国憲法が

通用しない危険な方々

と鉢合わせしてしまう

可能性もあり得るので、

 

ゾゾゾを愛する私としては

そういう危険には

遭って欲しくないな

と切に思うんですよね……。

 

出来るだけ長く

ゾゾゾを楽みたいし、

ゾゾゾの皆さんにも

楽しんでもらいたい

ですから……(T‐T)

 

まぁ、

そこまで危険な場所なら

我らが皆口Dが

ゴーサインを出さない

とは思いますが……。

 

◆旧犬鳴トンネル

 

最後にご紹介するのが

正真正銘…言わずと知れた

最恐心霊スポット!!

 

《旧犬鳴トンネル》

 

ここは、

1980年代後半に

このトンネルで起こった事件が

あまりに残虐過ぎた事で、

 

一躍心霊スポットとして

注目を浴びるようになった

曰く付きにも程がある場所です。

 

実際に行くと

誰かに呼ばれている様な
気がする
取り憑かれる
交通事故に遭う

など、

 

何かに誘われる様な、

惑わされる様な現象が多発する

ようです……。

 

犬鳴峠周辺では

頻繁に事故や事件が起こっており、

一部ではそれらに霊的な力が

関与しているのではないかという

声も上がっているほど。

 

__連れて行かれてしまう

んですかね。

 

現在は完全に通行止め、

内部にも入る事は出来ない様です。

 

こちらも峠同様、

治安が悪化している

そうなので候補に上がる事は

難しいかも知れません。

 

……というかやっぱり

行って欲しくないです……。

 

深刻な何かがあったら

怖いですから……

ホントに(>_<)

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

いやぁ、福岡県……

ほんとに手強い所でした!!

 

福岡県には

今回ご紹介したスポット以外にも

本当に沢山の魅力的なスポットが

ひしめき合っていました。

 

……ほんとはね、

今回は九州・沖縄合併号

にしようと思っていた

んです。

 

でも福岡がすごいし

なんなら沖縄もすごいし…

併せた中から

おすすめを絞るなんて

不可能!!

という事になり、

 

そんな経緯で今回は

《福岡スペシャル》

なった訳です。

 

それでもホントに

大変だった……。

 

最後の最後まで、

どこにしようか

悩みに悩まされましたから!!

 

ゾゾゾさんは

一体どこに行ってくれる

んですかねぇ♪

 

全国のゾゾゾファンのワクワクは

まだまだ尽きなさそうですね!!

 

さて、当ブログでは

今後も不定期に……

 

でもなるべく

2ndシーズンが始まるまでに!!

 

日本全国の心霊スポットから

ゾゾゾさんにおすすめしたい

とっておきスポットを

特集していきたいと思います!!

 

あ、ちなみに

当ブログのオリジナル企画……

百物語の更新も続きます!!

 

今後ともよろしくお願い

致します(^^)

 

☆募集中☆
本ブログのTwitterアカウントの
フォロワー100人達成を記念して、
皆さんから恐怖体験を募集しております♪
詳細はこちら↓↓

 

※画像使用元
yumeyumeさんによる写真ACからの写真

コメント