【みんなで綴る百物語】~壱の灯り~

企画
スポンサーリンク

おやおや…

こんばんは。

 

あたしは、

一人でこの座敷に住まう

“しの”ってもんさ。

 

あんたの名前は

なんて言うんだい?

 

…あぁ…やっぱりいいや。

 

どうせあんたもすぐに

ここから去っていくんだろうから、

名前なんざ聞かない方が

マシってもんだね。

 

なに?

 

ここがどこかって?

 

ここはね、

ちょいと変わった場所

なんだよ。

 

ずぅっと丑三つ時のまんま…

時間が止まっちまっているんだ。

 

時々あんたみたいに

どこからか迷い込んじまう人間も

いるにゃぁいるんだけど…

 

みぃんな、

この宵闇を怖がっちまってさ。

 

あたしの話も聞いて行かずに

どこかへ消えちまうんだよ。

 

ねぇ、あんた。

 

あたしのとっておきの話を

ひとつ聞いて行かないかい?

 

もし黙って聞いてくれたら、

あたしがここから出る道を

教えてやろうじゃないか。

 

どうだい?

 

__じゃぁ決まりだ。

 

……おっと、

忘れるところだったねぇ。

 

話をするなら__、

ろうそくがなくっちゃぁねぇ。

 

スポンサーリンク

▼《壱の灯り》:夢うつつから私を引きずり出した警告

あれは、

今になっても
理解する事が出来ない…
本当に不思議な体験でした。

気が付くと、
私の目の前で『私』が
顔を突っ伏して
眠りに落ちていたんです。

あぁ、もしかしたら…
気を失っていたのかも
知れません。

なにしろその時の私は
ぼんやりとしていて、
まるで酔っ払った時のような…

何が何だか分からない
ふわふわとした気持ちに
なってしまっていましたから。

でも、
そんな私にもひとつだけ
妙にはっきりと
分かっている事がありました。

それが何かというと、
《私は今、魂だけの存在なんだ》
という事。

この時私に起きていたのは、
俗に言う“幽体離脱”
という現象でした。

身体から魂が抜け出て、
自由に動く事が出来る__。

その感覚は、
何とも言えない気持ちよさ…
とも言えて、

反対に
得体の知れない気味悪さ…
とも言える不思議なものでした。

そして、
文字通り“軽くなった”私は
強い好奇心に駆られ、

『このまま
もっと遠くへ行ってみたい』

そんな思いが溢れてくるのを
感じたんです。

自分の中の何かに
「行こう、行こう」と
急かされている様な
気にもなりました。

はやる気持ちを抑えながら
私がまさに浮足立って、
玄関に向かって進み出した
その時__。

廊下の角から突然、
全く面識のない
“誰か”の顔が現れたんです。

鉢合わせしたその瞬間、
“誰か”は私に向かって
大きな叫び声を
浴びせてきました。

その“誰か”の表情からは、

必死にもがきながら
私に何かを
伝えようとしている__。

そんな鬼気迫るモノを強く感じ、
思わず私は身体を震わせ
きつく目を閉じました__。

そして、
辺りが急に静かになり
そっと目を開いた時__。

私の魂は、
何事もなかったかのように
身体に戻っていたんです。

ほんの一瞬
おかしな夢を見ていただけ…

そんな風に片付けようか
とも思いましたが…

バクバクと脈打つ激しい鼓動は、
アレが夢ではなく
現実のものだったんだと
私に繰り返し伝えてきている
そんな気がしました。

そして私は必死に
考えを巡らせてみたんです。

“今のは誰だったのか、
そして一体何だったのか……。”

でもその答えは、
今もまだ見つかっていません。

ただ、今になってみると
こんな風に思えるんです。

あの時の“誰か”は、
身体から離れ過ぎた私(魂)を
助けてくれようとしていた

んじゃないかって。

その証拠に…
あの時の私は
驚いてはいましたが、
不思議と『怖い』とは
感じていなかったから__。

スポンサーリンク

▼結び

 

この話はさ、

ついさっきここへ迷い込んだ

魂…いやいや、

人間から聞いた

可笑しくて怖い本当の話

なんだよ。

 

それにしても…

帰って来られて

良かったよねぇ。

 

“誰か”さんが

助けてくれなかったら…

そう考えると、

あたしはゾッとするよ。

 

幽体離脱…なんてもんは、

しないに限るからねぇ。

 

なにしろ、

肉体と魂の繋がりがもろくなると

ヤツらはすぐに持って行こうと

するからさぁ。

 

__なんだい。

 

あんたも

“ヤツら”がなにか

気になるクチかい?

 

それならほら、

ろうそくを消しなさいな…。

 

もうひとつ、

別の話を聞かせてあげるからさ__。

 

 

☆募集中☆
本ブログのTwitterアカウントの
フォロワー100人達成を記念して、
皆さんから恐怖体験を募集しております♪
詳細はこちら↓↓

※画像引用元
YOU_KAZさんによる写真ACからの写真

コメント