【経験談】スムーズに離婚する為にしておきたい準備まとめ

【悩んでいるあなたへ】
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

この所続いている

離婚関連の話題ですが…

 

すみません、

まだまだあります!!

 

私と元夫の生活は、

自分で言うのもなんですが

かなり特殊だったので、

ありがたい事に離婚ネタには

困っていないんです^^;

 

という訳で

今回お話ししていくのは、

『離婚』の話題の中でも

かなりコアな

“準備”

に関する話です。

 

現代は一昔前に比べて

離婚率が格段に上がっている

のは周知の事と思います。

 

ですが…というか、

だからこそ。

 

離婚後に

思わぬトラブルを抱えたり、

(離婚しなきゃよかった…)

なんて、

残念極まりない後悔を

してしまう方が

増えているんです。

 

そんな方に共通して言えるのが…

《準備不足》

 

離婚は、

結婚よりも体力を使う

なんて言われてますが、

実は体力なんかよりも、

頭の方がよほど使います。

 

スムーズに離婚をしたいなら、

考え、知り…知識を吸収する事から

始めるのが一番確実で堅実です。

 

そんな訳で今回は、

『知っておいて損のない
賢い離婚に向けた準備』

についてまとめていきます!

 

↓関連記事はこちら↓

【経験談】離婚を決めた私の前に立ちはだかった現実と盲点
突然ですが、私には妊娠中に離婚を決断した過去があります。離婚を決意してからは色々な状況を想定し、出来る限り情報を集め準備を整えて行ったんですが、やはり現実は甘くありませんでした。いざその意思を伝えてみると…想像を絶するような問題ばかりが持ち上がってきました。これはその時のありのままの私の記録です。
【経験談】弁護士を雇って離婚した私が経験した3つの事
相手が離婚に応じてくれない…離婚に際して社会的責任を果たして欲しい…離婚したいのに埒が明かない!!__そんな時に頼りたいのがその道のプロ、“弁護士”です。今回は、実際に弁護士を介して離婚した私が経験した3つの事をお話ししています。これから離婚しようと思っている全ての方に有益な経験談です!!
スポンサーリンク

▼離婚の原因に繋がるものは紙やデータに残しておく

 

最近ではもはや常識…

というレベルですが、

離婚の原因に繋がるものは
手元に残しておく

ようにしましょう。

 

◆でも実は…“勝手に盗み見”は厳密に言うとアウト

 

まずここでひとつ、

衝撃的な事実を

お話ししておきます…。

 

あなたがもし、

「離婚をしようと考えた時に
まず最初に思いつく
やるべき事は?」

そう聞かれたら、

何と答えるでしょうか。

 

恐らく大多数の人が

こう答えるはずです。

 

【証拠集め】

 

そう、これはとても重要。

 

離婚する時には、

まずそうするに足る理由として、

相手が認めざるを得ない

証拠を突きつける必要が

あるんですよね。

 

相手のスマホから

浮気相手とのLINEや電話の履歴を

探してみる…なんて事は

みんなが思いつく方法。

 

でも待って、

実は…

自分以外の誰かの
スマホやパソコンなどに
保存されているデータを、
勝手に・無断で盗み見る

という行為は、

厳密に言うと犯罪

なんです。

 

…なんですが、

これって結構

難しくて厄介な問題…。

 

だって、

盗み見た方が
『たまたまLINEの画面が
開いたままになっていただけ』

と言ってしまえば、

いくら見られた方が
「絶対にあり得ない!」
「そんな事ない!」

なんて主張をしたとしても、

無意味な訳ですから。

 

※なぜ無意味なの?

見られた方は気持ちの上では
『絶対にあり得ない』
と思いたいでしょうが、

事実として
“そうであった可能性”
を否定する事は出来ませんし、
開いたままにしていなかった証拠を
示す事も恐らく不可能なので、
水掛け論になってしまう
…という訳。

 

…と、まぁ少し脱線しましたが

これだけは確かと言えるのが…

相手のプライバシーを
侵害する可能性のある手段を使って
離婚の原因となり得る証拠を得た場合、
自分が逆に訴えられたり
損害賠償を請求される事も
充分に考えられる

という事です。

 

いくら離婚に繋がる証拠を

持ちたいと思っても、

相手の同意を得ていない方法で
プライバシーを侵すべきではない

と考えておきましょう。

 

◆焦らず冷静に…千載一遇のチャンスを待つべし!!

 

「じゃあどうすればいいのよ!!」

というそこのあなた…。

 

大丈夫。

深呼吸してから

読み進めて下さい。

 

不倫にしても

ギャンブルにしても、

性格の不一致にしても…

離婚の理由になり得るものには全て、

《油断》

が潜んでいます。

 

人間どんなに気をつけていても、

必ずどこかで気が抜けるものです。

 

不倫相手とデートに行った場所の

領収書を車の中に

落としていたり、

 

ギャンブルで大負けしている事や、

家に生活費を入れていない事を

自慢げに友人に電話で話していたり…。

 

必ず尻尾を出す瞬間があります。

 

その時を逃してはいけません!

 

相手がのんきに出してきた尻尾は、

必ず捕まえておいて下さい。

 

自分のスマホを使い、

その瞬間を動画として

残しておくもよし、

証拠写真を撮っておくもよし。

 

相手が油断するのをじっと待つ

事が説得力のある証拠を

手に入れる事が出来る

一番賢い方法です。

 

ちなみに…

お金の余裕があれば、

探偵さんに頼むのも
方法のひとつ

と言えるでしょう。

(私はしませんでしたが…)

 

スポンサーリンク

▼お金の問題を含めた離婚前後の事を専門家に相談する

 

コレも重要な準備!!

 

プロからの情報収集は、

最低でも1度はしておくべきです。

 

本格的に

弁護士を雇わなかったとしても、

★自分の置かれている状況が
離婚に値するものか
★証拠としてどんな物を
集めればいいのか
★離婚に至った場合、
金銭を請求できるか

など、

プロの視点からでしか

判断できない細かい部分を

教えてもらいクリアにして

おきましょう。

 

ここで簡単に…

離婚の際、相手に請求できる

代表的な請求項目を

上げておきます。

 

法律専門家に

アドバイスを求める際は、

以下の項目に該当しているかも

確認してもらい、

損をしないようにしましょう。

 

●婚姻費用
別居してから離婚するまでの生活費
※別居している間に
金銭の受取があった場合は
請求できない事も
●養育費
子供がいる場合に請求できる
※相手の収入により金額は変動する
●慰謝料
相手側に一方的な過失(DVや浮気など)が
ある場合に請求できる
※性格の不一致、過失の確証がない
などの場合、請求できない事も
●財産分与
2人が一緒に増やした財産がある場合
(積立、貯金、家、車など)に請求できる
※借金がそれを上回る場合は
受け取れない事も

 

何らかの請求が可能な場合は、

万が一の時の為に

それらを約束する協議書や

法的効力が生じる

[公正証書]

などを作成しておく事を

おすすめします。

 

スポンサーリンク

▼別居期間を作れればより離婚が現実的になる

 

さて、

ここが一番の正念場…。

 

離婚に向けた準備の中で

一番大がかりで一番勇気がいる事

といえば…

“別居”

 

もちろん、

先に別居していなくても

離婚を申し出る事自体は

可能ではありますが、

やはりそれでは

説得力に欠けてしまいます。

 

離婚したいという強い思いが

かたまっているのなら、

別居は欠かせない

思っていいと思います。

 

なぜなら…

別居は法的にも認められる
《婚姻を継続しがたい重大な事由》
に当てはまる

から。

 

別居しているという事実は…

法的な観点から
離婚の可・不可を考えた場合、
大きな判断材料になる

という事です。

 

更に言うなら、

同居期間に対して
別居期間がどれだけか

というのも重要なポイント。

 

同居期間よりも
別居期間の方が長い

という実績を積む事が出来れば、

協議離婚に発展した場合でも

離婚に傾く確率は

高くなってきます。

 

これに関しても

お金の問題同様、

専門家に相談してみるのが吉。

 

現状を冷静に判断してくれる

はずです。

 

ちなみに、

当然の事ですが…

別居する前に生活費と家は
確保しておきましょう。

 

今から貯金や貯蓄を始めて

引っ越し費用に充てるのか、

肉親に頼るのか__。

 

ある程度先まで見通せるだけの

資金と環境を確保しておくように

しましょう。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

いかがでしょうか…、

あなたにとって有益な情報を

発信出来ていたでしょうか。

 

最後に少し自分語りを

しておきますと…

 

私ははっきり言って、

離婚までの準備に関しては

結構出来ていた方だ

自負しています。

 

証拠は上手い事

手に入っていましたし、

弁護士さんを雇ったおかげで

かなり円滑に進みましたから(^^)

 

(弁護士さんを雇うまでは
酷い有り様でしたが(笑))

 

…という訳で

色々とお話ししてきましたが、

最後に一応弁解しておくと…

 

私は、

離婚に関する自分の経験談や

今はもう関わりのない人間の…

 

それも、

ごくプライベートな内容を

インターネット上にばら撒く事は、

モラルを欠いた行動であり

歓迎される事ではないという事実を

充分理解しているつもりです。

 

ですがあえて、

それらを心に留めながら

記事を書き起こしています。

 

その理由は
『誰かの旗になりたいから』

 

今、自分の置かれている環境が
苦痛で仕方ない
逃げたくても手段が分からない
こんなにも苦しい毎日を送っているのは
きっと自分だけだ

 

そんな思いで

悩み苦しんでいる人に、

微力ながら…

私の経験という“旗”を通して、
あなたの今の…その先にある
新しい景色を想像してみて欲しい__。

そう思って書いているんです。

 

少しでも…

悩んでいるのは自分だけじゃない

今の自分にも出来る事がある

そう思ってもらえるように。

 

悩み苦しむ人が、

少しでも前を向けるように__、

私は今後も定期的に

自分の経験談をアップしていく

つもりです!

 

コメント