これだけで臭いゼロ!!『おむつが臭わない袋』の驚きの効果をレビュー!!

レビュー
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

こんばんは!

シノです(^^)

 

最近は、

突然夏が来てしまった様な暑さが

続いていますよね…。

 

早くもバテ気味な私ですが、

今日は元気いっぱい

テンション高めに!!

 

全てのママに一度は

使って欲しい、

絶対に後悔しない

とある神アイテム

をご紹介します。

 

その名も__、

 

『おむつが臭わない袋』!!!!

 

もう説明はいりませんね!!?

読んで字のごとく

そのままの意味、

想像通りの使い方の

アイテムです!!笑

 

一見受け狙いのようにも取れる

ド直球な名を冠したこの商品…。

 

その力は本物…いえ!!

本物以上!!

 

さながら、

『手品か魔法かっ!!?』

ってくらいの奇跡的な消臭力

持っているんです。

 

臭いだけにとどまらず、

なんと排泄物に潜む菌まで

逃がさず閉じ込める最強アイテム、

BOSの『おむつが臭わない袋』

完全版レビュー、

覗かないと絶対後悔しますよ!

 

スポンサーリンク

▼そのコスパ…おむつペールと徹底的に比較してみた!!

 

という事でまず最初に、

一番気になるそのコスパについて

一般的なおむつペール
(消臭機能付きおむつ用ゴミ箱)

と、徹底的に比較してみましょう!

 

『おむつが臭わない袋』

□Sサイズ300枚 2500円
(1枚当たり 約8円)


□Mサイズ150枚 1649円
(1枚当たり 約10円)

 

大手育児用品メーカーの
おむつペール(おむつ用消臭ゴミ箱)の
平均コスト

□本体+専用カートリッジの初期費用
2000~2500円程度

□専用カートリッジ1つ
1300円前後
(おむつ100~180個分を処理可能
1個のおむつ当たり13円~7円)

 

その都度交換が必要であり、

本体の購入も必須条件である

『おむつペール(消臭ゴミ箱)』と、

 

ビニール袋以外を一切必要としない

『おむつが臭わない袋』…

 

この2つのアイテムは、
おむつペール本体代を除いて

継続してかかる経費だけを見れば、
それほど大きな差はない

と言えます。

 

ですが、

この二つには

使ってみないと分からない
圧倒的な違い

が潜んでいるんです。

 

その違いとは…

『ビニール袋の節約が
出来るか出来ないか』

という決定的なもの。

 

 

具体的に説明すると、

臭わない袋の場合、

1つのおむつに使用しても、
口を結び直す事で複数のおむつを
まとめて処理する事が可能

なんですが、

 

おむつペールの方は

ひとつひとつを包んで
処理させていく為、
おむつが多ければ確実に
多くのビニール袋を
強制的に使用させられる

事になってしまうんです。

 

そうなれば…

カートリッジ内のビニール袋は
どんどん減っていく

事になるので、

臨機応変に節約する事は

難しくなります。

注意
おむつペールの詳しい性能・使い方に
ついては、本記事には記載致しません。
育児用品メーカー各社のホームページを
ご確認下さい。

 

そんな訳で、

臨機応変に節約しながら

おむつの臭いを処理したいなら…

私は断然!!

『おむつが臭わない袋』

の方をおすすめします!!

 

スポンサーリンク

▼専用のおむつペールは不要=省スペースが実現!!

 

育児用品の準備って、

とっても大変ですよね。

 

時間とお金がかかるのは

もちろんなんですが、

そのスペースを確保するのが

とにかく大変…。

 

ベビーベッドの場所は?
布団にするならどこに寝かせる?
衣類やおむつの収納場所は?

 

育児用品が増えて行く度に、

パパやママが

私物の断捨離を繰り返す…

なんておうちも

珍しくないほど。

 

ですが…

そんな風に色々と手放してまで

スペースを作って設置した

愛しい我が子の育児用品でも…

実際はあっという間に
使わなくなる

のが現実です。

 

《買ったけどすぐに使わなくなった・
買った後に後悔した育児用品》

 

その代表格こそ、

おむつペール

だと言われています。

 

実際に、

おむつペールの使用について

私の周囲の先輩ママさん達にも

聞いてみたところ…

 

『あったらあったで
良かったのかも知れないけど、
別になくても何とかなった。』

『買ったけど使ったのは最初だけ。
段々処理が面倒になり邪魔になった。』

『おむつペールよりももっと
必要に迫られるものが沢山あるから、
最初から買う選択肢がなかった』

 

などなど、

なかなかシビアな返答ばかりを

頂く事となりました^^;

 

スポンサーリンク

▼新生児期から愛用した私の超個人的レビュー!!

 

では、最後に

 

超個人的な…

私が思う

『おむつが臭わない袋』の

ここが素晴らしい!!

 

を評価したい点と、

私が使った感想などを

併せてご紹介しておきます♪

 

◆びっくりするほど臭わない!!

 

実は、

今回おすすめしている製品以外にも、

色々なメーカーが

『おむつ処理用のビニール袋』

を製造・販売しているんですが、

 

正直言って…

どれもやっぱり臭いました…。

 

でもこの

『おむつが臭わない袋』は…

やっぱり違ったんです!!

 

本当に全く臭わなかったです!!

 

一度おむつを入れた袋に

わざと鼻を寄せてみた事が

あったんですが、

やっぱり臭いませんでした。

(よい子とそのママは
決してやらないように!)

 

他の製品とは比較にならない

質の良さでした。

 

新生児のうんち特有の臭いも、

離乳食が始まって以降も、

酷い下痢をしていた時でさえ、

全く臭いが気になる事は

ありませんでした!

 

ちなみに…

我が家では生後6カ月位まで
紙おむつのゴミ箱は普通に
リビングに置かれていましたが、
一度として意義を唱えられる事は
ありませんでしたよ♪

(口を縛ったビニール袋は、
スリーコインズで買った
フタ付き収納ケースに
まとめていました(*^^)v)

 

◆袋自体の耐久性も◎!!

 

『おむつが臭わない袋』は

臭わせない事に執着して、

ビニールを厚くしていたり

不自然な臭いを付けている

という訳ではありません。

 

ごくふつうのビニール袋と

同じ位の厚みで作られた

無臭のビニール袋です。

 

なのに、意外と丈夫!

 

2、3回の結び直しには

余裕で耐えられますし、

「ちょっとキツそうだけど…
いいや!詰め込んじゃえ!!」

 

なんて時も、

結構伸びて耐えてくれます。

 

伸びたからといって臭いが漏れる

…という事は当然ありません。

 

もう…

半分、魔法を見ている様な…

ちょっとした興奮を味わえますよ♪

 

◆サイズ展開も豊富!!

 

この製品のサイズ展開は、

SS・S・M・ロングと多く、

使い方・シーンによって選べるのが

うれしいポイントです!

補足

ロングは
長さ75センチの袋で

おむつを入れる毎に結び目を作り、
1つの袋でいくつものおむつを
消臭しながらまとめられるタイプ

の製品です。

(いくつ詰め込めるかで
コスパが大きく変わる、
詰め放題に似た感覚です。
ママの腕の見せ所ですね!!)

 

ちなみに…

先ほどもお伝えしましたが、
普通のMサイズでも
何個かまとめる事が出来る
大きさと耐久性を持っているので、
どっちにするかはシーンや
使い心地によって選べると
思います♪

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

不自然にテンション高い記事にも

かかわらず^^;

ここまで読んで頂き

ありがとうございました(^^)

 

言い訳しますが…
普段の私は、
ここまで突き抜けた
テンションではありません。

 

常に記事上では

平常心を意識している私が、

今回…

こんなにもうるさかった理由は、

『おむつが臭わない袋』が
本当におすすめだから

に他なりません。

 

娘が生まれてから今日まで、

本当に重宝して来たから

です。

 

BOSの『おむつが臭わない袋』を

用意しておけば、

×ゴミ箱を置くスペース
×専用のゴミ箱や付属部品
×消臭剤

などは一切必要ありません。

 

リビングやベッドルームなど、

排泄物とは無縁の場所に

置いておいても

全く臭いが気になる事が

ないからです。

 

袋の口を数回結び直せる位の

強い耐久性を持っているので、

ひとつの袋に複数のおむつを
まとめる事も可能

です。

 

そうして袋の節約をしていけば、

どんどんコスパもよくなります!!

 

すでにおむつペールなどを

用意しているご家庭は、

ぜひ外出用に少量パックを

買っておいて下さい。

 

お出掛けの際の

急なおむつ替えの後でも、

不快な思いを一切せずに

済みますよ!!

 

新生児期から2歳位までは

本当に色々な事に手が掛かる時期。

 

少しでも時短・手間無く

こなしていきたいですよね。

 

どうか、

騙されたと思って!!

 

狐につままれた←古い

と思って!!

 

一度でいいので

試してみて下さい。

 

きっともう後戻りできなく

なっちゃうはず(*^^)v

コメント