みんな大好き!新江の島水族館を200%楽しむ方法!!

おでかけ
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

目の前には雄大な相模湾が

一面に広がる湘南、江ノ島。

 

江ノ島は、

都心から電車で揺られる事

1時間程の距離にある、

湘南地区屈指の観光地です。

 

私は、小さな頃から親に連れられ

江の島を訪れていました。

 

少し前までは、

江の島と言えば漁港や船、海の幸など

庶民的なイメージが大きかったのですが、

今となっては立派な観光地へと変化を遂げています。

 

最近は客席からの眺めを売りにした

フォトジェニックなカフェやレストランが

続々とオープンしています。

 

そんな江ノ島には、

誰もがワクワク出来る

観光スポットがあります。

 

それは…

【新江ノ島水族館】こと、

【えのすい】

 

知名度も満足度も高い、

超人気スポットです。

 

 

えのすいが誕生したのは、

なんと昭和27年!

 

そこから現在に至るまで、

えのすいの生き物と

従業員の皆さんは、

年齢性別…国までも超えて、

多くの人々を笑顔にしてきました。

 

今回は、その歴史ある

私も大好きな

【“えのすい”を

とことん楽しむ為に欠かせないおすすめ情報】

をまとめました!

 

次のお出かけの参考に

してみて下さい!

 

スポンサーリンク

斬新な視点で行われるイルカショー『きずな』は必見!

 

水族館の演目として最も抑えておくべきなのは、

やっぱりイルカショー!!

一般的な水族館のイルカショーと言えば…

 

完璧に近いクオリティーで、

統率のとれた演技を披露する

読んで字の如く

“最高のショー”

な訳ですが…

 

私がおすすめする、

えのすいのイルカショー

『きずな』は、いい意味で

それを裏切ってきます。

 

ちなみに、

私が今までの人生で

見てきたイルカショーの中では、

この『きずな』が一番好きな演目です。

 

この演目の素晴らしい所は……

 

おっと、ネタばれになってしまう所だった(*-*;

 

こういうものは、

色々先に知ってしまうと

もったいない事になってしまうので、

代わりに、この演目で重要になる

ポイントをお伝えしておきたいと思います。

 

☆飼育員の話をよく聞いておく!
☆拍手や歓声は動物達の励みになる事を肝に銘じておく!
☆手拍子や手振り、ダンスは
大袈裟くらいの勢いでやる!(←これ重要!!)

 

『きずな』が魅せる、

根本を覆すように斬新なイルカショーに

最初は拍子抜けするかも知れません。

 

でも、終わる頃にはイルカたちがとっても愛おしく思える…

そんな、ハートウォーミングなイルカショーです!

 

そんなほっこりしたショーでも

刺激を味わいたいという人は、

前から3列目までのシートに陣取りましょう!

 

…もちろん、着替えやレインコートは必須ですよ…?

 

スポンサーリンク

水族館のアイドルが沢山!カワウソにだって会えちゃう!

 

水族館の人気者はイルカだけではありませんよね!

 

ペンギン・アザラシ…色とりどりの魚達。

中でも私のおすすめは、

相模湾大水槽にいる大小様々な魚達!!

 

相模湾大水槽では、

『うおごころ』

『フィンズ』

という魚と人とのコミュニケーションを披露する

2つのプログラムが行われています。

 

ダイバーから餌を貰おうとすり寄っていたり、

一緒に踊るように泳いでいたり…

水族館の目の前の海にも生息している

沢山の生き物の色々な表情が見られます!

 

そして、2018年3月3日!!

なんと…えのすいに…

カワウソがやってきました!!

 

2階総合案内前の

日当たりのいい場所に展示されたカワウソ達は

毎日元気いっぱい!!

 

絶えず動き回るその姿を一目見ようと

毎日沢山の人が訪れています♪

 

スポンサーリンク

ママもゆったり…珍しいクラゲに癒されっぱなし!

 

 

癒されたい方へのおすすめは、

えのすいが誇る、厳かで美しい

『クラゲファンタジーホール』

です。

 

ドーム型の円形展示エリアは、

見渡す限りクラゲ一色!

その優雅な動きとライトアップ、

心落ち着かせるBGMに

日常を忘れてのんびりできます!

 

休憩ついでに、

クラゲとプロジェクションマッピングを

融合させたプログラム

『海月の宇宙━そら━』を見るのが

おすすめです!

 

「気が付いたらうたた寝をしてた…」

なんて方もチラホラいる位の

癒されスポットです!

 

スポンサーリンク

ワークショップにも参加出来る!手作りの思い出を持ち帰ろう♪

 

館内には、

『なぎさの体験学習館』

という無料で入れる施設があり、

そこでも多様な展示を行っています。

 

かなり間近で魚の生態を

観察する事が出来るので、

夏休みには自由研究などに活用する

子供達で大賑わいです!

 

同施設で行われている

ワークショップもおすすめ♪

 

水族館の目の前の海岸に

流れ着いた貝や流木など自然のアイテムを使い、

可愛い小物を作る事が出来ます。

 

完成されたお土産とは違う、

世界にひとつの愛着のわく宝物が

手に入りますよ!

 

スポンサーリンク

整備もバッチリ!えのすいは子供連れにやさしい水族館!

 

 

水族館は、

数多くあるレジャースポットの中でも

『赤ちゃんを連れていきやすい』

場所と言えます。

 

その点はえのすいも同じ。

いえ、個人的にはむしろ、

えのすいは子供連れに優しい

『高水準の設備』を

備えていると思います。

 

◆絶対必須の授乳室・おむつ替えベッドは完備!

 

えのすい周辺には

大型の商業施設がない為、

えのすいの館内に授乳室があるのは

とてもありがたいですよね!!

 

おむつ替えベッドに関しても

お手洗いの中ではなく、

洗面所付近に備え付けられているので

とても広々使えます。

 

ただ、どちらも

順番待ちの列が出来ている事が多いので、

スケジュールに余裕を持って行動する事を

おすすめします。

 

◆安全性抜群!!クッションフロアで転倒時も安心!

 

私がえのすいの設備で

もっとも称賛したいポイントは、

屋外を含め、

施設全体の床にクッション性がある

という点です。

 

館内はもちろん、

屋外のスペースまで

ふわふわとした軟らかい床に

整備されています。

赤ちゃんの転倒時も、

えのすいは優しく

受け止めてくれるんですよ。

 

◆あえて言うなら…ここは要注意!

 

高水準の設備を備える

えのすいですが…

 

実は、

ベビーカーの貸し出しは有料です。

 

別途300円必要になりますので

ご注意ください!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

 

私の大好きな【えのすい】の良さが

少しでも伝わっていると

いいのですが…。

 

えのすいは

それほど規模が大きな水族館ではないので、

イルカショーに始めとした

いくつかのプログラムを見て周っても

バタバタする事なく過ごす事が出来ます。

 

時間に追われる事無く

ゆったりと展示を見て回れるのは、

小規模施設のいい所でもありますよね。

 

特に小さなお子さんがいる場合は、

規模の大きな水族館では

全ての展示を見て回れない事も

しょっちゅう…。

(我が家もそうです…。)

 

その点、

えのすいは本当に時間配分がしやすくて、

皆が過ごしやすい

ゆったりとした休日を送る事が出来ます!

 

我が家の最近のお気に入りは、

なんといってもカワウソ!!

 

あの可愛さがクセになり、

2歳の子供を連れて

しょっちゅうお出掛けしています!

 

全てがおすすめばかりのえのすい、

あなたもぜひ一度、

足を運んでみて下さい!!

追記

2018年夏、

えのすいに新たな仲間が加わりました♪

 

その子は…

誰もがその雰囲気に癒され、

ついつい顔がほころんでしまう

愛しき癒し系…

 

そう、

カピバラです!!

 

タイミングが合えば

トングを使って餌をあげる事も出来るので、

ぜひ一度足を運んでみて下さい(^^)

 

コメント