しっとり!優しい!香ばしい!!清澄白河堂の“神”大福レビュー!!

キニスキ食べ飲みレビュー
スポンサーリンク

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(*^^)v

 

数日前、ついに

私の住む地域でも桜の開花が

発表されました♪

 

春っていい季節ですよね…。

 

風の匂いが優しくなって、

目に映る景色は色鮮やかになって…。

 

 

たとえ、

鼻水が滝のように流れ出て、

くり抜いてザバザバ水洗いして

しまいたいほど目が痒くても…。

 

 

春はとても素晴らしい季節です^^;

 

さて、

本日ご紹介するのは

お花見や行楽にもよく似合うアレ…

そう、

大福。

 

和菓子の中でも

常にトップの座に君臨し続けている

と言っても過言ではない大福は、

 

洋菓子にはない

奥ゆかしい甘みと

なめらかな餅生地で、

日本人の多くを虜にしています。

 

数多い大福の中でも、

私が群を抜いて

「絶品!!」

と言い切れるのが…

 

『清澄白河堂』

というお店の大福です。

 

『ブルーボトルコーヒー』が

日本で初めてのロースタリー&カフェを

オープンさせた事で

一躍“カフェの街”として

名を馳せるようになった

“清澄白河”

という場所の名前を冠する

『清澄白河堂』は、

 

創業昭和10年の歴史を誇る

あられ・おかきの専門店、

『精華堂霰総本舗』が監修した和菓子を

取り扱うお店です。

 

今回はその清澄白河堂の大福を…

な、なんと3種類も!!

 

ど~んとご紹介しちゃいますよ(^^♪

 

スポンサーリンク

▼デパートの催事で大人気の清澄白河堂とは…

 

場所の名前をそのまま店名にした

清澄白河堂……実は、

直売所や店名を掲げた販売店舗は

存在していません!!
(2019年3月調べ)

 

このお店の大福を購入する事が

出来るのは…なんと…!

駅ナカやデパートで行われる
催事会場だけ

なんです。

 

ちなみに、

以前までは楽天市場の通信販売でも

販売していたようなんですが、

 

爆発的な人気により

商品の製造が追い付かなくなり、

通販での販売を休止してしまった

そうです…。

 

あぁ、なんというレア度!!

 

これからは、

降りたった駅で行われている催事は、

くまなくチェックする必要が

ありそうです!!

 

スポンサーリンク

▼えんどう豆じゃない!?奇跡の黒豆大福は必食!!

 

そんな清澄白河堂で一番の人気は、

もちろん

『黒豆大福』

 

一般的な豆大福と言えば、

“黒豆”とネーミングしていても

生地と混ぜ合わせているのは

パサパサしたえんどう豆…

だったりするんですが、

 

この清澄白河堂の黒豆大福には、

正真正銘!!

北海道産の黒豆が使用されている

んです!!

 

一口ほおばれば、

やわらかいもち米に紛れた

黒豆のしっとりさに驚愕します。

 

豆大福特有のパサパサした口当たりが

全くと言っていいほど

感じられないんです。

 

そして何よりも…

その絶妙な塩梅がすごい!!

 

餅生地と黒豆には

ほんのりと塩気がのっていて、

粒餡はその塩気に負けない

味わいと存在感を

しっかりとアピールしてきます!

 

しっとりしていて甘すぎない

そのバランスに、

思わず手が止まらなくなって

しまうんです…。

 

【黒豆大福はえんどう豆、
大福は甘いもの】

 

そんな常識を覆す

王道だけど、どこか新しい__。

そんな黒豆大福でした♪

 

スポンサーリンク

▼黒ごまを生地に練り込んだごま大福は強すぎないごまの香り♪

 

2つ目にご紹介する大福は、

『胡麻大福』

です。

 

餅生地にすった黒胡麻を練り込み

作り上げられた胡麻大福は、

その見た目に反して

味と香りは大人しめでした。

 

食べる前は、

(生地が真っ黒だし、
胡麻の味しかしないんじゃない?)

 

なんて思ってしまったんですが、

そんな心配はいりませんでした。

 

一方的に胡麻の味を押し付けられる

ような風味ではなく、

 

口に入れると、

餅生地のわずかな塩味や

あんこの甘さと香りを

きちんと感じる事ができる優しい味。

 

どれかの主張が特別強い

と言う事はなく、

どこまでも
胡麻と餅とあんこが
対等のバランス

という、

とても珍しい胡麻大福に

出会えました!!

 

スポンサーリンク

▼胡麻好きなら炒り胡麻の大福が絶対おすすめ!!

そして、

最後にご紹介するのが…

炒り胡麻をまぶした

『炒り胡麻大福』

です。

 

この大福、

見た目は中華料理のゴマ団子に

よく似た雰囲気なんですが…

 

食べてみると

ちゃんと大福しているから驚き!!

 

しかも…とても繊細に絶妙に…!

ゴマ団子と大福の
中間地点を突いて来る
いいトコどり

なんです!!

 

炒り胡麻大福は、

本当に…

今まで食べた事のない
初体験の大福

でした。

 

ゴマ団子のような脂っこさが無い分

炒り胡麻の香ばしさがより引き立ち、

餅生地とあんこから感じられる

塩味と甘味…小豆の香りが

胡麻の香ばしさに

更なるアクセントを加えてくれる__。

 

その初体験は、

PCに向かっている今でもまだ

その余韻が口の中に残っている

くらいの強烈なインパクトでした…。
(もうひとつ食べたい…(*^^*))

 

ちなみに、

私がこの大福を見た第一印象は

(かなり斬新な試みだな…)

というものでした。

 

だって、

一瞬2度見しちゃうくらい

異質に見えるんですもん…。

 

黒豆大福や胡麻大福が

和菓子感を全面に押し出してるから尚更、

(どうして胡麻団子!?)

みたいな突っ込みを

入れてしまいたくなるんです…。

 

そんな訳で、

購入目前で伸ばしかけた手を一度

引っ込めてしまった…

という裏話があるんですが、

 

食べ終えた今となっては

「あの時買って良かった!
よくやった私!」

 

と自分をほめたい気持ちです。

 

胡麻好きのあなたには、

「死ぬまでに1度は
絶対に食べておいた方がいい!!」

 

そう力の限りに伝えたい…
(もう伝え済み^^;)

このお店の炒り胡麻大福は

そんな衝撃を持った逸品です!

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

今回は、

デパ地下や百貨店の催事でのみ

手に入れる事の出来る、

人気沸騰中の

『清澄白河堂』の大福3種を

レビューしました!

 

評価をはっきり言うと、

個人的には
非の打ちどころがない

商品でした。

 

餅生地の食感、粒餡の存在感__、

塩味と甘味のバランス…

 

どれをとっても、

あげ連ねられる不満点は

見つかりませんでした。

 

あえて…

本当にあえて言うならば!!

 

確実に買える場所が欲しい!!!

という事ぐらいです(笑)

 

現在は通販での販売も行っておらず、

催事も期間限定…

次はいつどこに出店されるのか…

毎回調べなければならないという点は、

個人的に唯一のマイナスポイントです。

 

せめて
通販を再開して欲しい…(-_-;)

 

そう切に願いつつ、

今日は終わりにしたいと思います♪

 

今回もお付き合い頂き、

ありがとうございました(*^^)v

 

\はいっ!ご馳走様でした♪/

コメント