出産に向けて心の準備もしておこう!妊娠後期のママと赤ちゃんの様子

妊娠・出産
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

妊娠期のママと赤ちゃんの様子を

まとめたこの記事も、

いよいよ後期の状況を

お伝えするまでになりました。

 

ここまで来れば

赤ちゃんはいつ生まれても

おかしくない状態。

 

ママも他の家族も、

心と環境の準備を終えなければ

なりません。

 

ママにとって出産は、

人生最大の奇跡でもあり

試練でもある__。

 

今日はそんな

あなたの人生最大のイベントを

無事に終える事が出来るよう、

妊娠後期のママと赤ちゃんの様子、

生活の注意点などなど…。

 

耳より情報を

ドドンと網羅していきます!

 

スポンサーリンク

▼体調が優れない事も…ママの身体は限界寸前!!

 

妊娠後期という言葉は、

9カ月から出産まで

の事を指しており、

 

この期間を週数で言うと

28週から40週まで

という事になります。

 

立つ・座るなどの日常的な動作も

億劫になってくる妊娠後期、

ママのお腹は

足元が見えなくなってしまう位に

大きくなっています。

 

3キロ近くの赤ちゃんと

羊水や皮下脂肪…、

本当に多くの物を抱えて

歩く事になるこの頃のママは、

前にもまして疲れやすい状態

になります。

 

外出は近場で済ませ、

横になりやすい環境を

維持しましょう。

 

足元の見えにくさは

中期以上なので、

転倒には注意が必要です。

 

特に階段や段差では
絶対に急がず焦らず…
ゆっくりと歩を進めて

下さい。

 

この時期には

●むくみ
●胃部不快感

などの、

大きくなった子宮が

臓器や血管を圧迫して起こる

不調にも悩まされがち…。

 

むくみには

◎ぬるま湯で20~30分の半身浴
◎散歩
◎マッサージ

などが有効です。

 

お腹が苦しくない体勢で、

足首から太股にかけてを

下から上にさする

だけでも違いますよ!

 

胃部の不快感は、

一度に食べる量を減らす事で

多少軽減させる事ができます。

 

食事の回数を増やし

少しづつ食べる事は、

適度な満腹感が得られ

食べ過ぎ防止にも繋がる

一石二鳥の食事方法です♪

 

スポンサーリンク

▼準備が整いつつある!!赤ちゃんの様子はこんな感じです♪

 

後期になると、

ほとんどの赤ちゃんの性別が

明らかになっているはずです。

 

エコーの時に限って

おしりの辺りを隠している…

なんて恥ずかしがり屋さんも、

さすがにここまで成長すれば

どこかのタイミングで必ず

性別が分かるワンショットが

撮れているはず。

 

性別は名前を決めるにあたっては

絶対に必要な材料なので、

性別が分かった時点から
名前の候補をあげはじめておく

といいですよ!

 

この時期の赤ちゃんは、

すでに聴覚が

しっかりしてきているので

身近な人の声は

きちんと聞こえています。

 

名前を呼んであげたり

歌を歌ってあげたりすると、

胎動でリアクションしてくれる事も

あるんですよ!!

 

豆知識

お腹の赤ちゃんって、
実は夜の方が元気がいいんです。

出産間近のママは
夜中から明け方にかけての
激しい胎動が原因で
睡眠不足に陥りがち。

落ち着いて眠れていないママは、
昼間に仮眠をとるようにして
疲れを溜めないように
して下さいね(^^)

 

スポンサーリンク

▼病院や市町村が行う母親学級には参加しておこう

 

ここまでの期間で

すでに済ませている…

というママは別ですが、

 

まだ母親学級に参加していないママは

調子の良い時を見計らって

母親学級に参加して

おきましょう。

 

母親学級は、

市町村や病院が行う
“ママに必要な基礎知識とスキル”
を教えてくれる講習会のようなもの

です。

 

その内容を大まかに挙げると…

○出産に至るまでの流れ
○沐浴のさせ方
○おむつ交換のやり方
○母乳の必要性
○新生児の生活サイクル
○世話をする上での注意点

のような内容になります。

 

助産師や看護師から

実践的な指導を受けられる事は

もちろん有難いんですが…

 

それ以上に、

新生児との生活について直接

悩みや不安を相談出来たり、

気になる事を質問出来るのも

母親学級の大きな魅力。

 

母親学級は、

ママに限らずパパや祖父母の参加を

受け付けている回もあるので、

市町村の担当部署や病院に

確認を取ってみて下さい。

地域により異なる場合があります。

 

赤ちゃんを迎える家全体で

正しい情報を共有しておく為にも、

予定を合わせられそうな身内には

声を掛けてみましょう。

 

スポンサーリンク

▼一生の記念に♪マタニティフォト…実は簡単です!!

 

妊娠後期は、

大きくなったお腹を記念に残す

最後にして最大のチャンス!

 

マタニティフォトは、

出産経験のある女性の多くが

“やっておけばよかった”

と後悔すると言われている事のひとつ。

 

私もすごく後悔しました…(/_;)

 

いまだに、

これから出産する友人には

「絶対それらしいものを
何枚か撮っておいた方がいい」

 

と、

しつこく言い聞かせている

くらいです!

 

ちなみに、

マタニティフォトに関しては

背景や小物の豊富さを考えると

 

『スタジオアリス』などの

写真スタジオで撮るのが

一番いい事は間違いないんですが、

 

ここだけの話…

家族でわいわい撮影会をするのも

盛り上がるし安上がりな割に

楽しく出来るので

おすすめなんですよ♪

 

◆100円ショップでアイテムを揃えれば“簡単お得に”撮影会が出来る♪

 

最近はSNS映えを狙った

セルフショットが華やかになる様な

フォトグッズも多いですよね。

 

私のおすすめは

断然100円ショップです!!

 

吹き出し型や無地のプロップスに

在胎週数を書き込めば、

オリジナルのマタニティフォトも

簡単に出来ちゃうんですから♪

 

また、

最近の100円ショップには

値段に不釣り合いな

クオリティの造花や

ガーランドも豊富なので、

 

春なら、夏ならひまわり

秋にはハロウィン、冬にはクリスマス

 

季節に合わせて安上がりに

とびきり可愛い飾りつけをする事が

出来ます!

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

妊娠後期のママの身体は

あちこちが限界寸前…。

 

重い身体を支える足も、

子宮に圧迫される臓器や血管も…

悲鳴を聞こえそうな位に

頑張っています。

 

そんな身体を労わる為にも、

もうすぐ襲い来る陣痛に耐えられる

スタミナを残しておく為にも…

 

この時期は、

なるべく身体を休める
事を優先させて

下さい。

 

自宅の周辺の散歩や

買い物程度の外出と家事をメインに

過ごすようにして、

早めに入院準備を

整えておきましょう。

 

最近は、

陣痛が来た時に

優先的に配車してくれる

陣痛タクシー

というサービスも始まっています。

 

あらかじめ情報を登録しておけば

産気づいた時にすぐに対応してもらえる

心強いサービスなので、

最寄りのタクシー会社をあたって

登録しておくのがおすすめです。

 

来るその時に向けて、

赤ちゃん以上にママ自身を

しっかりと労わりながら、

心と身体、そして環境の準備を

進めていきましょう。

 

本番はこれから!!

 

引き続き、

あなたとあなたのお子さんが

抱き合うその日まで、

どうか健康でありますように!!

 

私も全力で応援しています!!

 

コメント