変化に戸惑うママも…妊娠初期のママと赤ちゃんの様子はこんな感じ♪

健康
スポンサーリンク

 

おはようございます!

こんにちは!

そして、こんばんは!

シノです(^^)

 

さぁ、

今回も前回に引き続き、

妊娠期のママと赤ちゃんに

スポットを当てたお話を

していきたいと思います。

 

↓妊娠期の関連記事こちらもおすすめです↓

もしかして!?ベビ待ち女子が妊娠かもと思う瞬間まとめ
女性の身体には神秘的な変化が沢山起こりますよね。その中でも最も不思議と感動に満ち溢れているのが“妊娠”。新しい命が示すサインはママごとに、赤ちゃんごとに様々なパターンがあるようです。今回は、似ているようでみんな違う…『妊娠を意識した瞬間』にスポットを当ててお送りしていきます♪

 

私がなぜ

最近になって立て続けに

妊娠期に関しての話題を

連続投下しているのかというと…

 

そう!!

このブログサイト…

その辺の情報が明らかに少ない

からなんです!!

 

管理人の私にも、

現在3歳になろうとしている

一人娘がいるというのに…、

 

娘を妊娠し、

出産したというのに!!

 

このブログサイトでは、

妊娠していた約10カ月にものぼる

充実した期間の事を…!!

 

なぜかキレイにすっ飛ばして

いきなり育児情報ばかりを

提供しているんです!!
(オイオイって話です、ほんと…)

 

という訳で今回は

『妊娠初期のママと赤ちゃんの様子と、

赤ちゃんの成長の為に

ママに気を付けて欲しい事』

をまとめていきます!

 

妊娠が分かって嬉しい反面、

漠然とした不安や

恐怖心を感じる事も多い妊娠初期を、

少しでも楽に出来るよう

私の経験談も交えて進めていきますね(^^)

 

スポンサーリンク

▼基礎知識:妊娠初期っていつの事?

 

妊娠期間は、

大きく分けて

《初期・中期・後期》

と分類されていて、

その時期によって注意するべき事や、

負担を軽減させられる過ごし方に

様々な違いが出てきます。

 

妊娠初期と呼ばれる期間は、

妊娠4カ月までの期間の事

を言います。

 

週数で言うと15周までの期間

です。

 

この頃は、

流産のリスクが一番高い時期

とも言われている、

とてもデリケートな時期。

 

ママはホルモンバランスの乱れから

心と身体に様々な変化が起こり、

メンタル面で戸惑う事も

多くなります。

 

妊娠初期においては、

どんな場面でも

無理は禁物

 

●だるさ
●熱っぽさ
●激しい眠気

が起こりやすいのが特徴なので、

適度に休める環境を確保して

おきましょう。

 

◆お腹の中の変化

 

2カ月(6周)頃になると

赤ちゃんの心拍が

確認できる場合が多く、

ここから先は段々と

その姿も人の形へと

近付いていきます。

 

早い人ではこの位の時期から

つわりに苦しむ人も

チラホラ出始めます。

 

3か月…4カ月と

妊娠が継続されるにつれて、

赤ちゃんの頭・胴・手足などが

形成されていき、

 

目鼻口などの各器官も

完成していきます。

 

これまでは健診の度に

戸惑いながら黒い影を

見つめていたママも、

この頃になれば

 

(ここが頭かな…?)

という感じに見て分かる様に

なってくるので、

妊婦検診が

我が子の成長に感動しっぱなしの

一大イベントになりますよ(^^)

 

スポンサーリンク

▼妊娠初期にはサプリメントを摂取しよう!!

 

そんな多くの変化を

日々体感する事が出来るママには、

この時期…何としても

して欲しい事があります。

 

それは…

妊娠期に適したサプリメントの摂取

 

妊娠初期の段階では、

ママの健康だけでなく

おなかの赤ちゃんの成長を促す為にも

より多くの栄養分が必要になりますが、

 

現代的な私達の食生活では、

その全てを食事から補給する事は

出来ないんです。

 

特に妊娠初期は体調不良が続いたり

つわりが悪化したりすると、

充分な栄養を摂取できない期間が続く

事も珍しくありません。

 

そんな時の為にも、

サプリメントは積極的に取り入れて

おきましょう。

 

お腹の中の赤ちゃんが成長する為に

必要な養分が不足していると、

先天的な障害を抱えてしまう可能性も

少なくありません。

 

それらのリスクを軽減する為にも

サプリメントの摂取は必須

と思っておいて下さい!

 

スポンサーリンク

▼日常生活での注意点は?

 

妊娠初期の段階では、

外見的な変化は

ほとんどありません。

 

その為、

周囲の人がママの変化や不調に

気付く事が出来ないので、

妊娠期においては

最もサポートが受けにくい期間

と言えます。

 

だからこそママ自身の意識が大切。

 

今日までの生活に改める点や

気を引き締めるべき点がないか、

しっかりと自問自答してみましょう。

 

◆喫煙・飲酒は即やめる!!

 

これらの行為とは、

問答無用で今この瞬間から

関係を断ちましょう。

 

「ちょっとだけ…」

という甘さが命取りになります。

 

飲酒・喫煙は、

赤ちゃんの成長を妨げるだけでなく、

●流産・早産
●先天的な異常や障害

など我が子の未来に関わる

深刻な問題を

引き起こす事になります。

 

何かあった時に後悔する可能性が

ほんのわずかでもあるなら、

これを期にゆっくりと時間をかけて、

自分の行動と向き合ってみましょう。

 

飲酒や喫煙が

ストレスの発散方法として

確立されてしまっているなら、

 

別のストレスの発散方法を探して

色々なものに手を出してみると、

新しい発見があったりもしますよ!!

 

◆薬の服用には要注意!!

 

持病の薬はもちろん、

風邪やその他の突発的な体調不良時に

飲んでいた薬にも

これからは注意を払う必要が

あります。

 

薬の服用に関しては、

●自己判断
●ネットの情報だけを鵜呑みにして
自分で結論を導き出す

という行為はとっても危険です!!

 

必ず担当医や主治医に

妊娠している事を話した上で、

薬を処方してもらって下さい。

 

医療機関にかかる事が出来ない…

という場合には、

最低でも薬局に常駐している
薬剤師に相談する

所までは徹底しましょう。

 

医療機関で

妊娠を伝えて診察を受けると、

その時のママの持病や

体調によっては、

 

おなかの赤ちゃんへのリスクよりも
ママの症状を緩和させる事を
優先させるべき

という判断が下され、

赤ちゃんにリスクの懸念がある薬が

処方される場合もあります。

 

ですがその判断は、

症状や薬に対する専門知識が

あってこそのものです。

 

薬に手が伸びてしまう気持ちも

分かりますが、

「大丈夫だろう」

と自分で結論付けてしまう前に

専門家に判断を仰ぎましょう。

 

◆立ちっぱなし・座りっぱなしはNG!!

 

妊娠中は時期に関わらず

疲れ・ストレスは大敵です。

 

特に妊娠初期の段階では

外見的な変化が無い分

どうしても無理をしがち。

 

仕事をしているなら、

なるべく早く職場の上司に

妊娠している事を伝えておきましょう。

 

日本はまだまだ

妊娠・出産に理解が深い

…とは言えない国なので、

あなたの勤め先に状況によっては

いい顔をされない事もある

かも知れません。

 

ですが…

なにも言わないままで過ごす

となると、

 

今までどおりの自分を

維持する為に、

恐らくあなたは

かなり無理をしなければ

ならなくなるはず。

 

無理を通した挙げ句

もしもの出来事があった場合、

あなたが職場の環境と待遇に対して

何も思わない訳がありません。

 

ちなみに私は4年前、

妊娠が分かった時点で

職場の上司に

「産休までの間だけだとしても、
勤務中に何かあった時に
助けてあげられる自信もないし
保障もない」

とはっきり言われ、

退職を促されました。

 

今思えば、

あれはある種の

ハラスメントだったな…

としみじみ感じるんですが、

 

その時の私は

何よりも宿った命を全力で守りたい

という気持ちが強かったので、

その意見に同意し

退職願を出しました。

 

今の時代は、

経済的な止むを得ない事情があったり、

やりがいのある仕事に出会い

それに情熱を傾けるママも沢山いるので、

私の経験に共感出来るママは

多くないかも知れません。

 

ですが、

その身に命を宿した以上、
一番はママ自身の健康

なんだという事を

覚えておいて欲しいと思います。

 

●わずかでも出血が認められる
●継続的な下腹部の痛み

などが現れた時には、

出来るだけ早く

産婦人科を受診しましょう。

 

お腹の子を守れるのは

いつの時代もママだけなんだ

という事を、

どうか忘れないでおいて下さい。

 

スポンサーリンク

▼まとめ

 

妊娠したと分かると、

それまでの自分からは

全くイメージできない変化が、

いくつも見つかります。

 

その変化は母親としては

嬉しいものでもあるんですが、

 

その反面…

 

今までの自分からしてみると

苛立たしく感じたりする

ものでもあります。

 

ストレス発散に役立っていた飲み会も、

お酒が飲めないせいで

イマイチ盛り上がりに欠けるように

なってしまうかも知れませんし、

 

今まで飲んでいた

良く効く持病の薬を、

別の物に替えなくてはならない

かも知れません。

 

そればかりか、

今まで感じた事のない様な

□激しい眠気
□熱っぽさ

など日常生活に支障をきたす不調が

現れる事もあるでしょう。

 

でも、

それらに対して

ネガティブな感情を持ち続けるのは

賢明ではありません。

 

あなたがそうして

数々の変化に戸惑っている時、

お腹の中では驚く様なスピードで

命が育まれているからです。

 

たった1カ月過ぎただけでも、

最初は黒い塊にしか見えなかった

健診時のエコー写真からは、

うっすらと人の形を

見てとれるようになります。

 

妊娠は奇跡の連続です。

 

その奇跡の結晶が

無事に産まれてくる事が出来るよう、

あなたもママとして…

強く優しくある事が出来るように、

 

ほんのちょっぴり…

変わるべき時が来たのかも

知れませんね(^^)

 

コメント